目標・成功 読む・操る

5秒でできる才能診断【紙とペンを用意してね】

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 将来成功したい!
  • 成功する可能性がある人を見抜きたい!

サインの仕方で性格と成功の可能性がわかる?!

今回は、皆さんの将来の成功を予言することができるかもしれないという変わった実験から紹介させてもらいます。
よく相手の性格を見抜くというような心理テストは、今までもいくつか科学的根拠に基づきながら紹介させてもらいました。
皆さんはサインをしますか?
サインと言ってもタレントさんが書くような手の込んだものではなく、クレジットカードを使う時にサインをしたりすると思いますが、実は、そのサインの仕方でその人の性格と、その性格に基づいて将来どれぐらい成功する可能性があるのかということを見分けることができるかもしれないという興味深い研究がありました。

というわけで、皆さん紙とペンを用意してください。もし、紙とペンがない方は頭の中で想像しながらでも構いませんが、実際に描いてみたほうが面白いとは思います。
よくサインをする場所を指定するために、下線や枠を示した四角が書いてあると思います。
まずは、用意した紙にそのサインをする枠として四角を書いてみてください。

では、そこにサインをしてみてください。普段自分がクレジットカードでサインをする時のようなサインを書いてみてください。特にないという方は普通に名前を書いていただいて結構です。

実は、アーティストに関する研究ではありますが、おそらく、自己アピールが必要な業界であれば同様のことが言えるのではないかと思われます。
ユーチューバーなどもそうですが、これからの時代には自己アピールが重要になってくるということもありますので、結構一般的な職業にも適用できるのではないかと思います。
この続きを自分のサインを見ながら読んでみてください。

画家のサインと性格と成功の可能性

この研究では、売れるアーティストは何が違うのかということを調べた少し変わった研究になります。アーティストにたくさんのサインをもらい、売れているアーティストと売れていないアーティストを比較したということではなく、画家を対象にしたものです。
過去に様々な画家がいました。ゴッホやダリ、ピカソといったまさに巨匠のような作品や、そこまで有名ではない画家とか、たくさんの画家の作品を集めました。416,635点の絵画を集めて、全ての絵に書かれた画家のサインの大きさを調べました。
つまり、キャンバスに対してサインが大きめに書かれているのか小さく書かれているのかということを調べたわけです。
自分の名前を書き込むときのこのサインの大きさによって、人間の性格やその画家の成功の可能性というものは予言することができるのではないかということを調べようとしたものです。
この416,635点の絵画に書かれているサインの大きさと絵の販売価格を調べました。つまり、サインの大きい絵と小さい絵でどちらの方が高い値段がついているのかいったことを調べて、売れるアーティストの性格とサインの大きさ、そして、その共通点を調べたわけです。

サインの大きさ=ナルシスト度

なぜこのサインの大きさを調べたのかというと、過去の研究で、人間のサインの大きさというものはナルシシズムを反映しているということが分かっています。
要するに、サインが大きければ大きいほど、そして、手が込んでいるサインであればあるほど、ナルシストである可能性が高いということです。
ですから、クレジットカードで何かを買った時にはサインを書くと思いますが、その時に、小さく書く人と枠を気にせず大きく書く人がいますが、大きく書く人はナルシストである可能性が高いということです。
そのような研究が過去にあり、今回は、その傾向をアーティストの絵画で調べようとしたものです。

大きなサインの画家→作品の値段が高い

ナルシスト→作品の出展頻度が多い

その結果わかったこととしては、やはり、大きなサインを書く人の方が高い値段がついていたそうです。
サインが大きくてナルシシズムが高い人ほど、絵画の市場価格が高いということが分かっています。
ナルシシズムが標準偏差で1ポイント増えるごとに、市場価格はなんと16%も上昇していたということです。標準偏差で1ポイントのナルシスト度が増えると、その人が描いた絵の市場価格が16%も高くなっていました。
さらに、ナルシストな作家さんほど個展やグループ展示などで自分の作品をお披露目している回数が多かったということです。

ですから、このアーティストに関する研究からわかったこととしては、ナルシストな画家の作品ほど高く売れる傾向があったということです。
もし皆さんが美術にまつわるような投資をしようと思うのであれば、ナルシストな芸術家の作品を買うと将来値段が上がる可能性は考えられるのかもしれません。

チャレンジ回数の多さが成功の可能性をあげる!

もちろん、この研究には問題もあり、ナルシストだからいい作品が書けるのか、それとも、ナルシストは自己アピールが強いので個展などをたくさん開いてたくさんの人の目に触れる機会が多いので、その結果として評価されるチャンスが増えることによって成功する可能性が高くなるのではないかということに関してはわかりませんが、このようなチャレンジ回数が増えるというのはナルシストの性格的なメリットではあります。

もし皆さんの周りに大きなサインをする人がいたら、その人が何か作品を作ったり自分を表現するような仕事をしているのであれば、価値が上がる可能性があるかもしれないということを頭に置いておくといいのかもしれません。
皆さんのサインはどれぐらいの大きさでしたか?

ナルシストはアピールするのが上手いから成功するのか、才能があるからナルシストになるのではないかなど、色々な可能性が考えられると思いますが、一流として大きな成功をな人いる人は才能で成功するのか努力により成功するのかということが気になると思います。
今回のおすすめの本としては、『超一流になるのは才能か努力か?』を紹介しておきます。
これは才能と努力のどちらが大事なのかという話よりも、才能も努力もどちらも必要だけれど、その比率が業界によっても違うというようなことを結構分かりやすく書いてくれています。
自分は才能がないからという人にも読んでもらいたいですし、自分の才能を過信しすぎている人にも読んでもらいたい一冊になります。
そして、もう一冊『ドラえもんを本気でつくる』も紹介しておきます。
こんな才能が欲しかったと僕が思うような方の本です。慶応を首席で卒業されてAI を研究されている方です。是非チェックしてみてください。

今回ナルシストに関する話を紹介させてもらいました。ナルシストになりたいという人は珍しいとは思いますが、ナルシストが成功するのは自己アピールが上手でその回数が多いからという可能性があります。
懲りずに何度も個展に出展して、チャレンジ回数が多いことが大切です。
このようにチャレンジ回数を増やしたりやる気を上げる方法として、ナルシストになる方法以外に何かあるのかというとそんな方法が実はあります。
今回のおすすめの動画として、ナルシストにならなくても皆さんのやる気を6倍にしてたくさんのことに挑戦することができるようになる方法を解説した「やる気を6倍にする楽観性訓練法【成功に必要な7つのスキル〜楽観性】」を紹介しておきます。
自分のメンタルを楽観的にして、とりあえず試してみようとか、まずは行動してみようと考えられるようになり挑戦する回数を増やすための方法を解説しています。何かに挑戦する時に怖くなってしまったり迷ったりすると思いますが、そういうことをなくしてサクサクと色々なことに手を出せるようになるための楽観性を訓練するための方法を紹介しています。
この楽観性というものは人生で成功するために必要な大きな能力のひとつだと言われています。
なかなか挑戦するのが怖いとか、ナルシストのように自分をアピールするのも苦手だけれど、それでもやはり成功したいと思う方は楽観性を身につけるのがおすすめです。
是非チェックしてみてください。

今回のオススメ動画↓
やる気を6倍にする楽観性訓練法【成功に必要な7つのスキル〜楽観性】 https://www.nicovideo.jp/watch/1579797667

失敗を恐れず挑戦し続けるためにはこちらもぜひ!

ナルシストのようにアピールしすぎなくても印象の良くなる自己紹介とは?

今回のおすすめ本
¥2,035 (2020/07/11 08:15:12時点 Amazon調べ-詳細)
PHP研究所
¥968 (2020/07/11 16:08:27時点 Amazon調べ-詳細)

References
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料およびチャンネルの過去動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/1351847X.2016.1151804?journalCode=rejf20

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功, 読む・操る
-, , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog