メンタル強化

あなたの【心配事が実際に起きる確率】が判明

あなたの心配事が実際に起きる確率が判明

DaiGo MeNTaLiST

心配事が実際に起きる確率は何%?

皆さん心配事はありますか?
おそらく誰でも心配事はあると思いますが、その心配事は実際に起こる確率はどれぐらいだと思いますか?

例えば、宝くじで1億円当たったらどうしようとか、道端で1億円拾ったら何に使おうかと考えながら道端でニヤニヤしている人がいたら、その人は結構怪しい人です。そんなほぼ起きないような事をわざわざ考えるのは無駄だということは誰でも分かるはずです。
では、僕たちが普段感じるような心配事はどれぐらいの確率で実際に起きるのでしょうか。
これを実際に調査したという興味深い研究がありますので、今回はそれをもとに紹介させてもらいます。

ロバート・リーヒさんという方が行なった研究で、被験者の方々を集めて日々どんな心配事をどれぐらい考えているかということを調べて、その心配事が実際に起きたのかということまで記録してもらいました。

多くの人が日々心配を抱えるが・・・

まずは、毎日のように何かしら心配をする人はどれぐらいいるのかということですが、この研究では38%の人たちが自分は毎日何かを心配していると答えています。毎日何かの心配事に苛まされている人は40%近くもいるわけです。これを1週間単位や1ヶ月単位に期間を広げていくと、ほとんどすべての人が何かしら心配を抱えているということになります。
では、その心配事が実際に起きる確率はどれくらいなのでしょうか。
なんと、実際には85%が起きることがなかったということが分かっています。しかも、心配したことが起きないだけでなく良い結果に終わっているということです。
ですから、いろいろ心配してもほとんどの場合は何とかなる上に、最終的には良い結果に終わることが多いということです。

残りの15%は??

とはいえ、不安症の人は85%は良い結果になると言われても、15%の人は実際に心配した通りの結果になっていると考えるかもしれません。
それに関しても調べられていて、心配事が実際に起きた15%の人もなんとそのうちの79%の人は自力でその問題を解決することができていました。他人の助けを借りればもっと確率は上がるでしょうが、自分の力だけで解決できる確率が79%だということです。

心配事の97%は心配する必要はない

つまり、皆さんが不安に感じている心配事の85%は実際に起きることがなく、実際にそれが起きるのは15%、その15%の中でも79%は自分の力だけで解決することができるということです。
ですから、自分が感じている心配事の内、自分の力だけで解決できないような出来事は実際には3%程度しか起こることはないということです。
逆にいうと、心配事の内97%は心配する必要はないということです。実際にはその問題は起きることがないか自分の力だけで解決することができるわけです。
残りの3%が起きた時には素直に周りの人の助けを借りればいいだけです。

ですから、このような心配ごとに悩む必要はないのではないかということです。
もちろん、心配や不安を感じるからこそ準備をするわけですし、その準備は絶対にする必要がありますが、その心配事態を重く捉える必要はないと言えます。統計的に考えてそんなに心配する必要はないということです。

そもそも心配しないようなメンタルを身に付けたい方におすすめの動画
失敗許容力の身に着け方
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1525066054

リサーチ協力:Yu Suzuki https://www.nicovideo.jp/paleo

参照:The Worry Cure: Seven Steps to Stop Worry from Stopping You


他の人はこちらも検索しています

-メンタル強化
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.