お金・ビジネス

トップ営業マンはだいたいやってる売る話術

この知識はこんな方におすすめ

  • 営業成績をの伸ばしたい!
  • 上手に相手を説得したい!

相手から良い返事を確実に得るための雑談とは?!

今回は、相手から求める返事を確実に得るための雑談について紹介させてもらいます。

雑談が上手な人と下手な人がいます。
雑談が上手な人は、ただ雑談をしているだけでなく、この雑談を使って相手が YES と言いやすい雰囲気を作っています
雑談によって自分にとって都合のいい雰囲気を作っておいてから本題に入ります。

それを考えず、ただなんとなく雑談をしてしまうととてももったいないです。
どうせ話すのであれば、それによって期待している答えを相手から言ってもらった方がいいのは間違いありません。

より良い人間関係のためのおすすめ本

今回のおすすめの本は、相手からの印象も良くなる良い人間関係のための本を2冊紹介しておきます。

こちらは人間関係における誤解というものがどこから生まれて、それをどのようにして避ければいいのかということが学べる本ですので、人間関係で誤解されやすいとか損をしやすいという人はこちらをぜひ読んでおくといいと思います。
復縁するためにはどうすればいいのかとか、一度相手に悪い印象を与えてしまった場合に、どのようにしてそれを挽回すればいいのかということも解説されていますのでとても参考になると思います。

だれもわかってくれない: 傷つかないための心理学

親しくなるためには、相手から上手にアドバイスをもらうことが大切です。
これは自分が助けた相手を好きになるという性質を人間が持っているからです。
ということは、人に上手にお願いをして頼み事を聞いてもらうというのも、相手と仲良くなるためにはとても良い方法です。
周りから助けてもらう人の方が周りから愛されるようになります。

とはいえ、嫌な頼み方をしてくる人や頼まれた時に嫌な顔をする人も少なからずいます。
このようなことを防ぐことができれば、頼み事をすればするほど良い人間関係を作っていくことができるようになるはずです。
ではどのようにすればいいのかということを教えてくれるのがこの本です。
こちらもぜひチェックしてみてください。

人に頼む技術コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学

相手が Yes と答える確率が高くなる雑談の始め方

雑談は本題で求める答えを言ってもらうための準備です。
これを言うと 、歴史を動かしたような偉人たちが使っているスピーチを学んだり、すごい戦略が必要なのかと考える人がいます。

そんな難しいことは何も必要ありません。
あることを意識して相手と雑談をするだけで、相手から良い返事が得られる可能性が高くなります。

サザンメソジスト大学のダニエル・ハワードさんが行った研究で、相手に寄付をお願いするという実験を行っています。
この時に、どのようにしたら寄付をたくさん集めることができるのかということを調べています。

それによると、とても簡単なことですが意外な内容が確認されています。
その方法とは…

「調子はいかがですか? お元気ですか?」

これを質問するだけです。
それだけで相手が寄付してくれる確率がなんと倍近くにまで上がったそうです。

実験では、普通に「寄付をお願いします」と頼むと18%の確率で寄付をしてもらうことができました。
一方で、

「調子はいかがですか? お元気ですか? 最近暑くなってきましたが体調に変化はありませんか? ところで、今寄付を募っていまして…」

とお願いするだけで32%の確率で相手が寄付してくれました。

人はポジティブな言葉を口に出すと気分が良くなる!

なぜこんなにも違いが出るのでしょうか?

人間は自分がポジティブな言葉を口に出すと気分が良くなります。
自分がネガティブな言葉を口に出すと自分の気分がネガティブになりますが、プラスな表現を口に出すと気分が上がってきます

ですから、自分に対してプラスな言葉を引き出してくれる人や、楽しい話題を振ってくれる人は印象もよくなり、信用されて相手から好かれるようになります。
この心理効果を使っています。

相手に対して「調子はいかがですか?」と質問してネガティブな表現が返ってくることはあまりありません。
少なくとも「ぼちぼちですけど元気にやってます」というような返事が返ってくると思います。

つまり、相手が間違いなくポジティブでプラスな返事を返してくれるであろう質問をたくさんしてください
これによって相手の気分はどんどん良くなります。

人は気分がいい時にはYES と答える可能性が高くなります
これによって今回の研究でも寄付をたくさん集めることができたということです。

ですから、雑談のポイントとしては「相手がポジティブな返事をしてくれるであろう質問」をたくさん相手にすることだと考えてください。

これだけで説得力を高めたり相手を求める方向に動かすことができるようになります。
雑談をする時には、どんな話題が相手にウケるだろうかとか、相手の心に刺さる話題を色々と考えたりすることもあるでしょうが、そんなことを考える必要はありません。

どんな質問をすれば相手がポジティブな返事をしてくれるか? これだけを考えて雑談のテーマを考えていただけると、相手が快く YES と答えてくれる可能性が高くなります。
ぜひ試してみてください。

例え話で説得力も信用も手に入れる!

これ以外にも相手から YES といつも言ってもらえたり、契約を取るのが上手な営業の人たちにはある特徴があります。
相手からの YES を引き出すのが上手な人は例え話が上手な人です。
例えるのが上手な人は説得力も高くなりますし頭がいい印象も持たれ、信用されやすくなります

とはいえ、その例え話が難しいという人も結構いると思います。
今回は、そんな例え話を極めるための方法について解説した動画をおすすめの動画として紹介しておきます。
例え話が上手になるとモテるようになるという研究もあります。
ぜひチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

Dラボでおすすめ動画をチェック

毎月20冊の本・論文の知識が1日10分で学べる!

【例え話の極意】モテる!儲かる!例えが上手くなる方法

【例え話の極意】モテる!儲かる!例えが上手くなる方法
\本日のオススメ📚/

🍷【酸化防止剤無添加】

ル サンク ド シガラス2018 AOC ボルドー ソーテルヌ セミヨン ソーヴィニヨン ブラン

📚より良い人間関係のためのおすすめ本

だれもわかってくれない: 傷つかないための心理学

人に頼む技術コロンビア大学の嫌な顔されずに人を動かす科学

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス