お金・ビジネス

テレワークに向いてる人の4つの特徴

テレワークに向いてる人の4つの特徴

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • テレワークに不安がある
  • テレワークに悩んでいる経営者
この知識を動画で見るならこちら

テレワークが向いている人向いていない人

このような状況なので、テレワークをしていたり何かと大変な人も多いと思います。
実際にテレワークで自宅で仕事をするようになると、なかなか集中できないし、やはり、自分には向いていないのではないかなと思う人や不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。

このように自分は向いていないかもしれないと不安になってしまうと、本当はテレワークが非常に向いているにもかかわらず、出来なくなってしまったりとてももったいないことになってしまいます。

今回はテレワークに向いている人の四つの特徴として、フロリダ国際大学のリサーチをベースにして、テレワークに向いている人と向いていない人の違いについて解説させてもらいます。
この四つの特徴から、テレワークの質を高めるための方法を行ってもらえれば、効率よくテレワークを進めることができるようになります。
そして、今会社としてテレワークを促進しないといけないという場合にも参考になる内容ですので、是非試していただけたらと思います。

今回のおすすめのアイテムとおすすめの動画として、様々な在宅ワークに役に立ちそうな動画とアイテムを紹介しています。こちらも後でチェックしてみてください。

おすすめの動画としては二つあり、一つ目は、テレワークに関する科学についてまとめて解説させてもらっている「【テレワークの科学】在宅勤務の効率を爆上げする方法」です。
在宅ワークは、仕事の量ではなく成果や質で戦えるようになりますので、是非こちらも参考にしてテレワークの質を高めていただけたらと思います。

そして、在宅ワークのテクニックなどを使っても質が高まらないという場合には、単に集中力の問題になりますので、「切れそうな集中力を維持する11の心理テク【カルガリー大学研究から】」も紹介しておきます。
集中力は鍛えて身につけることができるスキルですから、是非こちらも参考にしていただけたらと思います。

テレワーク4つのポイント

フロリダ国際大学のリサーチで、273人の会社員を対象にしたものがあります。
全員に自宅で働いてもらい、その効率を確かめるということを行っていますが、その際に、四つのポイントをチェックしました。

一つ目は仕事の複雑さです。
難しい仕事や頭を使わないといけない複雑な仕事をしている人は、在宅ワークに向いているのか向いていないのかということを調べたのが一つ目のポイントです。

二つ目は問題量です。
解決しなくてはいけない問題の量や、扱うべき問題の量が多い人は、在宅ワークに向いているのか向いていないのかということを調べたのが二つ目のポイントです。

三つ目は相互依存レベルです。
これは簡単に言うと同僚たちの助けをどれぐらい受けているかということです。普段一緒にチームで仕事をしているような人たちは、在宅ワークに向いているのか向いていないのかということを調べたのが三つ目のポイントです。

最後が、ソーシャルサポートです。
先ほどの相互依存レベルは、頼る同僚がいるのかどうなのかということですが、ソーシャルサポートは、周りから仕事の一部を行ってもらえるとか難しいところを助けてくれるといったことが多い仕事をしている人は、在宅ワークに向いているのか向いていないのかということを調べたのが四つ目のポイントです。

冷静に考えると、相互依存レベルやソーシャルサポートが多い人たちは、在宅ワークになると直接人に会えないので、在宅ワークには向いていないのではないのかと考えると思います。

基本的に「ほとんどの人が在宅ワークに向いている」

先に言っておきますが、在宅ワークはほぼ全員の方に向いています。
この 「向く」という定義にもよりますが、ほとんどの場合、会社で行なっている作業効率とほぼ同じレベルか、それ以上のレベルのパフォーマンスを発揮することができるのが在宅ワークです。
ですから、基本的にはテレワークにしたほうがいいのは間違いありません。

基本的にはテレワークにした方がいいわけですが、そんな中でも効果が上がりやすい人を調べたというのが今回の研究です。
その結果わかったこととしては、在宅ワークがとても向いている人の四つの特徴がわかっています。

複雑な仕事を抱えている人ほど

まず一つ目として、複雑な仕事を抱えている人ほど、在宅で仕事をした方がパフォーマンスが上がり、それだけでなく、会社からの評価も高かったということが分かっています。
つまり、複雑な仕事を抱えている人の方が、会社に行くよりも家出した方がはかどるし、仕事のパフォーマンスも上がったということです。
その上会社からの評価も高くなっていました。

問題の量が多い人ほど

そして二つ目として、解決するべき問題の量が多い人ほど、なんと在宅ワークが向いているそうです。
仕事をたくさん抱えていて、やらなくてはいけないことがたくさんある人ほど、在宅ワークに向いているということです。
在宅の方が、仕事もたくさんできるようになるしパフォーマンスも上がるということです。

普段同僚に頼っている人ほど

三つ目としては、普段同僚に頼っている状況が多い人ほど、実は、在宅で仕事をした方が在宅ワークのメリットを得やすくなるということも分かっています。
周りの同僚に頼っている人ほど在宅ワークをしたほうがいいということです。

ブラックな環境の職場ほど

そして最後に、自分のことをあまり支援してくれない職場、つまり、周りの人があまり助けてくれないギスギスした職場で働いている人ほど、在宅ワークのメリットを得やすくなったということも分かっています。

まとめると、基本的にはどんな仕事をしている人でも、自宅に仕事をした方がパフォーマンスは上がるものですが・・・

難しい仕事をしている人

仕事の量が多い人

同僚に頼っている人

周りが自分を助けてくれない職場で働いている人

この四つのポイントのいずれかを満たしている人の方が、テレワークをした方が実際の仕事の効率は上がるということです。

ですから、経営者の皆さんは、うちの会社はテレワークに向いていないなんて言っている場合ではありません。
在宅勤務にしたほうが仕事の効率が上がります。
むしろ、経営者は、いかに在宅勤務でできるようにするのかということを考えた方がいいと思います。

ちなみに、上司の指示の出し方さえしっかりしていれば、ほとんどの人が、在宅勤務をすることによりとてもパフォーマンスが上がるということも分かっています。
ということは、在宅勤務で仕事の効率が上がらないのは、ただ単に上司が無能なだけということにもなってしまいます。

在宅勤務のメリットを得られる理由

では、なぜ先ほどの四つのポイントを満たしていると、在宅勤務のメリットを得やすいのでしょうか。

まず、複雑な仕事を抱えている人や、抱えている問題ややらなくてはいけない仕事が多い人は、自宅で仕事をした方が邪魔が入らなくなります。
邪魔が入らないおかげで能率が上がるということです。人が仕事をしているのに、どうでもいい雑談を振ってくるよ上司がいたりしないわけです。

実際には、職場で仕事をしていると、仕事をしていても色々な邪魔が入ってくるものです。
人間の集中力というものにとって、邪魔されない環境がいかに大事なのかということをほとんどの経営者が理解していません。

ですから、複雑な仕事を抱えている人や、解決しなくてはいけない仕事の量が多い人ほど、在宅ワークをすることによって仕事の効率が上がるのは、結局は、集中力の問題だということです。

そして、職場で同僚に頼る人の方が在宅ワークで仕事の能率が上がるというのは、とても意外な気がすると思います。頼れる人がいなくなってしまうのに、なぜ仕事の能率が上がるのかということになります。
これは、自宅で仕事をした方が自立心が芽生えるからです。
自分の自宅ですし、同僚が目の前にいないし相談してもすぐに返事が返ってくるわけでもないので、自分でやるしかないという状況になります。
それにより、ちゃんと自分の頭で考えて仕事をするようになるので、最初は大変だとは思いますが、しばらく続ければちゃんと仕事ができるようになり、自立心が芽生え作業効率が上がるということです。

ですから、経営者の皆さんは、仕事ができないと考えている人ほどテレワークにしてあげたほうがいいということになります。
仕事ができない人をテレワークにすることによって、自力で問題を解決する手法を学んでくれるので、会社にとってもその方がいいはずです。
年功序列でただ上に上がり椅子に座ってふんぞり返り、特に仕事もしなくても給料がもらえている管理職の人達は、テレワークにされると非常に困るわけです。

そして、周りから支援してもらえない職場は、そもそもブラックな職場です。このようなブラックな職場は仕事の能率を当たり前ですがとても下げてしまいます
ですから、自宅で仕事をするようにしたほうがパフォーマンスが上がるということです。

これは考えれば当然のことですが、周りが助けてくれない職場なのに、なぜわざわざそこに集まる必要があるのかということになるはずです。

今こそテレワークの仕組みとルール作りを!

ですから、経営者の皆さんは、自分の会社を良くしたいとか競合他社に勝ちたい、有能な社員を育てたいと考えるのであれば、在宅ワークの幅を広げてください。
顔を合わせないといけない仕事であっても、実際には週に一回や二回で十分なはずです。

今こそ、社員全体で在宅ワークに取り組む方法を考えて、今のうちにそのシステムやルールを整えるということをしておいた方が、この先いずれ会社として飛躍できるはずです。
科学的根拠をもとに、在宅ワークを進めるべきだということを強く主張したいと思います。

研究者のコメントとしても、多くの労働者にとって、在宅ワークは明確にパフォーマンスアップが期待できる上に、デメリットはほとんど確認されなかったとされています。
中には在宅ワークでメリットを感じられなかった人ももちろんいましたが、パフォーマンスの低下が落ちる可能性はほとんどなかったということも分かっています。

最後にもう一度まとめておくと・・・

会社から難しい仕事が与えられたり、仕事の量が多いと感じている人ほど、在宅ワークにしたほうがいいです。

他人に頼ったり他人に甘えてしまうという人は、在宅ワークにした方が能率が上がるし成長します。

職場の環境が良くないギスギスした会社は、当然在宅ワークにした方が能率は上がります。

僕のお勧めとしては、やりがいのある仕事をしている人は、特に在宅勤務にしたほうがいいと思いますし、難しい頭を使う仕事をしている人も在宅勤務をしたほうがいいと思います。
例えば、今は大成功している経営者でも、起業して始めた頃や副業として始めた頃には、自宅から始めた人も少なくないはずです。
そういう意味でも、在宅ワークというものにはかなり可能性があるのではないでしょうか。

皆さんは、在宅ワークが向いているということを理解できたと思いますので、在宅ワークの効率を高めたい方は、是非今回のおすすめ動画「【テレワークの科学】在宅勤務の効率を爆上げする方法」をチェックしてみてください。

そして、自宅で仕事をしようとするとどうしても誘惑もあると思います。これはちょっとしたことで集中力が途切れることを防ぐことができますので、「切れそうな集中力を維持する11の心理テク【カルガリー大学研究から】」を是非見てみてください。

今のこのような状況はしばらく続く可能性があります。ですから、今のうちに整えてもらいたい会社でも使えるアイテムをいくつか紹介しておきます。
僕はスタンディングデスクとステッパーを置いて仕事をしています。スタンディングデスクでステッパーを踏みながら仕事をしていますが、大抵のステッパーは長い間踏み続けているとすぐに壊れてしまいます。
僕はXiserというところのステッパーを使っていて、これはオリンピックの強化選手も使っているもので、1日10時間踏み続けるということを5年とか10年続けても壊れてしまわない頑丈なものなので、少し高いように感じるかもしれませんが、長い目で見たら得だと思います。

自宅であればステッパーを踏みながらスタンディングデスクがいいと思いますが、会社でスタンディングデスクを使うわけにはいかないという人もいると思いますので、そんな方には自転車のペダルを漕ぐようなもので、机の下に置いて使うことができるものもあります。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1529100615593273
Per Sjögren, et al, ”Stand up for health―avoiding sedentary behaviour might lengthen your telomeres: secondary outcomes from a physical activity RCT in older people”(2014) Tammy D. Allen, et al, “How Effective Is Telecommuting? Assessing the Status of Our Scientific Findings”(2015)

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス
-, , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog