成功法則の科学

根拠のない自信で人生を変えるには

投稿日:2018年5月13日 更新日:

根拠がない不安を根拠がない自信に変える

どうせ根拠が無いなら自信を持ったほうがパフォーマンスもあがります。

不安を感じていると、どんなに能力の高い人でもその不安に押しつぶされてパフォーマンスを発揮できない場合があります。

根拠のない自信がなぜ必用なのか?

そもそもこれからの時代根拠のあるものがほとんど無くなります。

経済成長も著しく金利も高かった時代は貯金をしていれば安心だとか、家・車・生命保険も買っていれば安心だとか言われた時代もありましたが、今の時代の価値観はそんなに単純ではないです。先行き不透明な時代は根拠のあるものなんて無いわけです。

根拠もないし上手くいくかわからないなと迷っている間に他の根拠のない自信を持っている人が挑戦して、その結果成功したのを知って真似しようとする人も多く出ますがそんなのは全く意味がないです。昔は周りが上手くいった方法を真似て同じことをしてもうまくいくことが多かったでしょうが、これからの時代は後から追随しても無駄になる可能性のほうが高いわけです。

変化も激しく5年後10年後がどうなるのかは誰にもわからないです。わからないからこそ、根拠のない自信を持って行動し行動回数を増やすことで成功の可能性を高める必要があるわけです。

行動回数を増やすためには時間を増やさないといけませんし、それぞれにかけるコストも減らす必用があります。ですから時間もコストもかけず挑戦できる方法を考えることも大事です。

最初はカラ元気のような根拠のない自信であっても頑張って自分は出来るんだ、自分の力で人生変えられるんだと感じることで根拠のある自信が生まれます。

つまり、根拠のある圧倒的な自身も最初は根拠のない自信から生まれるということです。

漫然とした不安を根拠のない自信に変えることが必用です。

失敗を恐れないメンタル

わずか5千ドルの元手で経験もない世界で新しい世界に挑戦し成功した女性起業家のサラ・ブレイクリーの父親のお話です。

彼女の父親は、家庭の夕食の団らんで彼女に対して「今日はどんな失敗をしたんだい?」と尋ねていたそうです。そして彼女が失敗したことを話すと父親は挑戦したことを褒めてくれました
自分の子供に対して失敗することを恐れるのではなく、失敗することで人間は挑戦しているんだということを教えるために「今日はどんな失敗をしたのか」を聞いていたんです。失敗がなかった日は挑戦をしなかった日だから失敗したことよりも挑戦したことを褒めるということが、彼女の起業家としてのマインドを育てたわけです。

こういった根拠のない自信を育てることが大事です。
ただし、成功するための方法は2つあります。
根拠はないけれど自信を持って進む方法と、リスクなく小さく始めて育てるような失敗しない方法のどちらかです。

 

タグ

-成功法則の科学
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.