読む・操る

【スタバの注文】で性格を見抜く方法

この知識はこんな方におすすめ

  • 自分や相手の性格を見抜きたい
  • 心理テストとしてコーヒーを飲みながら雑談に

コーヒーの好みと人の性格

皆さんはコーヒーを飲みますか?
スターバックスでもドトールでもどこでも構いませんが、コーヒーの注文をする時にブラックを注文する人もいればラテを頼む人も、エスプレッソを頼む人もいろいろいると思います。

このようなコーヒーを頼む時に、どんなコーヒーを頼む人がどのような性格なのかということが分かると少し面白いのではないでしょうか。
よく言われるところでは、とりあえずビールと頼む人とビール以外からいく人とではやはり性格の違いというものも出ると思います。

今回は、そんなコーヒーの注文の仕方で性格が分かるのではないかという少し変わった研究を紹介させてもらいます。
本当にコーヒーの頼み方だけで人間の性格というものが明確に規定されるのかと言うと、これはもう少し研究が必要な内容だと思いますが、非常に参考になる内容だとは思います。

2014年にイギリスで臨床心理学者のラマニ・ドゥルバスラ博士がおよそ1000人のコーヒー愛好者を集めて、そのコーヒー愛好者の性格を調べています。
それと同時に、その人たちが普段どのようなコーヒーを好んで飲むのかということをチェックして、その性格とコーヒーの好みというものを比較しています。
そうしたところ、特定のコーヒーを好む人は特定の性格を持っている傾向があるということが分かっています。

必ずしもこのコーヒーを好む人はこの性格だということまでは言えませんし、例えば、ブラックコーヒーを飲む人でも、それを好んで飲んでいるというわけでなく、ただ単に糖質制限していたりカロリーを気にしているからブラックコーヒーを飲んでいるということもあると思います。
そのようなこともあるとは思いますので100%当たるわけではありませんが参考にはなると思います。

ブラックコーヒーを好む人の性格

まず、ブラックコーヒーを頼みやすい人の性格としては、この研究では保守的な性格だとされています。
あまり変化を好むタイプではなく、しっかり方法を決めて進むタイプの人はブラックコーヒーを飲みやすいです。

さらに、純粋なものを好むというのもブラックコーヒーを好む人の特徴とされています。
確かに、砂糖やコーヒーなどを入れないので、わかりやすいものや明確なものを好む特徴があったようです。

物事に対してシンプルに考える特徴もあったそうで、あまり複雑に考えず物事に対してシンプルに考えて判断する傾向が確認されています。

他には、ブラックコーヒーを好む人は忍耐強いという特徴もあり、物事をコツコツと続けたり我慢することが得意な性格の人が多かったようです。

効率的に物事を進める特徴もあったようで、仕事などでもどのようにしたら物事を効率的に進めることができるのか考えるタイプのようです。

その割には、気分屋だったりぶっきらぼうで上から目線の時もあるようで、これは確かに、物事をきっちりと決めて仕事ができるようなタイプの人は、プライベートでは結構気分屋だったりぶっきらぼうで上から目線の人もいるとは思います。

さらに、保守的という特徴と近いですが、自分のやり方にこだわるところがあります。
他人から指示されるのが苦手で、自分のやり方でしようと考える傾向が強かったようです。
当然、保守的なので変化にも抵抗し、新しいものを受け入れる能力はあまり高くないというような特徴がブラックコーヒーを好む人の特徴だったようです。

カフェラテを好む人の性格

カフェラテを頼む人も多いと思いますが、このカフェラテを好む人の性格の特徴としては、いわゆる快楽主義で、その場や今をどう楽しむかという事に注意を向けるタイプでした。
結構お人好しでオープンマインドで外交的なタイプの人が多かったようです。

そして、基本的に人生における苦しみを減らそうとする傾向があったようです。
ですから、それが嫌なことでも頑張って成果が出るのであれば一応やるけれど、あまりにもしんどいことや面倒なことがあると、それを減らそうと考えるようになります。

ですから、ブラックコーヒーを好む人が効率化を考える傾向があるという話をしましたが、カフェラテを好む人も効率化をします。
ただ、それは苦しみやめんどくささを減らそうという点での工夫をするということでした。
工夫することでもっと成果が出るようにしようと考えるのがブラックコーヒーを好む人であれば、カフェラテを好む人はもっと楽にできる方法はないのかなと考えて工夫を考えるということです。

さらに、カフェラテを好む人は時間に対して良くも悪くも適当です。
時間に寛容ということが分かっていて、自分が遅れることもあるし相手が時間に遅れてもあまり怒ることもありません
逆に、ブラックコーヒーを好む人は時間には割とうるさいようです。

カフェラテを好む人はお人好しの傾向があるので、少し自分を犠牲にしてでも他人を助けてしまうことがあります。
自分が損をしても相手を助けてしまうことが結構あるようです。

他には、責任を負いすぎてしまう傾向もありますので、仕事などでも頼まれたことを全て受け過ぎてしまいしんどくなってしまうということもあるようです。

ですから、お人好しで人を助けたり責任を負いすぎてしまうところもあれば、快楽主義で楽をしたいと思っているところもあるので、カフェラテを好む快楽主義者の人が責任を負いすぎてしまうと、しんどい状況になってしまうということもあるでしょうから気を付けた方がいいのかもしれません。

自分を犠牲にしやすいお人好しで快楽主義なタイプだけれど、人生における苦しみは減らしたいと思っているのがカフェラテを好む人だったということです。

ちなみに、 時々ブラックコーヒーを頼むけれど時々カフェラテを頼むこともあるという人もいると思います。
僕もこのタイプで、気が向くとカフェラテやソイラテを頼むこともありますが、基本的にはブラックコーヒーを飲む方が好きです。

このようなタイプの場合は両方の性質を持っているようです。
効率を求めることは好むでしょうし、気分屋だったり自分なりの方法を考えてすることは好きなタイプです。
そんなブラックコーヒー的な要素もありますが、目の前のことを楽しもうとか苦しみを減らそうとする傾向や時間に寛容なところもあります。
僕の場合は、ちょうどブラックコーヒーとカフェラテの両方の要素を持っているようです。

フローズンコーヒーやブレンドコーヒーを好む人の性格

フローズンコーヒーやブレンドコーヒーを好む人は、新しいものを好む人が多いようです。
開放的な性格で新しいことに目を向けるのが好きなタイプです。

さらに、社交的なので新しい人と会うことも好きで、新しい物事に対してもオープンなので流行に対しても非常に敏感なタイプです。

ちゃんと付き合ってみると子供っぽいところが見えてきたりするという特徴もありました。
クリエイティビティが非常に高く、自分でいろいろなことを考えたり新しいことをすることが好きです。

ただし、安易な解決策に飛びついてしまいやすいということもあるようです。
ちゃんと自分の頭で考えることがないままに、なんとなくいいと思えるものに飛びついてしまい後悔することも多くなるようです。

好奇心を優先してしまうせいで、健康やフィットネスにあまり興味がないという人が結構多かったということも分かっています。
ですから、人生の中で無謀な選択をしがちになり、健康などの長期的なものに目を向けることが少なく、目の前の新しいことや面白いことに飛びついてしまうという刹那的な生き方をしがちだということです。

カフェインレスコーヒーやソイラテなどの特殊なコーヒーを飲む人

カフェインレスコーヒーやアイスがのっているような特殊なコーヒーを飲む人は、わがままな性格の人が多いようです。
コーヒーの細かいところに注文をつけたい人や特殊なコーヒーを扱っているお店に行かないと飲めないようなコーヒーを好む人は、わがままな性格の人が多いということです。

自分で自立心が強くて、そのせいで周りからわがままだと言われやすい人が多かったそうです。
ひとつのことに執着することも多いようで、意味でも悪い意味でも完璧主義者という特徴もあったようです。

さらに、健康や体調に対しては敏感で、食事や食べ物にもこだわる人が結構多かったようです。
当然、その分健康的に生きることもできるようです。

ルールや秩序などにこだわり過ぎてしまい、周りの人から見た時に少し面倒な人だと思われることも多かったようです。
食べ物や食事にこうでないといけないとこだわりすぎている人には神経質なイメージもあると思いますが、このような特徴も当てはまり、傷つきやすくて不安定な性格の人が多かったようです。

ですから、メンタルが弱めだからこそ完璧主義を貫こうとして、自分のルールや秩序にこだわりまくり、本当に自立している人は自立したいとは思わないはずですので、自立していないにもかかわらずそのルールや秩序を押し付けようとして、周りからわがままだと思われてしまう可能性もあるわけです。

カフェインレスでないと私は飲まないとか、カフェインレス以外は飲まないようにしているというような人は、メンタル弱めでわがままな性格の可能性が高いということかもしれません。
特殊なコーヒーにこだわりを持ち、特定のものにしがみついている感じがした時には少し気を付けた方がいいと思います。

コーヒーの選び方にその人の性格が出るというよりは、どちらかと言うと、なぜそのコーヒーを選んでいるのか、そのコーヒーはどれぐらい手に入りやすいものなのかという観点から考えていくと、他のものに当てはめて考えることもできると思います。

洋服でも自分はこのブランドしか使わないという人がたまにいますが、少しメンタルが弱い人が多いような気がすると思います。
ブランドという鎧で自分を一生懸命固めて、弱い自分を見せないようにしているというイメージもあると思います。

逆に、いわゆるミリオネアやビリオネアと言われる超お金持ちの人たちは、自分に対して自信を持っているのでT シャツに短パンというようなラフな格好をしている人が結構多いですし、表面を着飾ったりアピールする必要もないわけです。
そういう人は、おそらくコーヒーを頼む時もブラックコーヒーでも何でもあるもので良いというような注文の仕方をするのかもしれません。

インスタントコーヒーを好む人の性格

インスタントコーヒーを好む人は、伝統的な方法にこだわる保守的な人が多いようです。

インスタントコーヒーは急いでいる人が使っているようなイメージがありますが、実際には、結構のんびり屋なタイプの人がインスタントコーヒーを好んでいるようです。
物事を先延ばししがちで、割と人生を気楽に考える能天気なタイプの人が多いようです。

当然ですが、こだわりはほとんどなく物事を計画することが苦手なタイプです。
良くも悪くもおっとりしている人がインスタントコーヒーを好むようです。

コーヒーを楽しんで自分や相手の性格を理解する手がかりに

コーヒーには人の性格がこんなにも出るということでした。

今回のおすすめのアイテムとして、僕も使っているネスプレッソを紹介しておきます。
1つ50円ぐらいで買えるカートリッジのようなものにコーヒーが密閉されて入っていて、それをセットしてボタンを押すだけでコーヒーが出てくるわけですが、僕は正直インスタントの親戚ぐらいだろうと馬鹿にしていました。
ですか、実際に飲んでみると普通に自分で豆を挽いたり粉から入れるよりもかなり美味しく、エスプレッソやラテも作ることができました。
最近はこれで1日何杯もよく飲んでいます。

コーヒーはたくさん飲みすぎると良くないという話もありますが、実際にはそんなこともなく、たくさん飲んでも健康効果は大きいということも分かっています。
カフェインが良くないとよく言われますが、カフェイン以外の成分としては抗酸化作用がとても強くて結構いいものだと思います。
もちろん、コーヒーに敏感な人などは飲みすぎると眠れなくなったりするということもあるでしょうから気を付けた方が良い場合もあると思いますが、そのような場合でなければ、よほど飲みすぎるということでなければ問題ないと思います。

雑談の中でコーヒーでどんなものが好きかとか、何かこだわりがあるのかというようなことを質問してみるのもいいと思います。
明確に相手の性格を規定できるわけではありませんが、そこから相手の性格を分析する手がかりにすることができると思いますし、心理テストとして使っても面白いと思います。

自分の性格に変えたいところがある全ての方へのおすすめ

今回はコーヒーと性格について紹介しましたが、実は、人間の性格というものは、その半分は遺伝子で決まり残りの半分は友達などの人間関係によって決まるものですから、友達を変えるという事以外で人間の性格を変える方法はそんなにありません。

ですが、セカンドネイチャーといって、自分の持っている性格に外付けで違う性格をつけることはできます
僕の場合であれば、基本的にはかなり内向的な性格ですし友達もそんなに多くありませんが、スイッチを入れれば外交的になれます。

このように自分の性格を変えていくというのではなく、自分の行動を変えることができる外付けの性格を身につける方法があります。
これにより周りから見ると本当に性格が変わったように見えて、この周りから見ると性格が変わったように見えることにより人間関係が変わり、その結果として本当に自分の性格が変わっていくということが起こります。

そんなセカンドネイチャーに関する理論と身につけ方について解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

【性格が変わる】セカンドネイチャーの身に着け方

 

誰でも自分の性格で直したいところがあったり、もう少し外交的になりたいとか、もう少しメンタルを強くすることができたら人生良くなる気がするというような人も少なくないと思います。
ぜひこのセカンドネイチャーの身に着け方をチェックしてみていただけたらと思います。

人が自分の性格を変えたいと思っている時というのは、自分の行動を変えたいと思っている時です。
例えば、好きな人ができた時に自信を持って声をかけることができたらいいのにとか、営業でお客さんと話したり、何人かで楽しく食事している時にもう少し上手に会話できたらいいのにと自分の性格について考えている人が多いと思いますが、それぐらいの行動の変化であれば、セカンドネイチャーを身に着けさえすればどうとでもなります。

自分の性格を個性として活かすためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、そんな人間の性格について学べる本を2冊紹介しておきます。

自分の性格を変えるという意味でも、やはり、自分の性格の根の部分は受け入れることが大切になります。
自分の性格が内向的でも構いません。その性格を受け入れた上でどのように自分の人生に活かしていくのかそういうことが重要です。

ですから、まずは自分の性格を良いところも悪いところも受け入れることが必要になります。
それができるようになるためにはセルフコンパッションをまだで頂けたらと思います。
セルフコンパッションは自分に対する思いやりという意味ですが、自分を受け入れることを学ぶことができる本です。

¥1,760 (2020/08/06 04:04:15時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの本は自分の個性や性格を活かすにはどうすればいいのかそういうことを性格心理学の観点から教えてくれる素晴らしい本です。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

今回のおすすめ本
▼DaiGo愛用
▼ちょっと安いバージョン
Nespresso(ネスプレッソ)
¥9,090 (2020/08/06 07:59:17時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,760 (2020/08/06 04:04:15時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、ニコニコチャンネルの過去動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Ramani Durvasula (2014)You Are WHY You Eat: Change Your Food Attitude, Change Your Life

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-読む・操る
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog