心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

目標・成功

ブレまくる人が成功する!科学的に正しいブレ方とは

投稿日:2019年4月7日 更新日:

ブレまくる人が成功する!科学的に正しいブレ方とは

DaiGo MeNTaLiST

自分は信念がなくて一つのことが続かなかったり、すぐ人に流されたりしてしまうという相談を受けました。

ブレる人とブレない人でどちらが成功するのでしょうか。
結論から言うと・・・

ブレる人の方が上手くいきます。

現代は継続性や一貫性よりも柔軟性の時代だからです。
時代の変化はどんどん激しくなっていますので一つのことに可能性を見出して追求したとしてもそれだけにこだわっていると時代が変わった時に次にシフトすることができなくなってしまいます。応用性が効かなくなってしまいます。

例えるなら昔のソニーのようなものです。IPhone はソニーがその時すでに持っていた技術を合わせただけのものでしたが、実際には日本は iPhone を作ることができませんでした。発想次第で実現することもできたはずなのにできなかったわけです。
ブレないで一つの事だけをしていくというのは今の時代ではリスクでしかありません

正しいブレ方とは?

今日の参考文献は『すごいヤツほど上手にブレる』で、科学的に正しいブレ方を紹介されていますのでよろしければこちらも参考にしてみてください。

ブレるのがいいと言われても実際にはブレてばかりでうまくいってない人が多いというのも事実です。
では、正しいブレ方とはなんなのかというと、ポイントが三つあります。

1. 自分からブレる

自らブレるというのが一つ目のポイントです。他人に流されたり周りの意見に左右されてブレてしまうのはよくありません。
常にブレるのは自らです。

例えば、自分が決めて一番いい方法だと思っていたとしても、他に良い方法があるような気がしてきたら自らすぐ変えてみるというように自ら積極的にブレていくことです。
周りの人達は好き放題言うくせに、中には他人の成功を止めるようなことを言う人もいます。しかもみんなの意見を参考にしていては新しいことなんてできるわけがありません。
新しいものを見つけて他の人ができないようなことができるようになりたいのであれば、そのために自らブレることが必要です。安全と安定を求めるのであればブレる必要はありません。

スポンサーリンク

2. ブレることは試すこと

ブレることは試すことと読み替えてください。試してみて違ったら戻ってもいいわけです。あるいは、試してみて良いところが一部見つかったらそこだけ取り込んでしまえば良いわけです。ブレることは試すことであり、ブレまくることは試行錯誤を繰り返すことです。

3. 安定した時こそブレる

人でも企業でもブレることができていたのにいつの間にかできなくなることがあります。人も企業も成功するとそこに甘んじたくなるのでブレることができなくなります。その状況がいつまでも続くという事を信じたいがために新しいことを試すことをやめてしまいます。結局、安定に落ち着こうとしてしまうわけです。
では、どうすればその安定から抜け出すことができるのかというと、安定した時こそブレるべきです。
自分が満足している時は自分の生活が脅かされないレベルでブレましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

続きは↓
元手0円から始めるノーリスク副業入門
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1529474108

タグ

-目標・成功
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.