心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

お金・ビジネス

損しないギブアンドテイクの方法が解明される

投稿日:2019年3月4日 更新日:

損しないギブアンドテイクの方法が解明される

DaiGo MeNTaLiST

人間は3つのタイプに分類されます。

ギバー:GIVER

自分がもらうよりも相手にたくさん与えようとするギバー

テイカー:TAKER

相手に与えるよりも自分が多くを取ろうとするテイカー

マッチャー:MATCHER

自分と相手の利益のバランスを取ろうとするマッチャー

ということをペンシルベニア大学ウォートンスクールのアダム・グラントさんが調べた研究を簡単に紹介します。

結論としてはギバーの人が成功します

ところがこのギバーには、かなりのレベルで成功している人底辺の人の両方がいます。その間にテイカーとマッチャーがいます。
一番成功しているのも一番失敗しているのもギバーなわけです。その違いは何なのか。

基本的にこの3つは状況により変わります。例えば、仕事ではかなりテイカーだけれど友達に対してはギバーだということもあります。
仕事に関して最も成功しやすいのはどのタイプなのかということをアダム・グラントさんが10年間にわたって調べてくれています。その結果、仕事において最も失敗しやすいのはギバーで、最も成功しやすいのもギバーだったということです。

基本的には長期的に見るとギバーが成功します。たくさん与える人の方が成功します。テイカーは自分の方がたくさんもらおうとしますから短期的にはテイカーが利益をあげますが、テイカーが勝つとそこには必ず負ける人が出てきます。ですから、テイカーは利益を上げれば上げるほど周りの人間から嫌われていき人間関係が崩壊していきます。その結果長期的には損をします。

普通に考えたら自分が得る利益を最大化しようとするのは当然かもしれませんが継続的な関係にはなれません。
例えば、合計で10の利益があるとしたらテイカーは平気で自分が9を取ろうとします。そうなると1しかもらえなかった人は二度とそんな人とは仕事はしません。
ところが、ギバーの場合は、同じように自分の利益があったとしたら相手の方が頑張ったからと6を渡し自分は4をとると考えます。そうなるとこの人に仕事が集まるようになり同じ割合で同じ成果が出る仕事があるとすると3回仕事をすれば12もらえるようになるのでテイカーより大きな利益を得るわけです。さらには、この関係は続いていきますので大きな利益を得ることができるようになるわけです。

バーの人は他人に利益を与えるので、みんなその人と一緒に仕事をすることを望みその評判がまた評判を呼び結果的に大きな利益や価値を手にすることができるということです。

それだけだと、ギバーはみんな成功しないとおかしいということになりますが、トップのギバーとボトムのギバーの差がなぜ生まれるのか。

トップとボトムのギバーの違い

それは自己犠牲があるかどうかということです。

自分を犠牲にしてまで人に与えようとすると考えると美しいように見えますが、自己犠牲をするギバーが幸せになれるのは物語の中だけです。実際の世界では自己犠牲をするギバーはボトムに行きます。自分の利益は全てを失い自分が生きていくのも辛くなってしまったり継続してビジネスも行えなくなります。

トップのギバーは自分も損をしません。お互いに得をする方法を考えます。
先ほどの例で考えると、ボトムのギバーは10の成果があったら10全てを相手にあげてしまったり自分は1だけで相手に9を持って行ってもらったり自分が不幸になる方向に進んでしまいます。
トップのギバーは10の利益が出たら、もっと工夫したり更なる投資に回したりすることで仲間と一緒に20の利益は30の利益を生み出そうとします。

つまり、ボトムのギバーは自分の利益を犠牲にし、トップのギバーは自分を含めた全員の利益の最大化を考えます

自己犠牲は美しいそうに見えますが破滅への道です。人に何かを与えてはいけないということではなく自分が追い込まれるほどのことを抱えてはいけないわけです。

さらには、自己犠牲を持ちすぎているギバーは断れないので騙されやすくなったり全てを与えてしまい燃え尽き症候群になるということも起きます。仕事をしすぎたりボランティアをしすぎたりして燃え尽きてしまうということです。実際に犯罪の被害に遭いやすいのもこのようなギバーです。

成功するトップのギバーは他人に与えることを喜びにしているのは変わりませんが、自分の目的や成長意識をしっかり持っていて全員が成長し全体のパイを増やす中で他人に多く与えようとします。自分も当然大事にする上で相手も大事にしようとすることです。

スポンサーリンク

トップのギバーは誰かれ構わず与えることはしません。与えることによって相手も自分も得をする状況においてだけ与えます。そのような見極めをしっかりするからこそ与えているけれど損もしないし燃え尽きることもないわけです。

他人に与えることはとても良いことです。テイカーやマッチャーになるよりもはるかにいいと思います。ですが、その時に自分を犠牲にしてはいけません。
みんなで協力してより大きなことを成してその成果をみんなに惜しみなく与えることはいいですが、自分を犠牲にしてまでしていては駄目だということです。

そんなトップギバーになるため、テイカーを見抜くためのおすすめ動画まとめ
信頼できる人できない人を見抜く、裏切りの心理学
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1457336126
コミュ障でも5分で人脈をつくれる方法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1525704925
面倒な奴との関わりを根こそぎ断つためのサイコパス式スルーの技術 もお忘れなく!
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1544294044

タグ

-お金・ビジネス
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.