人間関係 習慣

TikTokで人生を棒に振る人の2つの特徴

この知識はこんな方におすすめ

  • Instagram が常に気になる
  • TikTok を見はじめたら終わらない

Instagram や TikTok にハマってしまう人の正体とは?

いわゆる SNS 中毒は何かと問題になっており、特にInstagram 中毒や TikTok 中毒という人も多いのでしょうが、これはどのような人がなりやすいのでしょうか。
今回はその正体について解説したいと思います。

僕の独自動画配信サービスである D ラボの方でも解説した動画を紹介していますが、人間の脳を狂わせる刺激というものはいろいろとあります。
これを超常刺激と言いますが、そのひとつにはスマホや SNS というものが含まれています。

【もはや中毒】減らすと人生変わる5つのモノ【超常刺激】

断捨離やミニマリズムが流行っていますが、当然ですが人により減らすべきものは違います。 僕の場合であれば仕事や予定を減らそ ...

続きを見る

そんなスマホや SNS の中でもInstagram のような画像や TikTok のような短い動画になると永遠に見てしまうということも多いのではないでしょうか。
このようなものにハマってしまい人生を棒に振ってしまいやすい人の特徴としては何かあるのかということを調べた研究をもとに今回は紹介したいと思います。

このような SNS 中毒の対策であったり、逆に、SNS を使ってフォロワーを集めてお金を稼ぐための方法についても D ラボの方で解説した動画がありますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

「いいねがもらえる心理学」

他の人が何をしているのか気になってしまう・・・

2020年にノースイースタン大学などのチームが行った研究で、参加者の性格や SNS の使用状況と同時にFOMOレベル(Fear of missing out:取り残されることへの恐れ)というものをチェックしています。

このFOMOレベルというものは、自分がいない時に他の人が何か楽しいことをしているかもしれないという不安を感じる傾向のことで、このレベルが高くなると他人が何をしているのかということが気になってしまいます。

今友達は何をしているのだろうかとか、今ネットの世界では何が起きているのだろうかということが気になって仕方がないわけです。

つまり、SNS 中毒になる人の正体のひとつとしては、自分が SNS を見ていない間にそこで面白いことが起きていたら取り残されてしまうというようなそわそわした感覚によるもので、それを気にして次々と見続けてもっと面白い投稿や動画があるのではないかと終わらなくなってしまうということです。

この実験で参加者のそのFOMOレベルをチェックした上で、それぞれの SNS の使い方もチェックしています。
フォロワーの数や投稿の数や内容、コメントの内容などと性格を調べたところ、ある2つの特性を持っている人が SNS 中毒になりやすいということが分かっています。

外向性

FOMOレベル

この2つの特性によるということです。

外向性が高い人は?

外向性が高い人とは、心理学的に言うと新しい人とも付き合うことが上手だったり、人付き合いが上手で初対面の人とも仲良くなることが得意な人です。
この外向性が高い人は SNS でアクティブに活動する傾向があったということです。

ですから、ネットは昔であればなんとなくオタクの人が使うようなイメージがありましたが、SNS に関しては外交的なリア充が結構使っているということです。

外向的な人はInstagram よりも Facebook に対して多くの時間を使っているそうです。
つまり、Instagram や TikTok に写真や動画を投稿するよりも、外向的な人は人と人とのやり取りが好きなので、Facebook や LINE などの人との繋がりを求める方に時間を使う傾向があるわけです。

外向性が高い人はそうでない人に比べて人との繋がりが欲しいので投稿に対する反応率が高かったということもわかっています。
いいねをつけたりコメントをすることが多かったわけです。

メンタルが弱い人は?

