成功法則の科学

目標の20%をこなすだけで、成果を出せる方法とは?

投稿日:2018年6月6日 更新日:

向上心の高いあなたに送る、目標の20%をこなすだけで成果を出せる方法とは!

向上心の高い人ほど、目標を自分の能力以上に設定してしまう傾向があります。
それにより、思う結果を出すことが出来ずモチベーションの低下につながってしまうこともあるのでないでしょうか。
そういったことを防ぐための方法です。

例えば、英語を話せるようになりたいと思ったとします。
そのためにどんな方法があるのかを書き出します。英会話スクールに通うとか、毎日英単語を20個覚えるとか、これからやることを書き出します。仮にその書き出した項目が10個だったとします。10個の内2個だけを目標にしてください
10個すべてやるのではなく、そのうちから優先順位の高いもの2個だけに絞ってやるようにしてください。

そうすると無理のない目標を設定できるようになります。
更に、よく80対20の法則と言われますが、8割の成果は自分が起こした行動のわずか2割によって決定されます。言い換えると、2割の重要な仕事が成果の8割を決めると言われます。

例えば、取り組んだ仕事の2割がその人の評価の8割を決めるとかも言われますが、あれもこれもするのではなく集中してピンポイントでする人が少ない労力で大きな成果を得られるということがあります。
8割の成果を出している2割がどこなのかということを見分けるのがうまい人が、この2割をやるだけで80点の評価を得られるというわけです。

目標に向かって頑張ろうと意欲的になっている時は、やりたいことがたくさんあると思います。
その時は、まずは10個書いて、そのうちの2個できればOKだと考えて選んでください。
そうすると、挫折しづらくなりますし無理をした目標を立てづらくなります。

不思議なもので、この2個をやってみると他の8個はあんまり関係なくこの2個で自分の目標は達成できるのでは・・・やるとしてもあと1~2つで充分だなという感覚になることが多いです。

全部やろうとせず、重要な2割に集中してみてください
すぐ出来る方法ですから是非実践してあなたのキャリアアップやスキルアップに役立てください。

タグ

-成功法則の科学

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.