目標・成功

恐怖で人生を変える【自発的ネガティブ体験】

2019年9月24日

恐怖で人生を変える自発的ネガティブ体験

DaiGo MeNTaLiST

こんな方におすすめ

  • 失敗を恐れることなく挑戦したい方
  • 活力溢れる日常を過ごしたい方

恐怖心を人生を変える力に!

誰でも恐怖という感情はあると思います。
新しいことをするのが怖い、知らない人に話しかけるのが怖いなど、このような恐怖感というものは、人間はどうしてもそれを感じると逃げてしまいがちです。
ところが、この恐怖感というものは使い方次第では人生を変える力になります。
今回は恐怖を使って人生を変えるための方法を紹介させてもらいます。

ピッツバーグ大学の研究で、恐怖感を使って人生をより良い方向に向けることができるのかということを調べてくれています。恐怖感というものはいいものなのか、それとも悪いものなのか、その条件を調べようとしたものです。
お化け屋敷やバンジージャンプなど、恐怖を感じるようなことをなぜ人間はわざわざ好んでするのかこの研究者たちは考えたわけです。
人間のこのわざわざ恐怖感に向かっていく習性があるということは、その恐怖感に何かメリットがあるのではないかということを調べました。

恐怖体験とそのメリット

この研究では、262人の男女を対象にお化け屋敷のチケットを購入してもらい、その恐怖を感じたことによってメンタルの状態がどのように変わったのかということを調べました。
お化け屋敷を体験する前後に、参加者たちの心理状態をテストし脳をスキャンしました。
それにより恐怖が人間にどのような影響を与えるのか、また、その影響はメリットがあるのかということを調べようとしました。

その結果、恐怖を感じた人たちはメンタルが強くなり気分が良くなっていました。さらには、活力も向上し恐怖を感じたことによってそれ以外の生活にもメリットが生まれていました
新しいことにたくさんチャレンジすることができるようになったり、モチベーションが上がり仕事の効率が高まるというようなことが確認されています。

恐怖を感じたことによりアドレナリンが分泌され、それによりモチベーションが擬似的に上がっているだけではないかと考える人もいるかもしれませんが、脳の神経や体の神経の反応を見てみると、神経反応が低下していました。これは簡単に言うとリラックスしている状態だということです。

わざわざ怖いものを体験しに行きそれを体験することによって、人間は気分が改善してメンタルの状態が良くなります。さらに、活力が改善し色々なことに挑戦したり行動することができるようになります。その上に、リラックスできるということまでついてくるわけです。
恐怖感というものは・・・

気分が良くなる
活力が上がり行動力がアップする
リラックスできる

こんなにも効果があるということです。

行動につながる恐怖心と行動できなくなる恐怖心

とはいえ、例えば、人と話しているときに失敗したり仕事で大きな失敗をしたことにより、怖くなって行動が出来なくなってしまうということもあります。
この恐怖心とは何が違うのでしょうか。

人間が行動できなくなる恐怖と、気分が良くなったり圧力が上がる恐怖のでは何が違うのでしょうか。
これは自発的ネガティブ体験と呼ばれるもので、自己選択で恐怖を体験した場合は、メンタルの状態は良くなるし活力もやる気も上がるということが分かっています。
つまり、恐怖というものは他人から知られたり不可抗力的に体験した場合は、メンタルが落ちていく可能性がありますが、自分で決めてその恐怖を自分で選択したと考えながら体験すると、その恐怖感は皆さんの味方になるということです。

自発的ネガティブ体験を普段から意識する

人生を左右してしまうような恐怖体験は色々とあると思います。
挑戦したけれど失敗したなど怖い体験をすることによって人生が変わってしまう人はいますが、この恐怖体験が良い方向に行くのか悪い方向に行くのかを左右するのは、それを自分で選んだかどうかということだけです。
ですから、どうせ怖い体験や恥ずかしい体験したり、新しい挑戦はしないといけないのであれば、自ら飛び込むべきだということです。

普段からちょっと怖いとか不安に思うことであっても、それを自分で選択し細く体験することがとても大事です。その不安感や恐怖から逃げると、人生の質が下がってしまったり、モチベーションも落ちたり、幸福度も下がってしまいます。
そういう意味では、恐怖を味わうこともとても大事です。この恐怖というものが平凡な生活に刺激を与えてくれるから、メンタルの状態が良くなったりやる気や行動力に繋がります

例えば、真夏の外が暑い時にクーラーの効いた部屋の中に入ったら、冷房がとても心地よくて気分も良くなると思います。これも外の暑さを感じていなければ感じることはできないわけです。ずっと部屋に引きこもっていては、外に出た時の不快感を感じるだけです。
これと同じように、恐怖に立ち向かったり恐怖に耐えた経験があるからこそ、日常の生活でのリラックス感やありがたみを感じることができるようになるわけです。

そして、それを自分で選ぶということがとても重要です。その自分で選んだ恐怖感というものは、恐怖ではあるけれど安全だということを自分の頭でも理解しています。この安全だと理解している恐怖に触れることで、ストレスへの耐性もできます。安全だけれど怖いものに対して体を慣らすことができるということです。
ポイントは自己選択することです。是非皆さんも参考にしてみてください。

本気で人生を変えたい人のためのおすすめ動画
【本気で人生を変える】カリフォルニア大学式6週間人生改造プログラム【徹底解説】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1558363983

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://psycnet.apa.org/record/2018-51113-001


他の人はこちらも検索しています

-目標・成功
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.