学習法・記憶法

効果のある「ながら勉強」

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

勉強は集中してするべきもので他の何かをしながらするべきではないとよく言いますが、科学的には完全に正解とはいえません。
全てがダメというわけではなく、効果があるながら勉強そうではないながら勉強があります。

例えば、音楽を聴きながら勉強するのはどうなのか?マルチタスクになるのか?

マルチタスクは良くないというのは僕のニコニコではよく紹介していますが、マルチタスクが良い場合もあります。その珍しいケースを使った勉強法です。

勉強中の音楽は?

まず、勉強中に聴く音楽ですが自然音を除いてあらゆる音楽は基本的には学習効果を阻害します
音楽を聴いている方がモチベーションが上がるという人がいますが、気分が良くなるという効果はあります。音楽を流すことによって気分は良くなり、ヤル気になっているような気分にはなれるわけです。ところが実際の学習効率や集中力という点では逆効果ということです。

では、どうすればいいのか?

音楽は勉強をする前に聴くのがおすすめです。

勉強を始める10~15分前に好きな音楽を聴きます。それによりアドレナリンやドーパミンが出て良い気分になります。気分が良い時に自主的に勉強しよう!と思う時もあるとおもいますが、その感覚を音楽を聴くことでつくり出すようにするわけです。

音楽は、勉強をしている最中ではなく勉強をする前に聴くようにしてください。

勉強してもすぐ疲れてしまう人は?

勉強する時、集中したい時にはその最中に音楽を聴くのは避けましょう。では何を聴けばいいのか?
本来は森のなかの静寂のような無音が良いのですが、集中して勉強しようとすると疲れてしまう人もいると思います。それは勉強することや集中することに慣れていないので緊張度が高くなりすぎてしまいかえって集中力が落ちてしまっているからです。

このような集中するとすぐに疲れてしまうタイプの人におすすめなのは「自然音」です。山の音や海の音のような音を聞くと集中力を上げすぎず下げすぎないので効果的かと思います。

創造や発想を広げるには音楽

アーティストの人や新しいアイデアを創造したいという時には好きな音楽を聴きながら発想するのも良いです。人間がひとつのことに集中しようとする集中思考とは逆で、ひとつのことにとらわれるのではなくあらゆることに考えを巡らせたり組み合わせて新しいアイデアを生み出そうとする時には拡散思考が必要になります。創造性を求めるときには集中思考とは逆の拡散思考が必要になるわけです。

真面目な人が集中しすぎてアイデアが出なかったりするのは集中思考になっているからです。迷った時や悩んだ時に気晴らしに運動するのが良いといわれますがそれは思考が拡散するからです。アイデアをつくる時は拡散するべきなので好きな音楽を聴くことでわざと集中を拡散させてあらゆる所に注意が向くようにして思いついたことを書き留めていくようにするといいです。

僕の場合は、新しい本のテーマやニコニコの放送のテーマなどを考えようとする時などアイデアを出したい時にはノリの良い音楽などを聴いて拡散させて思いついたことを片っ端から書き留めていきます。そして、その書き出したメモを纏めようとする時には自然音を流したり強力なノイズキャンセルの機能のついたヘッドフォンを使って無音をつくるなどして集中するようにしています。
使い分けるようにしてください。

 

多感覚理論

物事を覚える時にはジェスチャーや動作をつけて覚えたほうが記憶に残ります。例えば、「climb」という動詞を覚える時には実際に「登る」動作をしてみるというように、体の動きと覚えたい物事を結びつけて覚えるようにすると記憶の定着が良いということがわかっています。

これは2015年にマックス・プランク研究所が行った研究で判明しています。83名の男女を対象に、人工言語(英語や日本語のように実際に世の中に存在している言語ではなく言語として成り立つ構成だけはもつ人為的に作られた言語)を学習するという実験を行いました。
その際に3つのグループに分けました。

  1. ジェスチャーを使って学習したグループ
  2. イラストを使って学習したグループ
  3. 音声だけで学習したグループ

実験期間としては8日間学習してもらいテストを行いました。その結果、成績が圧倒的に良かったのはジェスチャーを使って学習したグループでした。続いて、イラストを使って学習したグループ、音声だけで学習したグループという順でした。

勉強する時は、できるだけ多くの感覚を同時に刺激したほうが効果が高くなるということが勉強全体をとおしてわかっています。これが多感覚理論です。

人間の感覚というのはそのほとんどを視覚から得ているのでイラストを使って学習したほうが良いのではと考える人もいると思います。実際に視覚(イラスト)と聴覚(音声)で比較すると視覚のほうが効果は高いのですが、ジェスチャーを使おうとすると自分の動きも他人の動きも見るので視覚の情報も圧倒的に多くなるわけです。ですから、ジェスチャーを使って学習したグループだけ得る感覚が多かったということです。

研究チームのコメントとしては、人間が物事を覚える時は五感すべてを使って覚えます。視覚だけで理解しようとすると錯視が起きることでわかるように、人間は多くの感覚に対して同時に刺激された物事をその情報が正しいかどうか判断しようとします。その結果、個々の感覚に伝えられる情報をマッチングしようとします
この人間の性質を使ったほうが勉強の効率も高まるわけです。

できるだけ多くの感覚を刺激するように学習するようにしてください。方法を考えたり楽しみながらすると効果的かもしれませんね。

その他の効果的な勉強法も紹介しています。続きを知りたい方はチェックしてみてください↓

タグ

-学習法・記憶法
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.