メンタルヘルス

面倒なやつに絡まれた時の対処法

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

面倒な人、人それぞれなのでここでいう面倒な人をあえて定義はしませんが、そういう人に絡まれた場合に僕らはどうすればいいのか?

面倒な人に絡まれた時、相手にするべきか?相手にしないべきか?

相手にしない

まず答えとしては、相手にしないことです。まともに相手にすると決して得はありません。

基本的にそういう人に絡まれた時に考えてほしいのは、世の中のほとんどの人は皆さんの味方にしても得になるかどうかはわかりませんが、敵にするとほとんどの人は厄介なものということです。
面倒な人というのは、皆さんの集中力や忍耐力や意志力などを削いでいきます。どんな相手であってもまともに相手にしてしまうとストレスの原因になります。

どう対処する?

ではどうすればいいのか?

自分の世界から消すことです。つまり、面倒な人をどう抑え込んだり変えようかと考えるのではなく、自分のメンタルを強くしてスルーできるようになるにはどうすればいいのかを考えてください。

面倒な人が現れたら、これはチャンスだと考えてください。
面倒だと感じたら、それはまだ自分のメンタルがあまいということだから、瞑想・運動などをして全く気にならない状態まで自分のメンタルを整えてください。それにより、面倒な人によって余計な集中力を使うこともなくなります。

自制心や自己コントロール能力を鍛えてネガティブな感情や面倒な人からのストレスをきれいに流しされるようなメンタルをつくることです。
短期的にみて、面倒な人からの影響をシャットアウトすることと、長期的にみて、そのようなものに動じないメンタルを鍛えるということの両方を考えていきたいものです。

レベルアップに使う

ゲームでもボスキャラを倒すためには雑魚キャラを倒しながら徐々にレベルを上げていく必要があります。
人生でいつか自分が乗り越えないといけない大きなストレスや障害はかならず来るものだと考えてください。その障害は、もしかしたら仕事を失うことかもしれないし大事な人を失うことかもしれませんし、立ち向かうべき相手が現れるのかもしれませんし、勇気を持って今の仕事を辞めて起業するということかもしれません。自分の夢のためにリスクを取らないといけない時が必ずくるものです。
リスクを取らないと人生は変わりません。リスクを減らすことは出来ますが、人生を変えるほどのリスクがゲームでのボスキャラです。いきなりボスキャラに挑もうとすると自制心や自己コントロール能力のレベルがまだ低くてとても勝てません。だからゲームでは雑魚キャラを探しては戦ってレベルを上げていきますよね?それと同じことが皆さんのまわりに現れる面倒な人を使ってできるわけです。

これは、ニコニコのチャンネルではよく紹介していますがリフレイミングという考え方でフレームを変えるというものです。
面倒な人が現れたら、面倒だな、厄介だな、逃げたいな・・・と考えるのではなく、これはいつか取らないといけない取るべきリスクをとって人生を変える、成功するために必要な自分のレベルを上げていくための経験値を得るためのものだと考えるようにしてください。

大事なのは、雑魚キャラを相手にするのではなく、それにより揺らいでしまう自分のメンタルと向き合うことです。

基本的に雑魚キャラは相手にしないということです。とはいえ、稀に相手にしないといけない場合もあります。それは2つのパターンがあります。

相手のするべき2つの時

①ネット上で自分より格上の人に絡まれた場合

自分より上の人や成功しているような人に絡まれた場合は、認めてもらうためのチャンスだと読み替えてください。それにより自分の成長につながります。ネット上では、基本的に自分よりもアクセス数や知名度を持っている人が絡んできたら戦ったほうが得をします。逆に自分よりもアクセス数を持っていない人に絡まれた時は相手にしてもその相手の得にしかならないわけです。

②法律的にアウトなことをされた場合

これは法律に則って適切な対応をしましょう。

効率の悪い戦いはしない

ネット上ではなく一般世界で格上の人に絡まれて戦っても基本的には勝てません。日本では特に半沢直樹のように上司を倒して自分が出世するというようなことは基本的にはありえません。ドラッカーやジェフリー・フェファーも言っているように、上司が出世しないと自分は出世しません。上にあがりたいのであれば上司と戦うのではなく学ぶものだけ学んで独立するほうが良いと思います。階層構造の中で下が上に勝つということは無理とはいいませんが効率が悪いです。そこに多大な時間と犠牲を払うぐらいであれば起業したほうが早いです。

相手にしないためのテクニック

では、実際に面倒な人に絡まれた場合にどう対処すればいいのか?

面倒な人に絡まれたら、ストレスによりやり返したい、言い返したいとか論破したいとか思うと思います。ただ、そのような人はそもそも論理ではない部分で攻撃してきていることが多いものです。それに対して論理で返して論破しようとしてもより面倒になるだけです。

ゲームの雑魚キャラは、みなさんが相手にしなければ存在しないのと同じです。
ですから、短期的にはまず自分の感情を抑えることです。感情的になると相手にすることになってしまいます。相手は絡むことで自分の存在を認めてほしいから相手にすると喜ぶだけです。
だから放置するのが一番です。ところが人間には感情がありますからこの放置するのが難しいものです。

どんなに自己コントロール能力の高い人でも、面倒な人に絡まれれば一瞬は感情は出るものです。その感情や苛立ちを出来るだけ早く元に戻すことができれば仕事や勉強といった自分のするべきことに対する影響も出なくなります

その方法として、ニコニコのチャンネルでもよく出てくる脱フュージョンというテクニックがあります。
例えば、頭の中で「感情ストップボタン」をイメージして大きな声でストップ!っと言いながら押してみてください。これによりその瞬間一瞬ですが思考の分断が起きます。

以前テレビ番組でGACKTさんが「メンタルリセット!」と叫んで感情の仕切り直しをしていましたが、この方法は正しいわけです。
この思考の分断が大事です。イライラしているような時は枕やクッションにあたったり暴れたりしても余計増幅するだけです。ほんの短い時間でもいいので一定時間その感情を分断することが大事です。
それにより冷静に自分を見ることが出来るようになり、相手にしても自分の得にもならないから、この体験を自分のメンタルを鍛えるためにどう使おうかと考えられるようになるわけです。
苛立つ相手に対してどう対処しようかではなく、その体験を自分の成長にどう活かそうかと考えたほうが良いです。

いきなり職場などで「メンタルリセット!」と叫んだりすると他の問題が出てくると思いますので、使える方法を紹介します。それが脱フュージョンというテクニックですが、最もおすすめしている方法としては、頭の中でその感情を採点してください。

例えば、面倒な人に絡まれたとします。その相手ではなく、自分が今体験しているその体験自体を採点してください。この面倒な体験は100点満点中何点だろうと考えるようにします。どうってことないし気にもならないというのを0点として、もう限界!相手が悪憎くて仕方がないと思ったような過去の強い体験があればそれを100点としてください。
そうすると、最大と最小を考えてどの位置の体験かと考えることで冷静に考えることが出来るようになります。

感情の表現力も大事

この話をすると、毎日嫌なことばかりだという人がいるかと思いますが、その人は語彙力が足りません。
感情のコントロールが下手な人は語彙力が足りません。嫌なことがあったら全て「最悪!」と表現し考えてしまう人は感情を表現する能力が足りなさすぎるのでまずは小説などを読んで鍛えたほうが良いです。感情用語辞典などありますので感情を表す表現を吸収しておかないと嫌なことは全て100点になってしまいます。
感情の表現を増やすことは大事です。

より具体的な対処のテクニックやメンタルの鍛え方を知りたい方はこちらを↓

タグ

-メンタルヘルス
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.