恋愛・結婚

とくダネ!炎上に学ぶ【結婚すると後悔する男】の見分け方

結婚すると後悔する男の見分け方

DaiGo MeNTaLiST

結婚すると後悔する男とは?

結婚すると後悔してしまう男の見分け方をご紹介します。
これは結婚する前によくわかるものです。
その男性と結婚することで幸せになれるかどうかということは一概には分かりませんが、絶対に結婚してはダメなタイプというものはいくつかあります。そのうちのひとつの見分け方をご紹介します。

「それ俺の金だよね」

とくダネという番組で伊藤アナが失言したという話がありました。その番組で女性が男性の何気ない一言で傷ついたというコーナーをしていたそうですが、その中で奥さんが旦那さんにプレゼントを買ってあげて、その時に旦那さんは「俺の金だよね」と言って、女性陣が最低だという反応をした時に、言い間違いなのか誤解なのかは分かりませんが、俺の金だということは事実ですよねというようなことを言ったそうです。それによりプチ炎上したというニュースがありました。
このニュース自体は別に大したことはないと思いますし、別に伊藤アナも本気でそういうことを言っているわけではないとは思います。この発言の言い間違いに、確かにそれは旦那さんが一生懸命稼いで手に入れたお金だよねという感覚があったとしても、大体このようなことをうっかり言ってしまう人は、亭主関白になりたかったという願望を持っている場合が多いものです。逆に言うと、実際には亭主関白になれていないのではないかと思われるので、おそらく家では結構奥さんの尻に敷かれているタイプなのではないかとは思います。
ここでは別に伊藤アナがいいとか悪いとかという話をしたいとは思いません。

とはいえ、この伊藤アナがどうということではなく、女性の皆さんはこのようなことをされるとギョッとすると思います。
旦那さんに喜んでもらいたくてプレゼントを買ったのに、専業主婦で働いていないからそれは俺の金だよねみたいなことを言う男性とは付き合いたくもないはずです。

未だに亭主関白を考える残念な男

そもそも日本では、結婚して奥さんが専業主婦になろうとなるまいと、あるいは、奥さんの方が稼いでいて旦那さんの方が稼いでいないという場合もあると思いますが、結婚して離婚すれば財産分与というものがあるわけです。結婚してから夫婦で稼いだお金は綺麗に分けるという法律があるわけですし、その法律の根拠としても、奥さんが家の事をしてくれるからこそ旦那さんは外で仕事をしてお金を稼ぐことができて、その役割分担に関してどちらが偉いとかいうようなことはないのが事実です。

ところが、このようなことが通じないバカがいます。
自分は外で働いて稼いでいるから偉くて主婦の仕事は誰でもできるというようなバカがいますが、であれば、家政婦を雇ってあげればいいと思います。そんなに稼いで偉いのであれば、ルンバとブラーバや食器洗い機も買ってあげてできるだけ手間のかからないようにして、シワの伸びるような良い洗濯機いやアイロンをあてなくてもいいシャツを揃えたり、全てクリーニングに出せばいいと思います。
かけなくてもいい負担をかけることによって2人の時間が減ったり、無駄な軋轢を抱えるぐらいであれば、それをお金で解決したほうがいいと思います。ということは、その分も旦那は黙って稼げということになります。

こんな男を見抜くには?

このようなバカな男をどのようにして結婚前に見抜けばいいのでしょうか。
こんなことを言う男性は、物事を単純に、あるいは、ステレオタイプ的にしか捉えることができない特徴があります。
これは枠にはまった考え方でしか出来ない人です。
例えば、〇〇人というものはみんな〇〇だ!とか、若い人はみんな〇〇!、男は・・・女は・・・というようにざっくりとしたカテゴリーでしか物事を見ることができない人です。
物事の複雑性を捉えることができず、単純にしか捉えることができず決めつけてしまう人と結婚すると、男性でも女性でも後悔します
後悔する理由としては大きく分けて3つのポイントがあります。

1. 性差別主義者である可能性が高い

このような物事を単純にしか捉えることができない人は、平たく言うと頭の悪い人です。いわゆる差別主義になる人たちは頭が悪いからだということがメタ分析により分かっています。物事には複雑さがあり一概には言えないことが多くあります。アメリカ人がみんな明るいわけではありませんし、日本人もみんながシャイなわけではありません。韓国の人もみんながみんな反日思想を持っているわけではありませんし、友好的な考え方を持っている人もいるわけです。
ところが、頭が悪いとその物事の複雑さを理解することができません。
脳のリソースを使うことなく楽をするために、ステレオタイプや単純な決めつけを行って物事をやり過ごそうとしているわけです。

男はこうあるべきとか女はこうあるべきだというようなことを言う人は、頭が悪くて複雑性を理解できないだけです。
時代的に考えてもそもそも亭主関白という考え方自体が古いものです。もはや今の時代には女性の方が稼いでいるのも珍しくありません。
例えば、アメリカの調査で優良企業を対象に調べたところ、女性 CEO の方が男性 CEO より決断が早かったということも分かっています。
もちろん男性にも色々な人がいて女性にも色々な人がいるわけです。このような複雑さを理解できないと、差別主義者になってしまい物事を決めつけるようになり、女性を苦しめるようなことをしてしまうようになります。

このような人は男尊女卑的な考え方になる可能性が高く、男性は外で働いているから偉くて女性は男性に従うべきというようなことを言い出すので後悔します。
ところが、このような男性は結婚する前は男らしくて優しかったりします。結婚すると変わってしまうタイプです。

2. 右翼的志向が強い

このような物事を単純にしか捉えられない知能の低い人は右翼的な思考も強いということが最近の研究で分かっています。
これは新しいものを受け入れられないということです。伝統やルール、常識や世間体といったものを家庭よりも優先します
ですから、家庭を犠牲にしてでも世間体をよくしようとしたり自分の見栄を張るのようなことをしてしまいます。
このような人と家庭を作ると当然ですが不幸になります。

3. 時代に取り残される

このような偏った思考を持ち亭主関白な人でも成功している人がいるというような反論もあるかもしれませんが、確かに昔はそれでも問題はありませんでした。
それは今の時代ほど時代の変化が激しくなかったからです。
前述の通り亭主関白な人や男尊女卑な人は知能の低い人です。知能が低いから物事の複雑さを理解できないし変化に対応できない人です。
つまり、柔軟性がないということです。これからの社会ではいつも言っていますが柔軟性がとても重要になってきます。

昔であれば、5年先や10年先がどうなるかということはある程度予想がつく人もいたと思いますが、今では5年後や10年後に世界がどうなるかということは誰にも分かりません。5Gの時代が訪れたら世界はどうなるのかということは誰にも分からないわけです。
時代の変化が今までよりも圧倒的に早すぎて、それにより先を予測することができません。
このような時代には、どのようにして時代についていくのか、どのように柔軟に自分の考え方も変えて時代に追従するのかということが非常に重要になってきます

亭主関白や男尊女卑的な考え方を持つ人は、考えが古すぎる上に、そんな古い考え方から逃れる事が出来なくなり、新しい考え方を受け入れるだけの知能がありません。
ですから、経済的にも将来性が低いと言えます。
女性の皆さんは、たとえ今は会社を経営していてしっかり稼いでいるからと思っても、このような人と結婚するとあっという間に会社は破産したり経済的にもメリットがなくなってしまう可能性が非常に高いです。

普段の会話で決めつける発言をしていないか?

女性の皆さんは、物事を単純に、ステレオタイプ的にしか捉えることができない男とは結婚しない方が賢明です。
例えば、日韓問題などを話題にしてみて、韓国人は・・・とか決めつけてしまう場合は危険です。複雑性を捉えて発言できるかどうかというところを注視してみてください。
物事を決めつけてしまう知能の低い人とは、人としても付き合わない方がいいと思いますし、もちろんパートナーとしてもお勧めできないと思います。

男性は成功したいなら奥さんを幸せに!

ちなみに、男性の収入は結婚生活の満足度にかなり左右されるということが分かっています。
結婚生活に対する満足度が高くて夫婦円満な人の方が、収入は高くなり出世も早くなるということです。男性が仕事で成功する可能性や仕事に集中できるかどうかということは、家の事を考えなくてもよくて仕事に集中できるかどうかで決まってきます。
ですから、男性は仕事で成功したいのであれば、奥さんをちゃんと幸せにしてあげないといけません。
むしろ、奥さんが家の事を色々としてくれるからこそ、自分の収入が高くなったり経済的に成功していくことができるわけです。
そう考えると、奥さんが買ってくれたプレゼントに対して、それ俺の金だよねと言った男性はおそらくたいしてお金を稼げていないと思いますし、これからも稼げない人だと思います。
このような男性には関わらないことをお勧めします。

やばい男を見分けるためのおすすめ動画
やばい恋人の見分け方〜これ以上恋愛で傷つかないための
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1524476615

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797611421206


他の人はこちらも検索しています

-恋愛・結婚
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.