心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

学習法・記憶法

みんなやりがちな科学的に否定された勉強法の罠

投稿日:2019年2月24日 更新日:

DaiGo MeNTaLiST

世の中には本当に間違った勉強法が多く出回っています。おそらく学校で勉強法を教えないからというのもありますが、学校組織そのものが科学に対して柔軟性が低すぎるということもあるかと思います。
科学的に新しい研究によって意味のある勉強法や意味のない勉強法というものが分かってもそれを反映しようとしません。

学校の教育がダメだとしても国が変わるのには時間がかかりすぎますから、学生の人は効果のある勉強法を学んで周りに差をつけてもらい、社会人の人は学校の勉強が間違っていたということを悔やんでも仕方がないので科学的に正しい勉強法を学んでもらいこれからの人生でより多くのものを身につけてもらうという戦略を取るしかないと思います。

科学的に否定された勉強法

アメリカ進歩センター(CAP)の調査でおよそ3000人の教師や学生に対して、すでに科学的には否定されている学習法をどれぐらい信じているのかということを調査しました。
ちなみに、このCAPとは大統領の政策立案などもしているシンクタンクです。

多くの人がやりがちな間違った勉強法として、例えば、日本にはあまりありませんが音で聞いたほうが記憶に残る人もいるし人によっては画像の方が記憶に残るというように個々人によってそれぞれに合った学習スタイルがあるのでそれを使った方がいいという嘘もあります。教科書を何度も振り返ることを大事にして問題集を大事にしていなかったり、テキストを何度も読み返すとかマークをひくのも意味がないというようなことをこの調査で明らかにしてくれています。

個々人に合わせた学習法の嘘

個人に適した学習スタイルを選ぶことが大事という考え方ですが、90%の人たちがこれを信じていました。耳で学ぶとか読書中心で学んだ方がいいとか個人個人によって勉強スタイルを変えていこうとするものですが科学的にはかなり否定されているにも関わらずアメリカでは90%もの人たちがそれを信じていたということです。

褒めて育てるの嘘

この調査では71%もの教師が生徒の賢さを褒めてやる気を育ててあげることが大事だと信じていましたが、これも間違っています。子供の賢さを褒めることは効果がないということが様々な研究によっても証明されています。これは先生だけでなく親も同様です。
科学的には学習のプロセスや結果につながった努力を教師や親がチェックして何をしたことで上手くいったのかということをわかるようにプロセスを褒めてあげた方がいいとされています。手放しに賢さなどの能力を褒めてしまうと努力しなくても良いという感覚になってしまいかえって勉強もしなくなって進歩がそこで止まってしまうということがわかっています。プロセスを褒めるべきなのに71%もの人たちは賢さを褒めた方がいいと信じていました

クイズ形式の勉強法が効果がないという嘘

他には、日本でもありがちですがクイズ形式の勉強法には効果がないということを言う人がいます。クイズ形式の学習方法には効果がないと6割近くの人が答えていましたが、一番効果的な学習法はこのクイズ形式の学習法で、つまり、問題集のようにして覚えているかどうかをチェックし思い出す練習(検索練習)ということが分かっています。
模試やテストの方がはるかに大事ですし、それにより思い出す過程が重要です。人間の記憶はインプットするときよりも忘れかけているものを思い出すことで定着していくものです。
ですから、思い出す練習を重ねることが大事です。それにより記憶に定着するから使える知識として実践的になっていくわけです。

復習は忘れる前にの嘘

同じようなことで、復習は忘れる前にしましょうとよく言われたかと思いますが、これも嘘です。むしろ忘れてからした方が良いのではないかとされています。人間は思い出そうとする時に長期記憶として定着するものですから、どちらかというと忘れかけているものや忘れてしまったものを何で出てこないのかと悔しい思いをしながら思い出そうと復習をした方が記憶に残ります
勉強以外でも、ここまで出ているのに思い出せないというような経験がある知識というのは結構頭に残っているはずです。思い出す時の苦労や悔しさという感情が記憶を皆さんの脳に焼き付けてくれます

テキストを何度も読み返すべきという嘘

テキストを何度も読み返すというのも効果がありません。テキストを何度も再読するというのは結局受け身の学習法です。以前ニコニコの方でアクティブラーニングの話を紹介しましたが、自分が積極的に思い出したり自分の頭で考えるような学習をしないと基本的には頭には残らないわけです。
テキストを再読するぐらいであれば単語帳やフラッシュカードを使ってクイズ形式にした方が効果的な勉強法です。

スポンサーリンク

復習の頻度を増やすことが大事

アンダーラインやマーカーもひきたくなるとは思いますが、これも意味がありません。それよりも自分の言葉で言い換えたりまとめてみるのが良い方法です。
本に書き込んでも結構ですが、僕が本を読んでいる時に使う方法は、覚えたいと思ったらそのセクションを自分の言葉でまとめて音声で iPhone に吹き込みます。ページ数も一緒に入れておくとあとから振り返ることもできます。自分の言葉に変換してメモする方がはるかに効率はいいです。
そのメモしたものを問題形式にして翌日とかに復習するのがとても良い方法です。

復習するタイミングも重要です。
単語帳の機能と復習できる機能とそのタイミングを教えてくれる機能、さらに自分で単語帳を作るのが面倒だという人のためにそれをみんなでシェアできる機能までを備えたアプリを作っています。しかも無料です。
よければぜひ使ってみてください。こちらから↓
DaiGo制作の無料メンタルアプリ▶️https://daigoblog.jp/daigoapp/

勉強法を紹介する動画まとめ
科学的に証明されている勉強法10選
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1541058184
続・科学的に証明されている勉強法10選
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1541351644
今年こそ何かを身に付けたいなら倍速上達法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1547312285

参考
https://cdn.americanprogress.org/content/uploads/2017/03/10122018/TeachingAndLearning-brief.pdf

タグ

-学習法・記憶法
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.