心理学的には神経症的傾向が高い人となりますが、メンタルが弱い人ほど他の性格特性に比べてInstagram に対しては肯定的だったということも分かっています。
つまり、メンタルが弱い人ほどInstagram は見ているということです。

ただ、メンタルが弱い人は Instagram はかなり見るわけですが、投稿の数は少ないということです。

ですから、投稿するというよりはInstagram や TikTok をついつい見続けてしまうという人はメンタルが弱い人が多いのではないかということが指摘されているわけです。

メンタルが弱い人は投稿したりフォロワーを集めるために SNS を使うのではなく、ただただひたすら他の人の投稿を見続けてしまうというある意味儲からない使い方をしてしまう傾向があるということがここから考えられるということになります。

誠実性が高い人は?

誠実性が高い人は1日あたりの SNS の利用時間そのものが少なかったということも分かっています。

これは考えれば当たり前と言えば当たり前ですが、仕事や勉強などひとつのことに一生懸命になれる傾向が強いわけですから、確かに SNS をあまり使わないだろうとは考えられます。
コメントやいいねの数はそれなりに多かったそうですが、誠実性が高い真面目な人は SNS をあまり使わない傾向があったということです。

FOMOレベルは?

自分が SNS を見ていない間に面白いことが起きているのではないかと気になってしまう傾向が高い人は、毎日の SNS の利用時間が極めて多かったということが確認されています。

Instagram ・TikTok 中毒になりやすい人は・・・

このようなことから考えると、Instagram や TikTok を見ている時に最近どんなものが流行っているのか気になるとか流行が気になるというような感覚であったり、もう少し見ていけば面白い投稿があるかもしれないという感覚が強いFOMOレベルが高くて、かつ、外向的な人ほどSNS 中毒になりやすい可能性が示唆されたということです。

逆に、Instagram にやたらと投稿したりすぐに Instagram を気にしているような人は外交的でみんなが何をしているか気になってしまう性格なのではないかということもこの研究から考えられます。

この研究ではTikTok のデータは扱われていませんが、画像や短い動画という点ではInstagramと近い傾向が表れるのではないかと考えています。

実際の人間関係が充実している人の方が Instagram やTikTok で時間を無駄にしやすいということもありますので、貴重な時間をあまり SNS に使いすぎないように気を付けていただけたらと思います。
使用時間としては長くても1日に1時間から2時間ぐらいにしておいた方が良いのではないかというデータも出ていますので、皆さんも気をつけてください。

SNS を仕事につなげるためのおすすめ

とはいえ、なかなか SNS を止めることができないという人もいると思いますので、それを止めるための方法や逆にそれを利用してフォロワーを集めて仕事につなげるという方法については D ラボの方で解説した動画がありますのでそちらもチェックしてみてください。

「いいねがもらえる心理学」

YouTube でも Instagram でもある程度フォロワーを集めることができればそこからビジネスにつなげることは可能です。
SNS のような放っておいてもハマってしまうような構造を持っているものが仕事になれば、勝手に仕事にハマりそこから収入を生み出すことができるということになります。

そのためにはいいねを増やしたりフォロワーを増やすための科学についても学んで頂けたらと思います。
いいねが増えたりフォロワーを増やす投稿をしたりバズる投稿するためにはどうすればいいのかということを解説した動画のシリーズになっています。
今なら20日間無料で使うことができますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

サービスの構造から学ぶためのおすすめ本

¥2,860 (2020/10/19 19:34:14時点 Amazon調べ-詳細)

YouTube などの動画配信がこれからどのようになっていくのか、そんな YouTube などのサービスを作った人たちがどのようなことを考えているのかということを学んでみるのもいいと思います。

多くの人はトレンドは追いかけてもサービスの構造自体を追いかけることをあまりしません。
だから多くの人が稼ぐ事が出来ないということもあると思います。
そのようなことを知るためにもこの本はとても役に立つと思います。



さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
「いいねがもらえる心理学」

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本
¥2,860 (2020/10/19 19:34:14時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:Kelly Moore et al.(2020)Fear of Missing Out and Personality as Predictors of Social Networking Sites Usage: The Instagram Case

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係, 習慣
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog