学習法・記憶法

読んだ本を1.5倍も記憶に残す方法

この知識はこんな方におすすめ

  • 本の内容を忘れたくない
  • 勉強した内容を覚えておきたい

たった3分で記憶力を1.5倍にブースト!

今回は、たった3分で記憶力を1.5倍にもブーストする方法について紹介したいと思います。

例えば、テスト前や大事な会議の前、本を読む前などに、記憶にできるだけ自分がこれからすることを残しておきたいと思うことは結構あるはずです。
そんな時におすすめ方法について紹介させてもらいます。

僕の場合は1分30秒ぐらいでできますが、事前にたった3分あることをするだけで人間の記憶力はブーストして、実験では1.5倍にも記憶力が上がったという結果が確認されています。
しかも、これを継続していくと頭も良くなっていくという方法になります。

記憶力が上がってもなかなか集中力を保つことができないという人も結構多いと思います。
そんな方には今回のおすすめの動画の「超集中2.0」というシリーズをぜひ参考にしてもらいたいと思います。ぜひ併せてチェックしてみてください。

シリーズ【超集中力2.0】

人間の頭の良さというものはある能力と相関しているということが分かっています。

それは・・・脚力です。

実は、脚力を鍛えることによって頭が良くなるとか記憶力が良くなるということを複数の研究が示してくれています。

脚力を鍛えると頭が良くなる?!

ロンドン大学の研究で324人の双子の健康データを解析するという研究があります。
全員のライフスタイルや記憶力、思考力などさまざまなデータが含まれていて、調査期間としては10年間に及んでいます。
双子ですからベースの部分は同じなわけですので、頭の良さなどがどのようなことから決まってくるのかということを調べようとしたわけです。

その結果分かったこととして、頭の働きは脚力の強さと比例しているということが分かっています。
当然、食生活や睡眠の状態などからも影響を受けますが、最も頭の良さと関連していたのは脚力だったということです。

双子でも普段どれくらい運動をしているかというようなことから脚力は少なからず変わってきます。
遺伝子が同じで頭の良さは基本的に同じであっても、脚力を鍛えることによって双子でさえも頭の良さに差が出るのかということをこの研究では調べたわけです。

その結果、遺伝子が同じ双子であっても脚力が強い人の方が頭が良かったという結果が確認されました。
睡眠の質や食生活と同じかそれ以上に頭の良さと相関していたという驚く結果です。

いわゆる IQ としては遺伝子で生まれつきほとんど決まってしまうものだとされていますが、後天的に後から人間の脳を鍛えようと思えば、脚力を鍛えるというのが一番良い方法だということになります。

研究者のコメントとしては、脚力が違うだけで、遺伝子が全く同じである一卵性双生児の脳の認知機能にかなりの差が出たと言われています。
ここまでの差が出るというのはかなりの興味深い現象だとされています。

ですから、脚力を鍛えることに繋がるようなライフスタイルに変えるだけでも、人間の脳も体もかなり良い状態に保つことができるのではないかということになります。
遺伝子が全く同じだったとしても、足を鍛えるだけで脳機能はブーストするということです。

わずか3分程度の足の筋トレで・・・

脚力を鍛えると言われても何をどのようにすればいいのかがわからないという人もいると思います。

もちろんバーベルを持ってスクワットしてもいいでしょうし、僕もしているHIITのトレーニングをしてもいいと思いますし、トレッドミルのようなトレーニングでも足を鍛えるトレーニングならどんな方法でもいいと思いますが、足のトレーニングとしてはわずか3分程度するだけでも効果が出るのではないかという研究があります。

別の研究で、レッグエクステンションという脚力を鍛えるマシンで参加者に50回だけ行なってもらうという実験があります。
それから2日後に記憶力に関するテストを受けてもらったところ、その足を鍛えるトレーニングを行ったグループはそうでないグループに比べて50%もエピソード記憶の能力が高くなっていたという結果が確認されています。

つまり、たった50回足を鍛えるトレーニングを行なっただけで、エピソード記憶の能力が1.5倍にもなっていたということです。
エピソード記憶というのは特定の日時や場所などに関連する記憶で、簡単に言うとストーリーにまつわるようなことを覚えておく記憶力のことです。
足の筋トレを行うだけでその能力が1.5倍にもなっていたということです。

筋トレをすることによりドーパミンやアドレナリンが分泌されて、それが感情に対して刺激を与えてエピソードを覚えやすくなるのではないかと言われています。

ということは、これは別にレッグエクステンションのマシンがなくても、これから本を読もうとか集中して何か覚えたいと思ったら、その場で50回だけスクワットをするということでもいいと思います。
スクワットをして脚力を鍛えるだけでも本の内容を頭に残しやすくなったり、テスト勉強の内容が頭に残りやすくなったりします。
ぜひ皆さんも試してみてください。

勉強や読書にもっと集中するためのおすすめ

そう言われても読書をしようとか勉強をしようと思ってもなかなか集中力が続かないという人もいると思います。
記憶力を高めるためにも物事に対して集中したいという方には、ぜひ参考にしてもらいたい動画として「超集中2.0」というシリーズがあります。

シリーズ【超集中力2.0】

今なら20日間無料で見ることができますので、独自動画サービスであるDラボから見てみてください。

運動を習慣化するためのおすすめ本

脚力を鍛えるような運動が大事だとわかっていてもなかなか続かないという人も少なくないと思います。
そんな方には、僕の本ですがこちらの本を参考にしていただけたらと思います。

心理学的なテクニックを使って今まで三日坊主で終わっていたような習慣でさえも確実に身につけるための方法についていろいろと解説した内容になっています。

『超習慣術』

ちなみに、こちらの本はオーディオブック版も出ていて、こちらはなんと今なら Amazon で無料で聞くことができるキャンペーンを行っています。
これ以外も、通常3000円ぐらいするものが1人1冊ですが完全に無料ですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
シリーズ【超集中力2.0】

今なら20日間無料!

運動を習慣化するための方法はこちら

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26551663/
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0001691814001577

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-学習法・記憶法
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog