メンタル強化 健康・ダイエット

たった5日間で太らない【性格】になる方法

この知識はこんな方におすすめ

  • 人生幸せに生きていきたい
  • 自分の体が好きではない

5日間で太らない性格になる方法

今回は、たった5日間で太らない性格になる方法について紹介させてもらいます。

人の性格として、太りやすい人と太りにくい人がいます。
もちろん、体質として太りやすいとか太りにくいということであれば、皆さんもわかることだと思いますが、性格によっても差が出てきます。

欲望や挫折に弱い性格は、ダイエットの失敗やリバウンドに繋がりやすくなります。
例えば、負けず嫌いで物事に必死に取り組むことができる人は、誘惑に負けないということではなく、仮に誘惑に負けても、その後ダイエットに励むことができます。

ダイエットでお菓子を我慢しているのに、つい美味しそうなケーキがあったので食べたとします。
そこで挫折に弱い性格の人は、自分はなんてダメなんだと自己卑下したり、今日はもうどうでもいいと考えて焼肉を食べに行ったりします。
失敗を原因にして現実逃避する人です。

そうではなく、失敗してもへこたれることなくダイエットを続けられる人がいます。
これがダイエットで成功しやすくて太りにくい性格です。

太りやすい人と太りにくい人の違いについて調べた研究は様々ありますが、そんな中で、皆さんの性格を太りづらい性格に変えるための5日間のトレーニングについて調べてくれた研究があります。
このトレーニングで皆さんが太りづらい性格に自分を変えていくことができれば、長い時間をかければ自然と痩せていきます。

もちろん、今太っている人は、太りづらい性格になったとしても、そこから実際に痩せていくにはかなり時間はかかります。
ある程度運動したりカロリー制限をして、それなりに痩せた上で、それ以降無駄にリバウンドしたりドカ食いしたりするのを防ぐための性格です。

既に痩せている人は太りづらくなるでしょうし、ダイエットに取り組む人は、フィジカルな取り組みと一緒にメンタルのコントロールも学んでおいてもらいたいと思います。
メンタル的な問題が改善されていなければ、いくら痩せてもまた元に戻ってしまいます。

「その一口」を減らすセルフトーク

皆さんは、そんなにどうしても食べたいというわけではないけれど、何かしら自分の中で理由を見つけてつい余計に食べ過ぎてしまうという経験はありませんか?

「わざわざ食べなくてもいいけれど、せっかくだから食べておこう」

「そんなに食べたいわけでもないけれど、残してももったいないから食べておこう」

人はそれほど体が必要としないものを食べています
必要がないものを習慣的に食べてしまう癖がついている人は、当然ですが太りやすくなります。

例えば、無事にお菓子が食べたいわけでもお腹が空いているわけでもないのに、職場に差し入れでお菓子が届いたとします。
自分が必要としていないのであれば、断ればいいのに、せっかくだからとみんなと一緒に食べてしまいます。

つまり、「それほど食べたくないもの」に心を動かされすぎています。
こんな時に役に立つセルフトークを紹介しておきます。
3人称で自分に働きかけることによって、自然と健康的な食事をするようになるという研究があります。

これはミシガン大学が行った研究ですが、男女を集めて、半分の人たちには「健康的な食事や運動が大事だ」という動画を見てもらい、残りの人たちには健康やダイエットとは関係のない動画を見てもらいました。
その上で、健康的な食事とジャンクフードのような不健康な食事を見せて、どちらを選ぶかということを質問しています。

この際に、半分の人たちには、食べ物が表示されたら「私は何を食べたいのだろうか?」と自分に問いかけてもらいました。
残りの人たちには、同じ問いかけを3人称で行なってもらっています。
僕の場合であれば 、「DaiGoは何を食べたいのだろうか?」と自分に問いかけたわけです。

その結果、健康的な食事の大切さについての動画を見たかどうかは別として、3人称で自分に問いかけた人たちは健康的な食事を選びやすくなったということです。

つまり、「わざわざ食べるべきではない」 と冷静に考えればわかるような食べ物を目の前にしたり、今必要としていない食べ物を目の前にした時には、3人称で自分に問いかけてみてください。

「DaiGo、お前は何を食べたいんだ?」

一歩引いて自分に問いかけることによって、自然とジャンキーなものではなく健康的な食べ物を選択しやすくなります

研究チームによると、1日の摂取カロリーを数百kcal 減らすだけでも体重の増加を防ぐことができて、ダイエットの役に立つと言われています。
ちょっとした間食を減らすことによって、余計な体重の増加を防いだり、ダイエットの助けになるということです。

「◯◯は、何を食べたいのだろうか?」

「◯◯は、どんな欲求を抱いているのだろうか?」

「◯◯は、何をしたいと思っているのだろうか?」

つい余計な一口を食べそうになった時には、このようなセルフトークを使って自分に問いかけてみてください。

ボディイメージを改善するメリット

今自分の体型が気に入らないという人もいるでしょうが、少し痩せるくらいはすぐにできるので気にする必要はありません。
それよりも問題になるのはボディイメージです。

自分のセルフボディイメージが低下すると、人生の幸福度が低下したりします
この自己評価の問題を改善するとさまざまなメリットがあります。

まず、何よりも痩せやすくなります。
多くの人は痩せたり理想的な体型になるとボディイメージが良くなり、それによって自分に自信を持って堂々と振る舞えるようになると考えています。
まずは痩せないとボディイメージは向上しないと考えています。

ところが、最近の研究によるとこれは逆です。
セルフボディイメージが良い人ほど、実際に理想的な体型になれるということです。

つまり、まずはメンタルにアプローチしてボディイメージを向上させてから、ダイエットに取り組んだり体重を落とすことをしていかないと、失敗しやすくなるということです。

ボディイメージを向上する5日間

このボディイメージを向上するテクニックは色々とありますが、5日間で太らない性格になるための方法を紹介します。
1日にひとつのミッションをみなさんは課せられます。それを5日間こなしていくことによって、ボディイメージが改善されて痩せやすい性格になっていきます。

これは別に自分のボディイメージが悪いわけではないという人も、やっていただけると効果があると思います。
ボディイメージが良くなればなるほど、人は他人の目を気にしなくなります
人とは違う意見をはっきりと言えるようになったり、リスクを取れるようになったりというメリットもあります。

1日目:身体的考察

まず1日目には、自分の体が持っている機能について考えます。
例えば、「手」の機能としては「物をつかめる」「手触りの良し悪しを感じられる」などです。
自分の体で何ができるのだろうかということを考えて、それを思いつくだけ紙に書き出してみてください。

「運動機能」

わかりやすくするためには、まずは運動機能について考えて紙に書き出してみてください。
「足」に注目すれば、「歩ける」「飛べる」などになりますが、いろんな機能があると思います。

「健康機能」

体内の機能にも注目してみてください。
例えば、「心臓」であれば、「常に24時間365日動いて血液を体中に送ってくれている」となります。

「感覚」

人間が感じることができる五感をそれぞれ考えてみてください。
目や耳で感じたり、肌の表面で様々なことを感じると思います。

「創造的活動」

ダンスを踊ったり、体を使って様々なクリエイティブなこともできると思います。
パルクールなどもこれに含まれると思います。

「セルフケア」

例えば、「お風呂に入る」「瞑想」「昼寝」など行うことで、人間の体はリラックスするための機能も持っています。

「対人関係」

最後に、コミュニケーションに関する機能について考えます。
「話す」「聞く」「笑う」など、思いつくだけ体の機能について考えて紙に書き出してください。

スポンサーリンク

ここまで思いつくだけ書き出すことができたら、それを見ながら、「自分が書いた体の機能は、一体どんな意味を持っているのだろうか?」と考えてみてください。

例えば、皆さんの脚力がなかったとしたら、人生はどれくらいつまらないものだっただろうか? と考えることもできると思います。
あるいは、もし自分の目がなかったとしたら、自分は今何をしているだろうか? とも考えられます。

「体の機能を感じる」というのは、ボディイメージを改善するためにまず必要なことになります。
体には様々な機能があり、それによってあらゆる可能性が広がっています。

ところが、人が自分の体を評価する時にはどのように評価するでしょうか?
ほとんどが、その機能ではなく見た目の外見のみで他人と比べて評価しています。

体を評価する際に、なぜか「外見」だけで評価しています
体の機能に注目すると、実際には 、外見よりも機能の方がはるかに重要だということに気付けると思います。

例えば、皆さんの外見が自分が憧れるイケメンや美女そのものだったとします。
外見はとても素晴らしいですが、心臓がとても弱くて日常生活にも支障が出るぐらいだったらどう思うでしょうか?
「それだったらイケメンや美女でなくてもいい」と思うはずです。

外見は変えられるものです。
体の内面がしっかり機能して健康を維持することができていたら、運動したり生活を見直すことで痩せたり体を引き締めたりすることはできます

人間の体で重要なのは「機能」です。
それを理解した上で自分の体をまずは受け入れてください。
そうすると、外見は変えることもできると考えることができるようになり、自分の力でコントロールできるものになります。

これによってボディイメージが向上すると、先ほど紹介したように健康的な食事を選ぶようになりますので、一度痩せたら太りづらくなります。
ダイエットをすると、どうしても自分の体を責めたり体型の嫌なところばかりが気になります。
そのストレスによってドカ食いしてしまいます。
だからこそ、ダイエットというのは科学的に見てもとても難しい行為だと言われています。

2日目以降は、この体の機能について掘り下げていくフェーズです。
ここまででも十分に効果はあると思いますが、続きも今回のおすすめの動画からDラボでチェックしてみてください。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

⭐️断食の科学〜細胞レベルで人生変わる15のメリット

断食の科学〜細胞レベルで人生変わる15のメリット

ボディイメージ③5日間で太らない性格になる方法

ボディイメージ③5日間で太らない性格になる方法
[/su_box]
\本日のオススメ📚/

🍷おすすめ甘口ワイン

シャトー シガラス ラボー 2016 AOC ソーテルヌ 貴腐ワイン フランス ボルドー

『アダマス快進撃の始まりとなった2012年!希少なバックヴィンテージ!』

🍷アダマス テレス 2012年

『アダマス史上最高のヴィンテージの呼び名が高い希少な2015年!』

🍷アダマス キンタス 2015年

健康のためのおすすめ

📗人生が変わる 神レシピ

¥1,650 (2022/12/01 03:42:44時点 Amazon調べ-詳細)

📘本日の無料オーディオブック

短期間で〝よい習慣〟が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術

※AmazonのAudible無料体験で聞けます。無料期間中に聞いて解約すればお金はかかりません。

DaiGoの本がどれでも1冊無料で聴ける 詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

参考:https://daigovideolab.jp
https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/2167702619896366
https://ggsc.berkeley.edu/

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 健康・ダイエット