健康・ダイエット

【最新研究】退院してもコロナがうつる可能性が!?

【最新研究】退院してもコロナがうつる可能性が!?

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • コロナに対する理解を深めたい
  • 余計なリスクは減らしたい

退院した後にうつしてしまう可能性は?!

今回は、研究者たちが調べてくれた最新のコロナに関する研究から情報をお伝えしたいと思います。

コロナウイルスについては、よく潜伏期間の問題があるとか言われています。
要するに、症状が出るまでに最大で2週間近くかかりその間は感染していても症状が出ていないということもあるので、濃厚接触の疑いがある人は細かくチェックしていくことが必要だという話もありました。

それと同時に、感染したけれど退院した人たちも出てきています。
そこで気になるのは、感染して治った後にはもう大丈夫なのかという話です。一度感染しても再度感染するのではないかという話もありますが、これについては、現段階では研究者にもよりますが、一応体の中では抗体ができるはずだから、一度も感染していない人に比べると感染のリスクは低くなるのではないかということが言われてはいます。

ところが、それとは別で退院した後に人に会ってもいいのでしょうか。
退院した後にも体内にもしウイルスが残っているとしたら、それにより人に感染させてしまうのではないかということが気になる人もいると思います。
当然ですが、誰でも大切な人がいるでしょうし、自分がその身であればそんな大切な人にはうつしたくないと思うはずです。

これについて、コロナウイルスが治った後にどのくらい体内にウィルス潜伏し、他の人にうつしてしまう可能性があるのかということを調べた研究から、今回は紹介させてもらいます。

コロナに関してはいつも言っていますが、コロナウイルスに関してまだまだ分からないこともたくさんあり、研究者たちも日々研究に努めてくれていますので、この内容で全て確定するというものはありません
今出されている研究としてはこういったものがあるというだけで、日々新しい研究やデータは示されると思いますので、あくまで参考として留めていただけたらと思います。

最大で8日間の間はウィルスが体内に残っている

参照している研究の結論としては、症状が治ってもウィルスは何日間かは体内に残るそうです。
他人にうつしてしまう可能性も十分にあるので、退院した後もしばらくは人に会ったりしない方がいいということが推奨されるような研究が出ていました。

新型コロナで軽度の症状が出た患者をチェックしてみたところ、治療が終わってから最大で8日間の間はウィルスが体内に残っているケースもあったとされています。
つまり、ようやく治療が終わって治ったとしても8日間ぐらいは他人にうつしてしまう可能性があるということも考えておいた方がいいという内容です。

これはイエール大学医学部の大学院が行なった調査で、北京のコロナ治療センターから16人分の患者さんのサンプルを調べています。
人数は少ないので、この研究だけで断言できるものではないとは思いますし、また続報が出たら紹介しますが、この研究に限ってみると、研究チームは2回連続して検査を行い陰性の結果が出た上で退院が許可された患者さんの喉をチェックして、ウィルスが残っているのかということを分析しました。

要するに、喉などの呼吸器官に残っていると、くしゃみをしたりした瞬間に飛び散ってそれにより感染してしまう可能性があるので、何日ぐらいそこにウイルスが残るのかということを調べようとしたわけです。

実際に調べてみたところ、軽症の人たちですから、一人を除くそれ以外のすべての患者の潜伏期間がおよそ5日間だったそうで、平均して8日間ぐらいコロナの症状が続き、症状が出なくなった後も1日から8日間ぐらいは体内にウイルスが体内に残っていたということが分かっています。

人にもよるでしょうし症状にもよりますが、この研究では最大で8日間ぐらいは体内にウィルスが残っていたということです。
ですから、退院した後にもウィルスが体内に残っている可能性はあるので、8日間ぐらいは、あまり人と会ったり出かけたりしない方がいいかもしれないということが示唆されたわけです。

この研究では、退院した患者さんたちの半数の人はウイルスを少し拡散していたということも分かっています。

まだまだわからないこともたくさんありますので…

このコロナウイルスに関しては、感染経路がわからないというケースがあったりしますが、そもそもどれぐらいの期間体内に残るのかとか、感染力についても分かっていない部分が多いので、退院した後も8日間ぐらいは様子をみた方がいいのかもしれませんし、病院によっては、もちろん病院側の状況にもよるのだと思いますが、その点も踏まえて対応している病院もあるのかもしれません。

仮に病院側がその点まで配慮してくれたとしても、今後は世の中が落ち着いてくれば退院が早くなってくる可能性もあるわけですから、退院したからといって安心することなく、最大8日間ぐらいは他の人との接触は避けるようにしたほうがいいのではないかということをこの研究は示しているわけです。

当然この研究はサンプル数も少ないですが、症状がわりと軽く治って良かったという人も、しばらくは自宅にいたり会社を休むかテレワークにするかなどして、他の人には接触しないように気を付けた方がいいのではないかという研究です。
万が一感染してからでは遅いので、皆さんにも紹介させてもらいました。

とはいえ、皆さんも感染したくないでしょうし、万が一感染したとしても重症化したくないはずです。

であれば、手洗いやマスクの着用の徹底以外に僕たちに何が出来るのかと言うと、何度も言っていますが、体調を整えるのが一番です。
ちゃんと睡眠をとり運動をして健康的な食事を心がけるということが一番大事だと思います。

免疫力を高めるためのおすすめ

今回のおすすめの動画としては、そんな方法を解説した動画を紹介しておきます。
皆さんの免疫力を高めて体調を整えるために参考になる内容になっています。

まず一つ目は、「科学が見つけた最強のスキンケア【13の美肌食品】」ですが、これは体内の炎症や老化を防ぐための効果が高い13種類の食品について解説しているものです。
体内の炎症を防ぐということは、もちろん免疫力も高まるでしょうし、体の老化も防ぐことができて肌も綺麗になるのでとてもメリットがあります。
どんなものを食べれば免疫力も上がり体調も良くなり肌も綺麗になるのかということをまとめた内容になっています。

そして、もう一つは、「1日4分からのモテる体系の作り方」です。
人は普段の日常生活や通勤で結構カロリーを消費しています。
例えば、がっつりと筋トレをしたとしても300から500キロカロリー程度しかカロリーを消費しませんが、日常生活で1日に消費しているカロリーは1000キロカロリーぐらいあります。
ですから、そんな日常生活での運動量が減るということは、まさに太る原因にもなりますし、体調を崩してしまう原因にもなります。
運動量を上げるために、1日にわずか4分でも十分な運動ができる方法を紹介しています。
短時間で済む上に道具もほぼいらない運動を解説していますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

今回のおすすめの本としては、体調を整えるための教科書とも言える素晴らしい本ですが、『最高の体調 ACTIVE HEALTH』を紹介しておきます。
体調を整えれば集中力も上がりますし仕事もはかどりますので、必読の本だと思います。

そして、『生物はウイルスが進化させた 巨大ウイルスが語る新たな生命像』も紹介しておきます。
コロナウイルスに関しては分からないこともたくさんあり、対策も難しいところが多いですが、ウイルスというものに対する理解を深めるということは教養としても良いのではないかと思います。

今回のおすすめ動画

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.atsjournals.org/doi/10.1164/rccm.202003-0524LE


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog