子育て

子供の未来を左右する【母親の行動、父親の行動】

D-lab by Mentalist DaiGo

この知識はこんな方におすすめ

  • お父さん
  • お母さん

子育ての心理学

今回は、子育てにまつわる心理学についてです。
子育てのプロのような方が書かれた子育て本は色々とありますし、それを読めばいいと思うので、今回は、子供の将来を左右する母親の行動、父親の行動というものはあるのかということに内容を絞り、子育てにまつわる研究をもとに解説させてもらいます。

あくまで論文によって導かれたので、もちろん、親も子供も人それぞれなので、この内容が合う合わないということもあるでしょうが、子育てを上手にされた方や専門家のような方が紹介されている方法よりは普遍的ではあると思います。
同じ子供と言ってもいろんな子供がいますし、家庭環境もそれぞれです。
僕が紹介する論文の内容が絶対に正しいというわけではありません。
もちろん、皆さんそれぞれが自分の頭で考えて、お子さんに合わせて参考にしていただけたらと思います。

子育てでは何が正解なのかがわからないものです。
子育てに関する情報も溢れていて、どうしても間違った情報も中にはあります。
ですから、できるだけ普遍的な内容を参考にしてもらいながら、それを使って少しでも効率よくお子さんの未来を考えていただけたらと思います。

子育てオススメ本

子育てに関するお勧めの本を3冊紹介しておきます。
ポール・タフさんは、子供の未来を左右する要素について研究をベースに紹介してくれているジャーナリストの方で、この方の2冊は子供の未来を考える上で非常に参考になります。

ちなみに、松丸家の子育てについて紹介する本も出ます。
兄弟みんなで父親への親孝行として印税は全てプレゼントするという企画から始まりました。
よければこちらもチェックしてみてください。

松丸家の育て方

¥1,650 (2021/12/05 06:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

成功する子 失敗する子 ― 何が「その後の人生」を決めるのか

私たちは子どもに何ができるのか――非認知能力を育み、格差に挑む

人間が両親から受ける影響

人間が両親からどんな影響を受けるのかという研究に関しては色々とあります。
まず、性格という点で考えると、はっきり言ってそんなに影響を受けません。
人間の性格は親の育て方ではほとんど決まることはなく、半分ぐらいは生まれた瞬間に遺伝子で決まっていて、残りの半分は人間関係で決まるとされています。

虐待などしない限りは、親の影響というものは10%以下と言われていますが、将来の可能性や収入に関して考えると、親の影響により左右される場合も結構あるようです。

子供の未来を左右する父親の行動

まず父親の影響から紹介します。
子供は父親の働き方に影響を受けるのではないかという研究があります。

フローニンゲン大学の研究で、3841人の男女を対象に、10代の頃の父親や母親との関係性や父親と母親の仕事に対する取り組み方をチェックしています。
その結果、いくつかの興味深いポイントが確認されています。

ポイント1 :10代の頃の父親との関係性

仕事に対する価値観

10代の頃の父親との関係の良し悪しが、大人になってからの仕事に対する姿勢や意欲に影響を与えるようです。
これは小さな相関があったということですが、要するに、父親が働き者の場合には子供も将来働き者になる可能性が高いということです。

父親の働き方というものは、子供の将来に結構影響を与えるということになります。
当然ですが、子供にとって両親との関係は重要で、さらに、父親の働く姿勢というものも少なからず影響を与える場合があるようです。

スポンサーリンク

ですから、どうしても仕事が忙しくて子供と関わる時間が少ないという方も多いとは思いますが、子供の将来のためにも、できるだけ子供と関わる時間を作って、関係を良好に保つように心がけてください。

ちなみに、この子供に対する影響は男の子でも女の子でも変わらず確認されています。
子供が男の子でも女の子でも、母親ではなく父親との10代の頃の関係が、将来の仕事に対する取り組み方と関係していたということです。

おそらく、生まれてから小さい頃はお母さんにまかせっきりだったというお父さんも多いと思いますが、せめて、10代の頃にはお父さんもお子さんと仲良くするようにしてください。
10代の頃に、父親が一生懸命仕事をしているという点で尊敬できる存在で、子供との関係が良かった場合には、将来一生懸命仕事を頑張ることができる大人になる可能性が高くなります。

もちろん、お父さんもお子さんが生まれたから小さい頃にも、お母さんと一緒に子育てに関わった方がいいのは当然ですが、どちらか選ばなくてはいけないというのであれば、この研究から見ると、お父さんの役割としては、子供が10代の頃にちゃんと仕事で活躍していて尊敬できて、かつ、子供達と良い関係を作っておくということの方が子供のためには重要かもしれません。

研究チームのコメントとしては、父親と母親は子供に対して、それぞれ異なる影響を与えていると言われています。
特に、仕事に対する価値観の発達に関しては、母親との関係よりも父親との関係の方が中心的な役割を果たすとされています。

ちなみに、これは2017年の研究ですから、おそらくお父さんとお母さんが共働きの場合も含まれているでしょうし、お母さんの方が働いているという場合もあったと思います。
それでも、父親の影響の方が将来の仕事に対する価値観に影響を与える可能性が高いようです。
そういう意味では、家で専業主夫をしているお父さんという場合であっても、家で少しは副業などして働いている姿勢を見せておいた方がいいのかもしれません。

いずれにせよ、父親の与える影響と母親の与える影響は違うので、だからこそ子育てというものは難しいのだろうと思います。

スポンサーリンク

ポイント2 :母親の共感力

思いやりのある行動

どうやら母親は共感能力によって子供に影響を与えるようです。
カリフォルニア大学デービス校の研究で、74人の就学前の子供と母親に協力をお願いしています。

子供がどれぐらい友達に対して寛大な優しい行動を取れるのかということをチェックしています。
例えば、病気の子供のために自分のお小遣いから寄付をしようとするか、そんな優しい行動を取れるのかということを調べています。

さらに、母親の思いやり度についてもチェックしています。
例えば、他の人が苦しむのを見るぐらいであれば自分で苦しんだ方がいい、このような質問を用いて、母親の共感能力についてチェックしています。

つまり、子供が将来優しい人に育つかということと、母親がどれくらい他人に優しく共感能力が高いかということを調べた研究です。
母親が他人の痛みがわかる人であれば、子供も他人に優しく行動できる人になるのではないか、そんなことを調べようとしたわけです。

スポンサーリンク

その結果、どの子供たちにもその関係性が確認されたそうです。
母親の思いやり度と共感能力と子供たちの寛大な行動に相関性が見られました。
母親が思いやりがあり他人の痛みを分かることができる人であれば、子供も他人に優しくできるようになるということです。

母親が子供に思いやりを持ちなさいと言っているのに、子供が他の友達に感情をぶつけたりすることがあると思います。
この研究では、それは母親の思いやりが足りない可能性があると指摘しています。
すべてがそうだとは思いませんが、研究者はその問題もあるのではないかと言われています。

さらに、寛大な行動をとることができた子供たちは、身体の血圧調整機能も優れていたということも分かっています。
血圧調整機能が優れているというのは、リラックスしやすいということです。

ですから、このまま大人に育つと、感情を爆発させることが少なくなったり、無駄なストレスを抱えづらい人になる可能性が高いわけです。

ストレスによって悲しい事件が起きることもよくあります。
そういう意味では、母親が寛大な行動をとることを意識して共感能力を発揮しながら子育てをすることで、子供の将来のためになるのではないかということがこの研究から示唆されています。

母親の共感能力は子供に伝わるようです。
それにより、感情的になったりしなくなる可能性があるのではないかという研究です。

父親の行動と母親の行動のポイント

まとめると、父親はかっこよく働き、家にいる時には子どもといい関係を作るようにしてください。
母親は共感能力を鍛えて、その共感能力によって子供と接するようにしてください。
それにより、子供は感情的になったりすることなく余計なストレスを抱えませんし、将来の仕事に対してもより良いイメージを持ちながら育っていくのだろうと考えられます。

もちろん親の育て方だけで全てが決まるとは思いません。全てが親のせいなんてことはないと思います。
とはいえ、研究内容としては参考にはなると思います。
皆さんの子育てに役立ててみてください。

ここから先は、さらに、子育てにまつわる研究をもとに、正解のない子育てに対して、お父さんもお母さんも参考にできるであろう内容を解説していきます。
続きは今回のおすすめの動画からDラボでチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

子供の未来を左右する【母親の行動、父親の行動】

子供の未来を左右する【母親の行動、父親の行動】
\本日のオススメ📚/

🍷本日のおすすめワイン
SDGsに基づく有機農法ワインの3本セット

直輸入&独占販売で値段抑えまくって3本でまさかの1.5万円。
価格はスーパーのちょいいいワイン、味は高級レストランで出るワインをセレクトしました。

1. シャトー・ラ・カドリー(ボルドー白)
今再注目のボルドーの白。
有機栽培したブドウを使ったワイン

2. ドメーヌ・ド・ラ(カスティヨン・コート・ド・ボルドー赤)
世界的有名なワインコンサルが個人的に造る超掘り出し物

3. ドメーヌ・フェレール・リビエール(IGP コート・カタラン赤)
樹齢 143 歳のブドウから造られる大地のパワーワイン

ノーブランド品
¥17,200 (2021/12/05 13:43:07時点 Amazon調べ-詳細)

📚子育てオススメ本

松丸家の育て方

¥1,650 (2021/12/05 06:35:50時点 Amazon調べ-詳細)

成功する子 失敗する子 ― 何が「その後の人生」を決めるのか

私たちは子どもに何ができるのか――非認知能力を育み、格差に挑む

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://daigovideoapp.page.link/yzeu

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-子育て