お金・ビジネス 人間関係

ストレスがたまる職場、たまらない職場の違いとは?

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 仕事もプライベートもストレスが…
  • 職場の雰囲気が良くない
  • 楽に仕事をこなして評価もされたい

職場でストレス解消できる条件とは?!

仕事については、面倒だとかストレスを抱えてしまうという人も多いと思います。
実は、ストレス解消になる仕事というものがあるようです。皆さんの会社や職場にある条件が揃うと、そこに行き仕事をすることによって皆さんの人間関係によるストレスやプライベートのストレスまで解消することができるということです。
つまり、仕事自体がストレス発散になってしまうという条件を作ることができるのではないかということをサンディエゴ州立大学が行なった研究から示唆されています。
今回はストレス発散になる仕事について紹介させてもらいます。

仕事というものは、もちろんそれをしないと食べていけないということもあると思いますが、僕の場合であれば、例えば、本を読むことは仕事ではありませんが仕事には繋がっています。本を読んだり文献をチェックして皆さんに紹介する知識を身につけようとしていますが、別にしんどいということもありませんし楽しくすることができています。
新しい知識を手に入れて、手に入れた知識を皆さんに説明することにより僕自身はより使える知識として定着させています。
元々ニコニコでは、自分が覚えたいことを覚えるためということもあり皆さんに解説したり、頭に定着させるために皆さんに解説するということも考えて始めた結果、今ではたくさんの方が見てくれるチャンネルになりました。
ですから、僕にとってはこれらは仕事ではありませんが、一般的に仕事のように見えるものは僕にとってのストレス発散にもなっているわけです。
僕の場合は、元々本を読むのが大好きでそれを仕事にしているだけですので例外かなと思いましたが、同じようにストレスを解消してくれたり発散してくれる仕事、あるいは、職場の選び方というものがわかっています。

上司との関係がいいとストレス軽減?!

サンディエゴ州立大学の研究で、仕事場のある条件が整うと、そこに行けば行くほどストレスは発散されるということが分かっています。
その条件とは何でしょうか。
それはリーダーとの関係性、つまり、上司との関係性が良いかどうかということにより、皆さんのストレスがどれくらい軽減されるのかということが決まるし、さらには、仕事の成果も7割程度は上司との関係が左右しているということです。
そんなストレスも軽減される上に、職場での幸福度も上がり皆さんの生産性まで上がってしまう方法があるそうです。

上司との関係が良くなるとどれぐらいの効果があるのかというと、そのポイントが3つあります。

ポイント1:プライベートのストレスまで軽減される

まずストレスが軽減されます。これはプライベートのストレスまで軽減されます。
上司との関係性が良い場合には、そうでない場合に比べて、職場だけでなく家庭やプライベートなど職場以外で起きたストレスまで軽減されるということが分かっています。

ですから、職場に関係性の良い上司がいる場合にはプライベートに対しても大きなメリットがあるということです。
関係性の良い上司というものは、従業員の心配事や悩み事に対して共感を持つことが多いため、それがストレスの緩衝材のような役割を果たしてくれるようになります。
仕事の悩みも上司に相談できるし、人間関係や家庭の悩みなども上司を信頼していて相談することができるという場合には、自分自身のプライベートも含めてとても良い状態だと言えます。

いわゆる上司というものは、面倒なものであまり関わりたくないものだと考えている人もいると思いますが。上司との関係性が良くなった場合には、皆さんの仕事に対するストレスも激減しますし、プライベートのストレスも緩和されて人間関係まだ良くなるということが分かっていますので、上司との関係はよくするようにしたほうがいいということがこの研究から見えてきます。

ポイント2:職場の幸福度が上がる

そして、2つ目のポイントとして職場の幸福度が上がります。職場全体がとても良好な状態になり仕事が楽しくなります。
上司との関係が良いと、それは個人の関係を超えて広がりオフィス全体の雰囲気や文化にまで影響を与えるということです。
ですから、上司と従業員の幸福度が上がるだけではなく、チーム全体も良好な状態になり他人に優しくできるようになり、他人をリスペクトすることができるような良いチームになっていきます。
上司と従業員の関係が良くなると、職場全体にその関係の良さが波及していきます。誰かが上司と良好な関係になることによって、チーム全体が職場全体にいい影響が与えられる可能性があるということです。

