習慣の科学

あなたの1年があっという間に終わってしまう理由とは?

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

あっという間に1年終わってしまいますね。

どうもここ最近、1日、1月、1年があっという間に終わってしまうなぁと思っていませんか?

もちろん、集中して何かに取り組めば、時間はあっという間に過ぎていくものではありますが、その場合は、1年の終わりには達成感を伴うはずです。

もしあなたが、その達成感が感じられないなら・・・、あっという間に終わってしまった、でも去年となにも変わってない、そう感じるならば、注意が必要です。

「あなたの時間が盗まれている」可能性があります。

この時間泥棒とは一体何なのか?

それは、

気づかないうちに、ほとんど反射的に行う動作

です。

反射的に行うので、時間を使っているという感覚はありません。意識しなければ気づかないので、改善することも難しいです。

具体的に言えば、

  • スマホの通知によってもたらされる反射的な行動(返信やメッセージのチェック)
  • 特に意味のない整理整頓、勉強前の掃除
  • 90%は目的と関係ないものを見ているインターネット

こういったものです。
当たり前のように体が反応してしまう、特にスマホの通知というのはクセモノです。

不思議なもので、私達はメディアの洗脳なのか、社会的な規範という病なのか、

スマホの通知、LINEやメールや電話には、否応なしに即時の反応をすることが、刷り込まれているようです。

この無駄な無意識の反応をいかに消せるかで、本当に大事なことに時間を使うことができるようになります。

おすすめの方法としては、

  • 通知を切って、メールや連絡はまとめて決まった時間に行う
  • 掃除をしなくてもいいように、物を減らす&お掃除ロボットを導入する
  • 普段は見ないサイトに行くと警告を出すソフトを導入する
  • スマホを見ている時間を測る
  • スマホを満充電しないで使う(70%程度にしておく)
  • 使う時以外は機内モード

などなど、

無意識に行っている動作を自動化するか、思い切ってやめてみましょう。

このように、無意識の動作を大掃除すれば、家の大掃除よりもスッキリと新年を迎えることができるでしょう。

スマホ依存、ネット依存かな、気をつけようかな・・・という方はこちらも参考にしてください↓

ネットがやる気を奪うワケ〜ネット中毒脱出法

タグ

-習慣の科学
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.