習慣

これでダメなら諦めろ!最強の習慣化アプリがこちらです

この知識はこんな方におすすめ

  • 人生を良くしたい
  • 目標を達成したい

最強の習慣化アプリ

習慣化のための知識は、Dラボでも色々と紹介してきました。
ご覧いただいている皆さんも、大抵のことは習慣化できるようになってきていると思います。

習慣化のためのアプリも色々と出ていますが、そもそも習慣化の方法がわかっていない人が、ただアプリを使うだけで習慣化できるようにはなりません。
どんなアプリが習慣化のために有利になるのか、普通の人はそれを判別するのも難しいと思います。

今回習慣化の最強のアプリを紹介させてもらいますが、なぜそのアプリが有利なのかという背景を理解できていないと、一見すると使いづらそうなので、そのアプリを選ぶ人はいないと思います。
ところが、このアプリが最も優秀だということを、その背景から解説させてもらいます。

まず、そのアプリはこちらです。
無料でも十分に使えると思います。

習慣の鎖を作る最強アプリRoutinery

https://apps.apple.com/app/id1450486923

別に案件でもなんでもないですが、習慣化については以前に本も出させてもらっています。
こちらは Amazon の Audible であれば無料体験で1冊全て聞くことができます。

【つらいことほど楽にできる】‪超習慣術

※AmazonのAudible無料体験で聞けます。無料期間中に聞いて解約すればお金はかかりません。

多くの人は習慣化で最初から間違えてしまいます。
いきなり大きな習慣から変えようとしたり、たくさんのことを同時にしようとしたりします。
よくありがちなのは、物事を始める時には最もやる気があるので 、そのやる気がある時にプランを立てて、その後やる気がなくなった時に続かなくなります。

習慣というものは、やる気がなくなってからも続くから習慣なのであり、やる気がある状態で自分がどこまでできるかということを考え計画を立てれば当然続きません
言われてみれば当たり前だと思うでしょうが、このような基本的な習慣化の知識を知らないから、三日坊主になったり挫折してしまうわけです。

Habit Chain(習慣の鎖)

今回のおすすめの動画として紹介しているこちらのDラボ動画では、朝起きてベッドから出る時に腕立て伏せを1回してから起きるというだけの習慣ですが、そんな本当に簡単な習慣であっても朝起きてから1つできるようになると、それを起点にして後ろに習慣を結び付けていくことができます

最初に行う習慣は簡単なものである方がいいです。
朝起きて水を飲むというようなことでも構いません。
朝起きて最初の習慣をとても簡単なものにして、そこから繋げていくと色々なことを習慣にしていくことができるようになります。

Dラボ:腕立て1回から始める「いい習慣を量産する技術」

腕立て1回から始める「いい習慣を量産する技術」

スポンサーリンク

このような習慣を鎖のように繋げていくことをHabit Chain(習慣の鎖)と言います。
ところが、多くの人はこんなごく簡単なことをわざわざ習慣化しようとはしません
だからうまくいかないということを、今回のおすすめの動画では解説しています。

人は習慣を作れば作るほどメンタルも安定します。
ネガティブなことに動じなくなりますし、ポジティブなことで浮かれることもなくなります。
メンタルの強さというものは、習慣を作ることによってかなり補強することができます

僕自身も元々メンタルが強かったわけではありません。
習慣化のテクニックも愚直に使ってきたから今があります。
そんな中で未だに僕が使っている習慣化のアプリが今回紹介するアプリです。

習慣の鎖をつくるアプリ

習慣化のアプリは色々と出ていますが、それらのほとんどの問題点は習慣を繋げることができないという点です。

皆さんがやるべきことを習慣化しようとした時に、いくつかのタスクの順番が入れ替わってしまうことがあると思います。
この順番が入れ替わってしまうと、習慣が鎖となって繋がりません。
習慣は鎖のように繋げていくことが重要です。

一番最初に行なった習慣が次の習慣の起点になります。
最初の習慣を行うと自動的に次の習慣が行われて、2つ目の習慣が次の習慣の起点になります。
習慣が鎖のように繋がるのが最強の習慣化です。

習慣化のためのポイント

習慣化のためには3つのの要素が重要になります。

1. ゲーム化

習慣化すると楽しいことも面倒なことも無感情で行うことができるようになります。
楽しさを継続するための方法もいくつかありますが、そのひとつとしてゲーム化するという方法があります。

習慣を作るための要素として、習慣にする行動をやることができるとゲームのように何かを達成したような表示が出たりポイントが貯まるという要素がありますが、これは大抵の習慣化のアプリに入っていると思います。

2. 喪失回避化

人間は得をすることよりも損することの方を大きく見積もる性質があります。
1万円手に入ることによるプラスの喜びよりも、1万円失ったマイナスの悲しみの方が大きくなります。

この性質を利用する要素として、習慣を続けられなくなったら何かを失ってしまう感覚を作り出しているアプリも結構あります。
せっかくここまで続けてきたのに、今日できなかったらまた0からスタートになってしまうのがもったいないという感覚を作り出すわけです。

スポンサーリンク

この物事を続けることができている感覚をアナログで上手に使って習慣化したいのであれば、このようなカレンダーを使ってみるのもおすすめです。

あと2ヶ月を無駄にしたくないなら⬇︎

1年連結 GRID ポスターカレンダー 年間計画 イヤープランナー 壁掛け 令和4年 2022年7月・日曜始まり

3. 罪悪感対策

人間は頑張る人ほど、もっとできたのではないかと罪悪感を感じてしまいます。
毎日のやるべきことやタスクについてずっと考えすぎてしまう人がいます。

このような人は考えすぎるだけで脳が疲れてしまいますので、余計なことを考えなくてもいいように、それぞれのタスクが完了した感覚を作れる仕組みを入れることで罪悪感対策になります。

大きくはこの3つの要素が主な習慣化のアプリに実装されている機能です。

習慣の鎖を作ることに特化したアプリ

そんな中で、紹介しているアプリは習慣の鎖を作ることに特化したアプリです。
そして、if Then ルールという心理学者が見つけた習慣化のテクニックで最も強力だと言われている機能が、とても自然に気づかないぐらいのレベルで実装されています。
しかも、最初のやる気に満ちた状態で、無謀な計画を立てて挫折してしまうことを防いでくれる機能もあります。

習慣の鎖を作ることができて、if Then ルールに基づく状況設定もできて、現実的な習慣を構築することができるアプリです。
この3つの機能を実装したアプリとしては、現状ではこのアプリしかありません。

習慣の鎖を作る最強アプリRoutinery

https://apps.apple.com/app/id1450486923

スポンサーリンク

ぜひ使ってみてもらいたいですが、毎日のルーティンの中にやるべき行動を登録していきます。いくつかの習慣をルーティンとしてそれぞれ所要時間も設定して登録できるので、それぞれのタスクでタイマーが起動します。
習慣が途切れる一番の原因は、せっかく良い習慣の鎖ができているのに、その途中に関係のないことが紛れ込んでしまうことです。
その途切れることをタイマーによって防いでくれます。

しかも、所要時間をあらかじめ設定して、実際にかかった時間との誤差も確認できるので、時間的な見積もりの誤りを防ぐ機会も与えてくれます
最初の自分のやる気がある時に10分ぐらいでできると思ったことが、実際に行ってみると20分ぐらいかかってしまうことが多いです。
これは人間は自分ができると思いたいから見積もりが甘くなってしまうわけですが、それを現実的なレベルに修正することができます。

さらに、肝心の状況設定をすることができるアプリはとても少ないです。
このアプリは習慣の鎖を作ることを想定しているので、1日の最初のタスクを設定すれば、それを起点にやるべきことを続けることができるようになります。

これらのポイントから考えて、このアプリが最強の習慣化のアプリだと考えました。
ぜひ試してみてください。

今回紹介しているカレンダーもアプリも自分が続けてきた行動が見える化されます。
人は自分を信じると傲慢になります。
自分を信じれなければ行動力が失われます。
自分が続けてきた行動の記録を信じてください

スポンサーリンク

\知識のネットフリックスを目指して作った【Dラボ】/

⭐️Dラボ:腕立て1回から始める「いい習慣を量産する技術」

腕立て1回から始める「いい習慣を量産する技術」
\本日のオススメ📚/

📗本日の無料オーディオブック

【つらいことほど楽にできる】‪超習慣術

※AmazonのAudible無料体験で聞けます。無料期間中に聞いて解約すればお金はかかりません。

🥇習慣の鎖を作る最強アプリRoutinery

https://apps.apple.com/app/id1450486923

📆あと2ヶ月を無駄にしたくないなら⬇︎

1年連結 GRID ポスターカレンダー 年間計画 イヤープランナー 壁掛け 令和4年 2022年7月・日曜始まり

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-習慣