職場の雰囲気がいまひとつという人もいると思いますが、とりあえず自分の同僚との関係を良くしようとするよりは、まずは上司との関係を良くした方がいいと思います。
上司との関係を良くして、それが波及していくことを待つということをした場合の方が、それは職場全体の雰囲気を変えることにつながるかもしれません。
上司との関係が職場全体の雰囲気まで変えてしまうかもしれないということです。

ポイント3:生産性がアップする

3つ目のポイントですが、なんと生産性までアップします。
上司との関係性が良くなると、皆さんの仕事でのパフォーマンスやスピードなども向上し、より短時間で仕事を終わらせることができるようにもなります。効率よく仕事を進めることができ楽に仕事をこなすことができるわけです。

実際に、ギャラップ社の行った調査を見てみても、従業員のエンゲージメントに与える要因のなんと70%は上司との関係性により決まってくるという驚く数字も出ています。
皆さんの仕事の7割は上司との関係性により決まるものと言えますから、皆さんがもし仕事で成果を出したいと思うのであれば、一生懸命業務の効率化を進めようと頑張るよりは、上司との関係性を良くするにはどうすればいいのかということを考えコミュニケーションのテクニックなどを学んだ方が、むしろ、皆さんの仕事も評価されるし生産性も上がるという可能性が示唆されているわけです。

ですから、上司との関係性を良くすることによって、仕事とプライベートのストレスが緩和されて、職場の雰囲気は良くなることで楽しく仕事ができるようになり、さらに、皆さんの仕事は評価されやすくなる上に生産性も上がるので短時間で多くの仕事をこなせるようになり給料も上がりやすくなるということです。
上司との関係性を良くするだけでこんなにもさまざまなメリットがついてきて、皆さんの仕事の7割が大きく変わるということが今回の研究から見て取れることです。
是非上司との関係性を今一度見直してみてください。

どうやって上司との関係を良くすれば?

とはいえ、どうすれば上司との関係性を良くすることができるのかわからないという人もいると思います。そもそも会話も成り立たないとか、嫌味なことばかり言ってくるという人も少なくないと思います。
そのような方は是非今回のおすすめの動画、もしくは、おすすめの本を参考にしてみてください。
今回のおすすめの動画としては、「職場での立場を激変させる【エンゲージメントビッグ5】とは」を紹介しておきます。
皆さんの職場の成果を決める5つのポイントについて紹介させてもらっています。それに加えて、うまく上司の心の隙間に入り込んで上司の心を上手に動かしていくための方法を解説しています。
上司との関係を良くするということに特化したコミュニケーションのテクニックについて説明しています。上司との関係を良くするために時間を使うのも面倒だという人もいるとは思いますが、そこに時間を費やした方が楽になりますし皆さんの生産性も上がりますので、楽に仕事をこなしていきたいのであれば、これを勉強しておくと大きく得をすることになると思います。是非チェックしてみてください。
そして、上司を上手に説得することができるようになりたいという人もいると思います。その場合、会社など立場がある程度決まっている中での説得をする時には、説得をする前の環境設定の段階で結果が決まるものです。この事前の準備ができていないと、こちらが説得モードに入ろうとしても、上司はその話を聞こうともしないという状況になってしまいます。
こんな人の話を聞いてくれないような頑固な上司を説得するためには、『PRE-SUASION :影響力と説得のための革命的瞬間』というとても良い本がありますので是非参考にしてみてください。
この本は、説得をする前にどんな環境設定をしたり、どんな情報を相手に与えておけば、自然と相手が皆さんに説得されてしまうのかということを解説してくれています。
一生懸命説得しなくても、環境や心理的な要因により相手YESと言わせたり、相手を狙った方向に動かす方法を解説してくれているとても面白い本です。是非チェックしてみてください。

オススメ動画
職場での立場を激変させる【エンゲージメントビッグ5】とは https://www.nicovideo.jp/watch/1581530282

上司との関係がうまくいかない時に思い起こして欲しい名言

上司を気づかれずに操り正しく評価されるために

今回のおすすめ本
¥2,599 (2020/07/11 07:22:42時点 Amazon調べ-詳細)

References
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料から考察した科学の面白さを伝えるエンタメです。あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
主な参考文献:Gabi Eissa, Rebecca Wyland. (2019)Work-Family Conflict and Hindrance Stress as Antecedents of Social Undermining: Does Ethical Leadership Matter?

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-お金・ビジネス, 人間関係
-, , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog