メンタル強化 健康・ダイエット

観ると不幸になるスポーツ番組がこれ

この知識はこんな方におすすめ

  • スポーツファン
  • 熱烈に応援しているチームがある

皆さんはスポーツは好きですか?

僕は自分がスポーツをするのは好きですが、スポーツを観るのは苦手です。
ですから、オリンピックの人気の話が出る前から僕はまったく興味がなかったぐらいです。他人が運動しているのを観るぐらいであれば、自分が体を動かしたいというタイプです。

スポーツファンの人が、一緒に応援しているのが楽しいというのももちろん理解できます。
サッカーや野球でも観戦を楽しんでいる人はいますが、この応援する側の人とスポーツをする側の人でどちらの方が幸せになるのでしょうか。

スポーツを観る人とスポーツをする人の幸福度

これは普通に考えれば、やはり自分がスポーツをしている人の方が幸せにはなりそうな気がします。
さまざまな研究を見てみても、人間というものは、受動的になっている人よりもできるだけ自分でアクティブに参加したりする能動的になっている人の方がコントロール感が増すということが分かっています。
自分で自分の状況をコントロールすることができているという感覚が増すわけです。

ですから、スポーツを観戦している人たちは、確かにみんなで応援するのも楽しいですが、自分が何かをしたことによって試合が大きく左右されるわけではありません。
もちろん、その応援によって選手の人たちが力を発揮することができて、それで試合に勝つ可能性は十分にあるとは思いますが、それは選手たちの行動自体に比べたらどうしても微々たるものです。

人間というものは自分が状況をコントロールしているという感覚が大きければ大きいほど幸せを感じるものですから、そのような点から考えてみても、いわゆるスポーツファンは実際にスポーツをする人たちよりもそんなに幸せにならないのではないかということは想像できるわけです。

スポーツファンは不幸になってしまう?!

ところが、今回参考にしている研究では、そんなスポーツファンの人たちが心配になるような内容が示されていましたので、参考までに紹介しておきたいと思います。

この研究をざっくりと要約してしまうと、なんとスポーツファンは不幸になってしまうというものです。

間違わないでいただきたいのは、このような研究というものは、研究者が行ったひとつの側面から見た事実ですから、それを理由にしてスポーツファンをやめたほうがいいというようなことを言いたいわけではありません。
そんな側面もあるというぐらいに参考程度にしていただけたらと思います。

2018年にサセックス大学が行った大規模な研究で、およそ32,000人のサッカーファンを集めておこなった実験があります。
全員に対してアプリを使ってアンケートを実施するということを行っています。
定期的に、サッカーの試合が行われた後の幸福感や試合が行われる前の幸福感をチェックすることによって、サッカーファンがサッカーの試合を観る前と観た後で人生の幸福度がどれぐらい変わるのかということを調べています。

全部で300万回以上のデータを収集し、スポーツファンがそのスポーツの観戦によって受ける影響について調べようとしたものです。

全てのデータを研究チームが分析してみたところ、サッカーに限らずスポーツファンの人たちが心配になるような結果が確認されています。

まず、ひとつめとして、サッカーファン歴が長くなればなるほど幸福度が低下していたそうです。

ファン歴が長くなるほど不幸になってしまう?!

スポーツのファンというと、いわゆるにわかのファンはよく叩かれやすいですが、人生の幸福度の観点では、にわかのファンの方が幸せだということです。

逆に、ファン歴が長くなればなるほどなぜか幸福度が上がりづらいということが起きていたそうです。

確かに、大してスポーツにも詳しくはなくルールも分からなくても、大きな大会の時だけユニフォームを着て街中で騒いでいる人を見ると確かに幸せそうではあります。
客観的に幸せかどうかは別として、主観的には幸せそうには見えます。

スポーツをすること自体は長くすればするほど幸せになれそうな気もしますが、スポーツ観戦の場合にはどうやら逆だったということです。

チームの勝敗による影響?

なぜこのような傾向が現れるのかということもこの研究ではわかっていて、2つめのポイントが結構重要です。

当然ですが、スポーツにおいては、そのチームが勝つこともあれば負けることもあります。
自分が応援しているチームが勝てばとても興奮して盛り上がりますが、チームが負けたら自分のことのように沈んでしまいます。
しかも、海外ではフーリガンのような人たちもいて、チームが負けたことによって行動が起きたりもします。

皆さんの身の回りにも野球やサッカーで自分の好きなチームが勝つと機嫌がいいけれど、負けた時にはやたらと機嫌が悪いという人もいるのではないでしょうか。

この研究チームが考えたのは、この応援しているチームの勝った時のプラスト負けた時のマイナスに注目したものです。

応援しているチームが買った時のプラスよりも、負けた時のマイナスの方が大きかったら、よほど勝ち続けるチームを応援している人以外は、そのチームを応援し続ければ続けるほど幸福度のマイナスは大きくなっていきます。

実験では、確かに自分の目当てのチームが勝った時には幸福度は上がり、負けた時には幸福度は下がっていました。
ただ、その幸福度の変化にはかなりの開きがあり、目当てのチームが負けた時の幸福度のマイナスというものは、そのチームが勝った時の幸福度のプラスの2倍も大きいものだったということです。

つまり、皆さんがスポーツファンだったとして、自分の応援しているチームが勝った時の幸福度をプラス100だとすると、そのチームが負けた時の幸福度はマイナス200だということです。

ですから、長期的に見れば見るほど幸福度としてはどんどん損をしていくということになるわけです。

応援しているチームが負けた時の幸福度の低下は勝った時の2倍

目当てのチームが負けた時の幸福度の低下率は、目当てのチームが勝った時の幸福度の上昇率の2倍に達するために、スポーツファンは長く続ければ続けるほど人生の幸福度としてはマイナスになってしまうのではないかということを示す研究でした。

研究チームのコメントとしては、大部分のファンはサッカー観戦により幸せになることができると考えているが、実際にはそんなことがなく、現実には不幸の方が大きいにもかかわらずチームを応援し続けるというのは非合理的なことだと言われています。

この研究チームは何かサッカーに恨みでもあるのかと思えるような内容ではありますが、僕は別に、サッカーを見るなと言っているわけでもありませんし、スポーツファンになるべきではないということを言っているわけでもありません。

サッカーだけでなくスポーツを見たり応援するのは楽しいと思いますが、ぜひ自分でもそれをしてみるのが良いのではないでしょうか。
自分は見るだけというのではなく、週末にはフットサルに参加してみるとか、自分もそのスポーツを能動的にするのがおすすめです。

そして、自分がそのスポーツをするにあたって参考にするためにプロの試合を見るというようなことをする場合には、そこには能動的な幸福度のプラスも反映されるでしょうから、もしかしたらメリットもあるのではないかと僕は考察するわけです。

ですから、ただただスポーツを観戦するだけのファンになってしまうと、人生に対してはかえってマイナスになるのかもしれないという研究でした。
参考にしていただけたらと思います。

スポーツのメリットについて考えるのであれば、やはり、体を定期的に動かすというのは幸福度を上げてくれることですし、メンタルや集中力の向上にもつながりますので、ぜひスポーツは能動的に行ってもらいたい気がします。

スポーツを楽しむためのおすすめ

とはいえ、最近そんなに運動もしていないしサッカーとか走り回ったりするのはなかなかできないという人も結構いると思います。
ですから、まずは短時間で体力をつけるための方法を解説した動画を紹介しておきますので、ここから始めていただけたらと思います。

最短時間で体力をつけるために

1日4分からのモテる体系の作り方

1日わずか4分で皆さんの体力もつくし疲れづらい体を手に入れることができるという方法について解説しています。
これをベースにしてスポーツに割く時間を増やしていくということをしていくと、もっと幸せになることができると思いますので参考にしていただけたらと思います。

スポーツや運動を続けるために

3日坊主でも続く【習慣維持の7つのルール】

とはいえ、運動を習慣化するのは難しいしなかなか続かないという人の方が多いと思います。
それを習慣化して長続きさせるための方法について解説した動画になっていますので、こちらも参考にしていただけたらと思います。

運動のメリットを教えてくれるおすすめ本

さらに、皆さんが運動したくなるような運動のメリットを教えてくれるおすすめの本を2冊紹介しておきます。

運動すると脳も変わります。
ですから、やはりスポーツは観戦するだけでなく自分も運動してほしいと思いますし、それをいろいろな科学者も言っています。
運動することによって脳細胞を増やし人生を変えるための方法について学ぶことができる本です。
こちらは僕の人生も変えてくれたとてもおすすめの本です。

¥1,672 (2020/09/20 16:03:13時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは運動をすることによって人間の人生がどのように変わっていき、どんな運動をどれぐらい行えばどんな効果を得ることができるのかということを、いろいろな運動も紹介しながら教えてくれる本です。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックが無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥1,672 (2020/09/20 16:03:13時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、記載された参考資料のみならず、過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:Peter Dolton, George MacKerron (2018) Is Football a Matter of Life and Death–Or is it more Important than that?

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 健康・ダイエット
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog