集中力

面倒なことでも【即やる人になれる心理テク】

2019年9月5日

面倒なことでも即やる人になれる心理テク

DaiGo MeNTaLiST

やるべきことを即できる人に

面倒なことでもすぐやることができるようになる世界一簡単なテクニックを紹介します。
やらなくてはいけないということが分かっているけれど、なかなかそれができないということもよくあるのではないでしょうか。
僕も毎日やっている習慣なのにどうしても面倒に感じてしまうことはあります。そんな時も今日紹介する方法を習慣にしていると、かなりの確率で気をつけるのが早くなります。
手をつけるのが早くなれば、実際にその物事が終わるのも早くなるということが研究でも確認されています。

トロント大学の研究で、44人の学生を対象に、やるべきことをやるために自分の集中力をするに向けたり、やってはいけないことをやらないようにするために自分を抑える自分をコントロールする能力を高める方法はないのかということを調べてくれています。

その結果、頭の中で独り言で実況中継するだけで、手をつけるのが早くなり、やるべきことをすぐできるようになったりやってはいけないことを我慢できるようになるということが明らかになっています。

実験の内容としては、全員にセルフコントロール能力を測るテストを受けてもらいますが、その際に2つのグループに分けています。

普通にテストを受けてもらったグループ

頭の中で独り言を言いながらテストを受けてもらったグループ

ただ普通にテストを受けてもらった人たちと、問題に関して頭の中で独り言を言いながら受けてもらった人たちに分けたわけです。
その結果、頭の中で独り言を言いながら作業をしたグループは、そうではないグループに比べてセルフコントロール能力を測るテストの成績が30%もアップしたということです。

つまり、頭の中で独り言をいうだけですぐやれる人になる確率が1.3倍にもなるということです。
やらなくてはいけないことをすぐに始めることができる確率も、やってはいけないことに対して誘惑に負けずやらない確率も1.3倍になるわけです。

脳内独り言

例えば、ついつい間食してしまいそうになっている自分がいるとしたら、頭の中で「今自分は目の前にあるケーキを食べたいなと思っているけれど、せっかくダイエットしているのにもったいないし、最近運動もあまりできていないのでカロリーの高いものを食べない方がいいよな・・・」というように頭の中で独り言を言いまくってください。
これにより自分を冷静に見つめることができるようにもなりますし、セルフコントロール能力自体も高まり、頭の中の独り言に注意が向かうことで、その欲求から目をそらす効果も高くなります
脳内独り言を皆さんにも使っていただけたらと思います。

感情や行動を言語化する

瞑想をしている方であれば、実況中継をするという点でヴィパッサナー瞑想と近いと考えた人もいるのではないでしょうか。
頭の中で自分がしたり考えている行動を実況中継したり、自分が考えていることを独り言のように頭の中で考えることで、それをせずになんとなく行動している人よりも衝動的な行動に出にくくなるということも分かっています。
自分の考えや行動を言語化することで、それだけでセルフコントロール能力が上がるということです。

人間がセルフコントロール能力を発揮する時というのは前頭葉を使うようになります。この前頭葉は感情や自分が考えていることを言語化すると起動すると言われています。
ですから、自分の考えていることや頭の中で思っていることを言葉にすることで、この前頭葉が起動し自然にやるべきことができる自分になる効果が期待できるわけです。
ぜひ参考にしてみてください。

即行動できる自分になるためのおすすめ動画
メンタルを自在に操るための呼吸の科学~不安とやる気を操る7つぐらいの呼吸法
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1561783207

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20692639


他の人はこちらも検索しています

-集中力
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.