メンタル強化 健康・ダイエット

体も心もムダに疲れていく【やばい口グセ】

この知識はこんな方におすすめ

  • 最近ダルくてやる気がしない
  • 心身ともに疲れている気がする

知らず知らずに増えているかも?!

今回はやばい口癖について紹介したいと思います。
体も心も無駄に疲れていってしまう人のやばい口癖についてです。

皆さんの周りにも結構いるのかもしれませんし、ちょっとしたら皆さん自身がそうかもしれませんが、特別頑張ったわけでもすごい仕事をしたわけでもないのにだから疲労感を感じていたり、休日だというのにため息ばかりついて心や体がすり減っている人がしてしまいがちな口癖があります。

人間の肉体の状態やメンタルの状態と言葉の選択には実は密接な関わりがあります。

呼吸とメンタルの状態というものも密接に関わっているものだということを紹介したことがあると思います。
呼吸というものは無意識に普段していますが、意識してそれをコントロールすることもできるはずです。
ここから意識と無意識の境目というものが呼吸にあるということに注目して、呼吸をコントロールすることからメンタルをコントロールすることができるのではないかということが瞑想などの考え方の根底にはあるわけです。

このような人間が無意識のうちにしたり意識的にしたりすることとしては呼吸以外にもあるのではないかと僕はずっと考えていました。

スポンサーリンク

例えば、パートナー選びにおいて、どのような人に好意を持つかとかどんな人に魅力的だと感じるかということは人生のその時々によって違うのではないでしょうか。
以前は気が強めの女性が好みだったのに急に穏やかな人が好きになる人もいるでしょうし、派手な女の子が好みだったはずなのに自分が結婚を意識し始めたら急に家庭的な女の子を好むようになるという人もいるかと思います。

女性でもいわゆる肉体派で頼りになりそうな人が好みだったという人が、いつからかそういう人よりも優しくて家事にも協力してくれそうな人を好むようになったり、このような人間の異性に対する好みというものも無意識のうちになんとなく変わったりもするものです。

このような無意識のうちに決まったりもするけれど、意識でもコントロールすることができるようなものというのはその人のメンタルの状態が結構現れたりするものです。

他にも無意識に皆さんが日々選んでいるものがあります。
それが言葉です。

言葉の選び方と心身の状態

言葉の選び方によってその人の心の状態や肉体の状態が分かるのではないか、あるいは、その人の口癖を変えることによって、もしかしたらその人の性格を変えるきっかけになるのではないかというような研究があります。

今回参考にしている研究はピッツバーグ大学によるもので、人間の肉体的な健康が言葉に表れているのではないかということを調べてくれています。
35000人が書いたブログと1567人の大学生が書いたエッセイを分析して、それぞれの人の言葉の使い方と健康レベルについて関係があるのかということを調べています。

今回の研究では肉体の健康について調べられたものですが、肉体の健康というものはもちろん精神にも影響を与えるものですから、肉体の健康状態として悪くなってしまうとメンタルも悪化してしまうでしょうし、体を鍛えたり健康で気になると考え方も前向きになるということもあります。
肉体と精神というものはよく分けて考えられるものではありますが、そのような意味では僕は分けて考える必要もないとは思っています。

スポンサーリンク

この実験では、ブログやエッセイを大量に集めてその中の言葉の使い方を調べて、例えば、ポジティブな言葉の多さやネガティブな言葉の多さなどから言葉の使い方の傾向が見えてくるので、それとそれを書いた人の健康状態を比較して何か関係があるのかということを調べようとしたわけです。

以前にいわゆる言霊というものはありますかという質問を頂いたことがあります。
自分の発した言葉というものが他人や自分に対して影響を与えるというような少しスピリチュアル的な話ではありますが、これももしかしたら科学的に証明することができていないだけで存在するのではないかと思う思います。

このような内容も少し調べるとやはり研究としても関わりのありそうな内容は出てくるわけです。
この研究は、特定の言葉を使うことによって健康に影響があるのか、あるいは特定の健康状態にある人が特定の言葉を使いやすくなるのかというような因果関係なのか相関関係なのかという問題はありますが、いわゆる言霊に近いような意味での言葉の力について理解することはできるかと思います。

その結果分かったこととしては、ネガティブな感情を表す言葉を多用している人は健康状態が悪く孤独を感じていたり幸福度が低下している上に、メンタルの状態も落ち込んでいるという傾向が確認されています。

ですから、ネガティブな言葉ばかりを発している人は、健康状態が悪く人間関係が悪く孤独で、幸福度も低くメンタルも弱っている可能性があるということです。
ネガティブな言葉ばかりを使っている人は肉体的にも精神的にも弱っているかもしれません。

逆に、ポジティブな感情を表す言葉を多用している人はやはり健康状態がよく、うつ病や神経症の傾向が有意に低いということでした。

ネガティブな言葉が思いつきやすくなってしまう!

ですから、もちろん精神状態も含めた上での人間の健康状態というものは、その人が使っている言葉である程度予測することができるのかもしれないということです。

スポンサーリンク

これは当然と言えば当然ですが、体調が悪かったり体の調子が悪いという人は、今ストレスがやばくてとか仕事が辛いとか、何もやる気がしないというような言葉をたくさん使ってしまうわけです。

自分のネガティブな感情を発することが口癖のようになっていると、それはかなりやばいのかもしれません。

もちろん、この研究では体調が悪いからネガティブな言葉が増えるのか、それとも、ネガティブな言葉が増えたから体調が悪くなったのかということはわかりませんが、研究チームのコメントを見てみると、日常生活においてネガティブな感情を抱えている人たちは、表現としては微妙な違いがある言葉であってもネガティブな言葉で表すことが結構多いようです。

例えば、ポジティブな状態にある人であれば、新しい仕事が舞い込んできた時にこれで自分はスキルアップすることができるとか、この仕事が少し大変そうだけれどこれを乗り越えることができたら自分に自信を持つことができるだろうし、これは自分にとってチャンスになる試練なんだと捉えるようなことであっても、ネガティブな人の場合には、また新しい仕事がきたけど面倒なだけだと感じてしまうこともあります。

もちろん、体調が悪かったり疲れている時にはやる気も出ないのでネガティブな言葉も出やすくはなります。
このような時にネガティブな言葉を実際に発してしまうと、それを脳は学習して慣れてくるのでネガティブな言葉が出やすくなります
そうなると、そこから少し体調が良くなった状態であっても、舞い込んできたことに対してポジティブな面を見るのではなくネガティブな言葉が最初に思いつき、その自分の思いついた言葉によって自分の思考が縛られることになり、そこからさらにメンタルの状態が悪くなってしまうというような影響もあるのではないかと考えられます。

自分の知っている言葉に縛られる

先行研究を見てみても、人間というものは自分の知っている言葉に縛られるということがあります。

ですから、僕はよく語彙力は伸ばした方がいいとか本をたくさん読むようにした方がいいとか、文化の違う複数の言語を学ぶことはとても重要だということを言ったことがあると思います。

これは皆さんが知っている言葉が皆さんのメンタルや思考を縛るからです。
ということは、これは逆に言えばたくさんの言葉を知っていたり、ひとつの感情に対しても様々な表現ができるようになったり、同じ物事に対しても複数の言語を背景にそれを考えてものの見方を変えることができるようになって語彙力のバリエーションを多く持っていると、人はメンタルをコントロールしやすくなるという効果があります。

これはネガティブな言葉を使うと幸せが逃げていくという自己啓発のセミナーの人たちがよく言うようなことを肯定しているわけではなく、普段からネガティブな言葉ばかりを使っていると、何かあった時にその言葉がすぐに頭の中で出やすくなるということです。
人間というものは自分が思いつきやすい言葉やよく使う言葉に対してメンタルや思考が縛られる傾向がありますので、同じ物事に対してもネガティブな捉え方ばかりしてしまう人は、それによって他の場面でも自分の思考を制限したりメンタルを悪化させることにつながってしまいます。

スポンサーリンク

言葉の使い方を変えましょう。
あるいは、語彙力を高めることによって違う表現を使えるようになりましょう

例えば、同じ嫌なことであってもそれはどのように嫌なことなのかということまで考えるようにしてください。
自分にとって本当に無駄だから嫌なことなのか、それとも、面倒なことだけれど乗り越えることが出来れば自分にとってプラスになるかもしれないことなのかなど微妙なニュアンスの違いはあるはずです。
その違いに対してちゃんと目を向けるようにしてほしいということです。

実際に、ネガティブな人生経験を多くした人はそれは仕方ないことではありますが、自分の周りの世界やそれまでに経験した内容を基にして全てを理解しようとするので、ネガティブな言葉ばかりを多く身につけている傾向が高い可能性があるそうです。

そのような過去にネガティブな経験をたくさんした人ほど、日常の全ての出来事に対してネガティブな言葉で表現することが増えて、それが結果として感情や体調を悪化させている可能性もあるということを示したのがこの研究です。

まず出来ることとして・・・

僕も決してもともとポジティブなタイプではありませんでした。
ですが、あることをしたおかげで自然とポジティブに物事を見ることができるようになりました。
これは無理やりポジティブになろうとか考えようとする必要はなく、最初はゲームのように取り組んで頂けたらと思います。
言葉の語彙だけ変えるようにしてみてください。

スポンサーリンク

まずは自分がよく使うネガティブな言葉を5つピックアップしてみてください
これは今すぐ思いつくことができなくても構いませんので、その場合には2日から3日程かけて自分が自然と思いつく言葉に気づいたらそれをメモするようにしてください。

例えば、だるい、めんどくさい・・・というような言葉がよくあると思いますが、そんな自分がよく使うネガティブな言葉を5つピックアップしてメモしてください。

この5つがピックアップできたら、それぞれに対しての捉え方を変えていきます。
無理やりポジティブにするのではなく、自分にとってポジティブな面もあるということに気づける方向に変えるようにしてください。

例えば、「めんどくさい」だったらどうなるでしょう。
僕の場合は、「今すぐすれば楽になる」に変えました。
こうすると、ゴミを捨てるのが面倒だと感じた時には、これも今すぐしたら楽になると考え直すことができるようになります。

勉強でも仕事でも何か大変なことが舞い込んできたとします。
それも「大変だ」ではなく「これは成長に繋がるかもしれない」と言い換えます。

このように自分がよく使う5つのネガティブな言葉を「一理あるポジティブな言葉」にひとつずつ言いかえてみてください
それをするだけで人間は物事の見方がかなり変わります。
このようにして自分のメンタルの構造を自分で変えていくのもいいのではないでしょうか。

ネガティブな感情の活かし方のためのおすすめ

ちなみに、ネガティブな感情の全てが悪いというわけではありません。
その利用の仕方を理解することが重要です。

例えば、不安や心配という感情も決して悪いものではなく、不安を感じているということは準備をするべきだと自分の脳が促してくれていると考えることができれば、その不安を力に変えることもできるようになるということもあります。

このようなネガティブな感情を活かすための方法というものはたくさんあり、今回のおすすめの動画としてはそんなネガティブな感情の活かし方について学べる動画を紹介しておきます。
僕が知識の Netflix を目指して作った動画配信サービスであるDラボは、今なら20日間無料で使うこともできますのでぜひチェックしてみてください。

ネクラなままで成功する!不安利用の心理学

おすすめの本としても、ネガティブな感情を活かして前に進む為に役に立つであろう本をいくつか紹介しておきます。

草思社
¥1,760 (2020/11/30 23:59:21時点 Amazon調べ-詳細)

自分のネガティブな感情を自分自身の力にするためにはこちらの本がとても参考になると思います。

こちらはいわゆるエクスプレッシブ・ライティングで、自分のネガティブな感情に捕らわれてしまい、その表現を変えたりする余裕もないぐらいの人の場合には、その感情をそのまま紙に書き出した方がいい場合もあります。
その方法について具体的に学ぶことができる本です。

¥1,012 (2020/12/01 03:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも後半の方では自分のネガティブさをポジティブな方向に変えていくための具体的なトレーニングなども紹介されていますので、かなり参考になると思います。

※Audible無料体験にて1冊無料
『究極のマインドフルネス』

そして、ネガティブな感情のコントロールという点ではマインドフルネスも役に立つと思います。
こちらはオーディオブックの方であれば今なら Amazon で一人一冊ですが無料で聞くことができるキャンペーンも行われていますので、まだの方はぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
ネクラなままで成功する!不安利用の心理学

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本

※Audible無料体験にて1冊無料
『究極のマインドフルネス』

草思社
¥1,760 (2020/11/30 23:59:21時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,012 (2020/12/01 03:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料



リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は科学の面白さを伝えることを目的としたエンタメです。なるべく多くの方に、科学的思考に興味を持ってもらうために、参考資料や過去の動画を元に、大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。動画の結論は実際の研究とは異なる場合があります。
僕は文献を読むのが好きなタダの理系であり、専門家ではありません。また、多くの科学者とも同じように人間ですから、間違うことも多々あります。実際に知識を利用する際にはご自分で調査するか、専門家に相談してください。
参考:https://www.nature.com/articles/s41467-020-18349-0

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 健康・ダイエット
-, , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog