集中力

YouTube見ながら集中力を鍛える【動画瞑想テク】

この知識はこんな方におすすめ

  • 成功したい!
  • 人生を楽に生きたい!
  • 動画をダラダラと見てよく後悔する

現代人は特に注意集中力が失われつつある!

今回はYouTube を見ながら行う瞑想のテクニックについて紹介させてもらいます。

マインドフルネスや瞑想については、僕が知識の Netflix を目指して作った動画配信サービスであるDラボの方で最近も詳しく解説した動画もありますので、そちらもチェックしてみてください。

「瞑想の科学2.0」

現代人は特に注意集中力というものが失われています。

人間の注意力というものはいろいろなものに奪われやすいものです。
例えば、本を読もうとしている時にも人に声をかけられたりインターホンが鳴ったりすることもあるでしょうし、集中して一生懸命仕事をしている時に限ってどうでもいい用事で声をかけてくる上司がいたりするということもあると思います。

このように自分の注意力を何かに対して全力で向けて集中しようと思っている時に邪魔をされると、その注意力が分散してしまいます。
これは普段から起きているもので、人間の注意集中力というものはいろいろのものに分散しています。

例えば、誰かと話をしていて目の前の人にだけ注意を向けていたとしても、突然窓ガラスが割れたりすると驚いてそちらに注意が向きます。

人はひとつの所に集中しているように見えて、急に敵に襲われたり異常事態が起きたりした時に備えてある程度注意を分散しています

そんな中でも目の前のことに対してできるだけの注意を向けて集中することで、仕事が捗ったり読書に没頭することができたりするわけです。

この注意を一点に集中させるという行為が現代人はどんどん少なくなってきています。
仕事をしている時も日常生活の中でもマルチタスクが増えていて、この注意がどんどん分散しやすくなってきています

これは例えばどんなアプリでも多いと思いますが、広告が表示されて注意が分散されるようになっていたり、何かに集中しようと思っても LINE の通知が鳴ったりSNS が気になったりしてしまうと思います。
このように現代では皆さんの注意が集中ではなく拡散しやすい状況が身の回りに溢れているわけです。

実際に、ハーバート・サイモン博士も随分昔にこれからの時代では集中力こそが最も重要な資産となるというようなことを言われていたように、人間は技術の発達により自分の注意力をコントロールする術を失ってきています。

先ほども紹介したとおり人間はもともと注意力が分散しやすくなっています。
逆に集中力が高い人は生物としては生き残ることができなかったということもあります。
目の前のことに集中しすぎて敵が近づいてきていることに気づくことができなかった人たちは生き残る事が出来なかったので、注意が分散しやすい人たちが生き残り、僕たちはその子孫だということです。

ですから、昔であれば注意があらゆるところに分散してたくさんのことに気づくことができる人の方が生き残ることができたわけですが、現代では目の前のひとつの事に集中する方が幸せな時代になっています。

スポンサーリンク

このギャップに多くの人が苦しんでいるということもあります。
人間の本能というものは注意があらゆるところに分散しやすくなっているわけですから、自分の注意を対象となるものに意図的に向けるコントロールをできるようになれば、僕たちはもっと人生で成功しやすくなりますし生きることも楽になるはずです。

誰でもネガティブなことにとらわれてしまうということを経験したことはあるのではないでしょうか。
少し嫌なことを言われただけでずっとそのことばかりを考えてしまったり、それが気になってずっと頭から離れなくなってしまうということがあると思います。

これもこの注意力の問題です。
このような自分の頭の中にあるネガティブな考えなどの自分がそこに注意を向けるとよくないということが分かっているものがある時に自分の注意力をコントロールすることができなければ、そのネガティブな方向に自分の注意力が強く引き付けられてしまいます。

ポジティブなものよりもネガティブなものの方が6倍から7倍も注意を引き付ける力は強いということがいわれています。

だからこそ、この注意集中力を鍛えるためのマインドフルネスや瞑想が重要になるわけです。

注意集中力を鍛えておかないと、いざ何か目の前のことに集中しようと思っても気が散って集中することができないのに、自分の見たくないネガティブな情報が不意に現れると自分の注意を全てそこに持っていかれるということが起きてしまいます

ネガティブな情報に注意力を奪われたり余計なものに気が散ってしまった時にその注意力を引き戻す力を鍛えてくれるのがマインドフルネスであり瞑想です。

スポンサーリンク

そんな瞑想のテクニックについてガッツリと学んで身につけたいという方は、僕の動画配信サービスである D ラボの方で解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきますので、そちらをチェックしてみてください。

そこまでがっつり学びたいわけではないけれど、日常生活の中で使えるような瞑想のテクニックや注意力のコントロールのテクニックを知りたいという場合には、僕の本ですがこちらの本を参考にしていただけたらと思います。

こちらの本では、マインドフルネスにまつわる知識や比較的簡単にできるテクニックについてまとめさせてもらっていますが、この本のオーディオブック版に関しては今 Amazon のキャンペーンで無料で聞くことができます。

※Audible無料体験にて1冊無料

『究極のマインドフルネス』

こちらは1人1冊ですが今なら無料で聞くことができるので、こちらもチェックしていただけたらと思います。

動画を見ながら注意集中力を鍛える方法

では、今回紹介する動画を使った瞑想の方法ですが、注意集中力を鍛えるための YouTube の見方というものがあります。

3つのルールを守ってもらえるだけで皆さんの注意集中力を動画を見ながら鍛えることができるというものです。
これは別に YouTube でなくても構いませんしNetflix でもなんでもいいとは思います。

Rule 1 :動画を何となく見ない

注意集中力というものはぼんやりと注意が拡散している状態では鍛えることができないものです。

これは筋トレと同じようなもので、筋トレも何の負荷もない状態であればいくら動いてもほとんど筋肉を鍛えることはできません。
筋トレと同じように注意力に対しても負荷をかけるようにしてほしいと思います。

YouTube であれば広告モデルですから特にそうですが、できるだけ皆さんをそのアプリの中に停留させるように工夫して作られています。

YouTube を見ていると、なんとなくおすすめとして出てきた動画をそれほど興味はなかったはずなのになんとなく見続けてしまうということが結構あるのではないでしょうか。
自分が見たいわけでも自分の目的に沿っているわけでもないのにおすすめの動画が結構表示されるような気がする人も多いのではないでしょうか。

これはおそらくは YouTube のアルゴリズムの問題ですが、その人にとって本当に必要かどうかという判別をするのではなく、どんな動画をおすすめとして表示すればダラダラと YouTube のアプリの中で時間を過ごしてくれて、結果広告費をたくさん稼ぐことができるのかという考えがあるからです。

これはどんな SNS のサービスでも同じことだと思います。
表現は悪いかもしれませんが、多くのユーザーが無駄にそこでダラダラと時間を費やしてくれるように作られているものです。
これは当然のことではありますが大きな問題でもあります。

スポンサーリンク

つまり、なんとなくぼんやりと見てしまうと、どんどん頭を使わない方向や時間を無駄に費やすだけの方向に進み、皆さんの注意集中力が拡散するような動画ばかりをいつのまにか見るようになってしまいます

ですから、その注意集中力の拡散を防ぐためには、まずはなんとなくぼんやりと見ないということを意識してください。

具体的には、その動画を見ようとする前に・・・

それを見たいと思った理由は?

それを見ようとした瞬間に抱いた感情は?

それを見ることでのメリットは?

この3つを考えるようにしてください。

この3つは必ず考えてから見始めるようにしてください。
なんとなくオススメされた動画や関連動画をダラダラと見るのではなく、なぜ自分はそれを見ようと思ったのか? 自分はその時どのように感じたのだろうか? この動画を見るメリットとは何だろうか? ということを考えてください

これは別に大した理由や内容でなくても構いません。
例えば、見ようと思った理由としては美女に惹きつけられたからで、その時抱いた感情としては美女に癒されたいと考えていた、そして、メリットとしては少し心が落ち着くというようなことでも構いませんので、これを意識するだけでもなんとなくぼんやりと見ることがなくなります。

これはそれを見ない理由を見つけて欲しいということではありません。
どうせ見るのであれば、この3つの理由を考えてから見るようにしてもらえると自分にとって意味のわからない動画をただ見ることだけはなくなるということです。

炎上系の動画などはなんとなくつい見てしまうということも多いと思いますが、このような時にもこれらを考えるようにしてください。
タイトルが過激だから気になって見たくなっただけだと気づけば自然と見なくなるはずです。

いつもダラダラと見過ぎてしまう人は・・・

そして、いつも動画をダラダラと見過ぎてしまうという人は、この質問にもうひとつ質問を追加してください。

その動画を見る時間があったら他に何ができるだろうか?

この動画を見る時間があったら自分のためになる本を読むことができるとか、もっと役に立つ動画を見ることもできると考えることができれば、無駄にダラダラ見過ぎてしまうことを止めることができます。

スポンサーリンク

Rule 2 :動画を飛ばして見ない

これは少しきついポイントにはなりますが、騙されたと思って2週間だけ試してみてください。
それで良かったと感じたら続けてください。

皆さんには注意集中力を鍛えるために動画を使うと考えてもらいたいので、あえて動画を飛ばして見ることをやめてもらいたいと思います。

飛ばしたくなるということは、その目の前の動画の内容から注意が逸れてその先の内容の方に向いているということです。
これはマインドレスになっている状態ですから、飛ばしたくなったらその注意を戻すということを意識してください。

飛ばしたいと思い自分が今目の前の内容に集中することができていないということに気づいたら呼吸を意識してみてください
動画を見ながら深呼吸を3回ほどしてみてください。

僕たちはなんとなくそわそわして飛ばしているだけですから、深呼吸を3回ほどして目の前の動画のないように戻すようにしてください。

途中で LINE を開いたりすることもしないようにして最後まで見るようにしてください。
飛ばしたり他のことが気になったりしたら深呼吸を3回して注意を戻すようにしてください。
これだけでもかなり注意集中力を鍛えることができるようになります。

これは最後まで動画を見るというルールを設けると、余計な動画は更に見なくなるということもあります。
何か気になる動画があって見たくなったとしても、飛ばして見るような気がしたら自然とやめておこうと考えるようになります。

Rule 3 :コメントを見ながら見ない

これは別にチャットやコメントを見ながら見るのがダメだと言っているわけではありません。
ですが、注意集中力を鍛えたいと思うのであれば、マルチタスクにしないことが重要だと思いますので、まずは2週間でもいいのでコメントを見ながら見ることをやめてみてください。

これによりひとつのことに対して集中する癖がついてきますので、できれば最低でも2週間ほど続けてみてもらいたいですし、可能であれば8週間続けていただければ普段の生活の中での集中力や注意集中力にも差が出てきます。
勉強や仕事に対する集中力においても結構変化を感じることができるようになると思います。

スポンサーリンク

Rule 1 :事前に理由と感情とメリットを考えて動画を何となく見ない

Rule 2 :動画を飛ばして見たくなったら深呼吸して注意を戻す

Rule 3 :マルチタスクにならないようにコメントを見ながら見ない

今この瞬間に集中することが何よりも大事です。
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

Dラボでおすすめ動画をチェック
「瞑想の科学2.0」

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料



リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-集中力
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog