人間関係

親友になるのに何時間かかるか判明

2019年3月6日

親友になるのに何時間かかるか判明

DaiGo MeNTaLiST

友達はどこから友達でしょうか?どれぐらい一緒にいると友達でしょうか?あるいは、何をすれば友達になれるのか?
色々あるとは思いますが、友達を作るためにはどのぐらい時間がかかるのかということが研究により分かっています。さらに、興味深いのは喋らなくてもいいということです。

話した回数や会話量というものは実は友達になれるかどうかに影響を与えていないということです。
一緒に過ごした時間が一定時間を超えると自動的に深い友達になることがあったとのことです。
冷静に考えれば、話さなくて一緒に居られる関係というのはその時点で結構いい関係とも言えるかと思いますが、仲良くなるために一生懸命話さないといけないと人は思いがちですが、実際はあまり関係ないわけです。

友達になるために必要な時間

基本的には、いい友達や人間関係があると寿命も延びるし健康的にもなりモチベーションも上がるのでいいことばかりですから、友達を作ることは大事ですが、友達を作るにはどれぐらいの時間が必要なのかということがカンザス大学の研究で分かっています。

429名を対象にオンライン上で過去半年の間に新しい街に引っ越して新しいコミュニティーに移った人たちを追いかけ、新しく出会った人たちとの関係がどのように変わっていくのかということを定期的に尋ねていきました。仲良くなるのにどれぐらいの期間と条件が必要なのかということを調べたわけです。さらに、新しい友達と過ごす時間や仲の深まり具合を分析したということです。

結果としては、平均で50時間会うとカジュアルフレンド(時々顔を合わせる程度の友達)になれました。
平均で90時間会うと関係性はアップグレードされ気の合う友人になります。さらにその上の親密な友人になるには200時間必要でした。

  • 50時間ぐらいでカジュアルフレンド
  • 90時間ぐらいで気の合う友達
  • 200時間会えば親密な友達

になることができるということです。

200時間程度一緒に時間を過ごせば親密な友達になれるということです。逆に言うと、200時間顔合わせても友達になれないということは自分自身か相手に問題があるということです。

誰とでも時間を過ごすと仲良くなれるの?

とはいえ、いろんな性格の人がいますからどんな人でも200時間一緒に過ごせば親密になれるのかと言うとそうではありません。この実験は同じ時間を過ごせば誰でも仲良くなれるということを証明したものではありません。

研究者は2つのタイプに人間関係を分けていて

選択的人間関係

あの人と話したいと自分の意思を持って自分で誘ったり誘われたりする自分で求めてするコミュニケーションのことを選択的人間関係と言います。

閉鎖的人間関係

環境のせいで会わないといけない人間関係のことです。会社の同僚やたまたま近所に住んでいるだけの人というような自分の意思ではなく一緒にいるコミュニケーションを閉鎖的人間関係と言います。

選択的人間関係でないと今回の友達になる時間というものは適用されません。

  • 自分が会いたいと思って50時間一緒に過ごせばカジュアルフレンド

  • 自分が会いたいと思って90時間一緒に過ごせば気の合う友達

  • 自分が会いたいと思って200時間一緒に過ごせば親密な友達

自己選択による200時間の一緒に過ごす時間があれば親密な友達になれるということです。学校や会社で毎日のように顔を合わせる人でもはっきりとこの人と仲良くなりたいという意思がないといくら同じ時間を過ごしても仲良くはなれないわけです。
自分で選んで人間関係を作ることがとても大事だということです。

選択的人間関係であれば一緒に過ごす時間は親密性と関係があるということです。ところが、その間にどのくらい話したかということは親密さと関係がありませんでした。
200時間ずっと活発な議論を交わしたような友達であっても、200時間あまり喋ってはいないけれどなんとなく気が合うから一緒にいた友達でも、選択的人間関係で200時間を越えればどちらの場合も親密になれるということです。
コミュニケーションがうまいかどうかや口下手かどうかということは関係がないとなります。

この人とただ仲良くなりたいという意思を持って会う時間を増やすことが大事なわけで、うまく喋ろうとか利益を与えようということは二の次でいいということです。

スポンサーリンク

 

親友を作りたいなら

親友と呼べる人がいないとかあまり親密になれないという人は、往々にして誘っていません。自分で選択して行くのではなく呼ばれたからなんとなく行くぐらいしかしていません。自分で選択して決めて行動することが大事ということです。

仕事場で親友がいるとモチベーションが上がるという話を以前紹介しましたが、 親友が仕事場にいるということはなかなかないという人も多いと思います。

人生の満足度をあげる人脈とは

人間関係で職場は選ぶ 人間関係で仕事のモチベーションは大きく左右されます。 良い人間関係を持っていることは、規則正しく健 ...

続きを見る

親友になりたい人がいるのであれば200時間一緒に過ごすために自分から遊びに誘ったり飲みに誘ってみる、その際、相手にも無理をさせることなく相手の意思も尊重するようにして200時間一緒に過ごすことができれば親密な友達にはなれるはずです。

今回の研究はオンライン上のコミュニケーションは含んでいませんので、親密な関係の友達が欲しいのであればやはりリアルで会うことが大事だと思われます。

プラスαで参考にして欲しいおすすめ動画
やる気を8倍にブーストさせるトモダチ選び
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1525281504
コミュ障でも5分で人脈をつくれる方法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1525704925
いい人のふりして攻撃してくるカバートアグレッション対策
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1548552722

参考
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0265407518761225?journalCode=spra


他の人はこちらも検索しています

-人間関係
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.