人間関係

助けてもらえる人になるための7つの行動とは

この知識はこんな方におすすめ

  • 人とのつながりが欲しい
  • 人とのつながりを大切にしたい

いざという時に助けてもらえる人の特徴

今回は、いざという時に助けてもらえる人の特徴について紹介したいと思います。

いざ困った時に助けてくれる人というのはやはり少ないということもあるのではないでしょうか。
本当に困っている時ほど他の人に助けを求めることがなかなかできなかったり、そもそも自分のことを助けてくれる人はいないのではないかと心配になってしまったり、いざ何かのトラブルが起きた時には悶々とそのようなことばかりを考えてしまう人がいると思います。

では、いざという時に助けてもらえる人になるためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

もちろん普段からの人間関係というものも重要になるわけですが、 今回は、大きく分けて3つのことを意識することによって、皆さんがいざという時に助けてもらえる人になる方法について解説したいと思います。

1. 普段から定期的に助けを求める癖をつける

人に助けてもらうのに練習なんているのだろうかと考える人もいると思いますが、実は、普段から定期的に助けを求めるようにして癖をつけたり、それほど助けが必要なことでなくても他の人に助けを求めるということを普段からしておかないと、いざという時に助けてもらえなくなってしまいます

しんどい時は辛い時に周りの人が自分のことを分かってくれて何も言わなくても助けてくれるだろうと考える人がいますが、これは大きな間違いです。

誰も助けてくれないのかもしれないという恐怖もあるかもしれませんが、周りの人も同じような恐怖を感じています。
それは自分が相手を助けた時にその人がそれを求めているわけではなく余計なお節介になって恥をかいたり、かえって嫌われるだけなのではないかという拒絶に対する恐怖です。

だからこそ、普段から周りに助けを求めるようにして小さなお願い事をするようにしておかないと、この人は自分のことを頼ってくれる人だと認識することはなくなります。
普段から助けを求めておけば、この人を助けても余計なお世話になることはないという安心感を普段から持ってもらうことができるようになります。
この安心感がないと誰も助けてはくれません。

ですから、いざという時に助けてもらえる人の特徴としては、普段から小さなお願いをしたり小さな助けてもらうことをしておくことによって、相手にとっての助けることに対する安心感を与えているということです。

まずは、普段から周りの人に助けてもらう癖をつけておくというのが最初のポイントでした。

これをさらに具体的にすると、助けてもらう時の求め方があります。

ポイント1:「タイミングを共有しておく」

まずは1つ目としてタイミングを共有しておくということが大切です。
これは自分がどのような時に助けを求めるのかということをあらかじめ伝えておくということです。

例えば、「自分は朝が弱いから朝早い時の仕事は助けてほしい」とか「自分は機械が苦手なので分からない時には助けてほしい」「時間管理が苦手なので締め切りが守れそうにない時には助けてほしい 」というように、どのような時にこの人は助けを求めてくるのかということを相手に対して分かりやすく示しておくことが重要になります。

スポンサーリンク

これは、何か仕事を始める時に取り掛かるまでがどうしてもだらだらとしてしまうという人であれば、そんな自分に気付いたら指摘してほしいということもあるかもしれませんし、逆に、仕事はしっかりこつこつと進めるけれど、いつも詰めが甘くてチェックが漏れることがあるというのであれば、仕事終わりの確認を頼るということもあるかもしれません。

このように自分がどのようなタイミングで助けを求めるのかということをあらかじめ周りの人に伝えておくようにしてください。

これはどのような時に助けてもらいたいかとか助けてもらえたら嬉しいタイミングについて話しておくだけで構いません。
これを言ったからといって毎回相手に助けを求める必要はなく、自分のタイミングを伝えるだけですから気軽にしてみてください。

ポイント2:「弱点を共有しておく」

これはタイミングの共有と同時に行った方がいいものですが、人は自分の苦手なことを隠す傾向があります。

どちらかと言うと、男性の方がストレスを抱えやすかったり仕事にまつわる自殺が多かったりする傾向があります。
これは女性と男性のコミュニケーションの違いによる部分もあるのかもしれません。

女性の場合は弱みを共有することによって人間関係を作ります。
ですから、例えば失恋したというような時にはすぐに女性は友達に相談すると思います。
ところが、これが男性の場合には失恋しても友達に喋ることはそんなにありません。
男同士の場合にはある意味見栄の張り合いがあり、自分の弱い部分を隠すことによって自分が価値がある人間だということを見せてコミュニケーションを取ろうとします。

もちろん、これは基本的な違いであって男性と女性で綺麗に区別できるわけではありませんが、概ねコミュニケーションにおいてはこのような違いがあるということです。

特に、いざという時に助けてもらえない人は弱点を隠そうとする傾向があります。
自分の弱点を見せてしまったら周りからダメなやつだと思われてしまうのではないかとか嫌われてしまうのではないかと考えてしまいます。

ですが、実際には人は弱みで愛される生き物ですから、自分の弱みを普段から前に出しておいた方が助けてもらいやすくなり、この助け合いによりコミュニティが生まれるので人間関係も良くなります

多くの人が弱点を隠したいと思い必死に守っているものが、むしろ、その弱点を表に出すことによって得ることができるものだということです。

ですから、どういうことが自分は苦手でできないのかとか、どういうことで困ることが多いのか、どのような分野が苦手なのかということをあらかじめ周りに伝えておくようにしてください。

つまり、自分が苦手なことを明確にしてそれについては助けてほしいとお願いして、逆に、自分の得意な分野については任せてほしいと伝えて、普段から持ちつ持たれつな関係を作るようにしてください。

これをにして普段から弱点を表に出すようにしておけば、いざという時に助けてもらいやすくなります。

ポイント3:「悩みの共有習慣をつける」

これは友人や家族など近しい人だけで構いませんので、定期的にお互いの困っていることや悩み、あるいは、最近苦手さを感じたことを伝え合う習慣を作ってほしいということです。

僕も実際に最近体験して自分の苦手さに気づいたことや困ったことについては、定期的に伝えるようにしています。

これを週に1回程度でもいいのでしておくことによって、周りからするとこの人も完璧ではないし助けてあげるべきだと考えることができたり、どんな事に困るのかということを普段から理解することができるので、自分がどんなことで助けてあげることができるのかということを考えることも出来るようになります。

スポンサーリンク

人間関係においては成功することによって失われていくということもよくあると思います。
これはこの人にとって自分は必要ないと思うと勝手に離れていくからです。

周りから見ると完璧な存在のような人がいたとしても、その人は多くのものを背負い責任を抱えていて、本当は周りに助けてもらいたいことがあるにも関わらず、周りの人は自分なんてあんな完璧な人の助けにはならないだろうと考え人はどんどん離れていくということがあります。

ですから、定期的にお互いのこもっていることを伝える習慣を少なくとも友人や家族などの近しい人とは作るようにしてください。
特に強固な関係を作っておきたいと思える人とこれをしておくことによって、お互いに助け合う関係というものができるわけです。

おすすめとしては、家族の間であれば週末には家族会議の中で必ず悩みを共有するとしてもいいでしょうし、友達との間であれば、久しぶりに会う友達には必ず自分が最近困ったことを伝えるようにして、同時に相手の困ったことも尋ねてみるというのもいいと思います。

このようなことをすることによってお互いに助け合うことができる余地があるということを認識しておくわけです。

将来的にお互いに助け合うことができる可能性を示唆しておくことが人間関係を保つコツです。
家族であれば別かもしれませんが、やはりある程度大人になるとお互いに必要とするような存在であったり、仕事上のつながりでもなければ人間関係というものはどうしても保ちづらくなるものです。
そのような点で考えても、悩みを共有し合う習慣というものは非常に重要になるわけです。

2. つらい時こそ他人を助ける

実は、自然と周りに助けてもらえる人が普段からしている行動というものがあります。
一方で、助けて欲しいと言いながらも誰にも手を差し伸べてもらえない人もいますが、このような人が絶対にしないことでもあります。

それは・・・他人を助けるという行為です。

他人を助ける人こそが周りから助けてもらえる人です。
私のことなんて誰もわかってくれないとか誰も助けてくれないとわめき散らすような面倒なメンヘラ女子がいたりすると思いますが、はっきり言って、周りの人を助けることをしていない人は誰からも助けてはもらえません。

これは当然ですが、自分から労力や時間などを奪い取ろうと近づいてくる人に対して人は構えて防御しようとします。

ですから、やたらと自分の時間や労力を配りまくる必要はないですが、この人は色々な人を助けていると周りに認識される人は、その人がいざ困った時には自然と周りに人が集まってきます。

だからこそ、辛い時こそ他人を助ける習慣を作っておくようにしてください

普段から周りの人を助けることも重要ではありますが、自分が辛い時の方が他人の困っている状況やニーズを理解することができるものです。

実際に、自分が辛い状況にいる時ほど他人の苦しみや悲しみに対する共感が増えるということが分かっています。

日本でも大災害が起きたりたくさんの大きな台風で各地が被害を受けたのもまだ記憶に新しいと思います。
このような状況になった時には被災地では外からボランティアがたくさん集まってきて助けているイメージが強いと思いますが、実際には、その同じ地域で自分の家も潰れてしまったような人が他の人の家の復旧を手伝っていたりすることも珍しくありません。

これはとてもすごいことだと思います。
自分自身も全く余裕がなく明日も分からない状態であるにも関わらず、そのような人が強く結束してお互いに助け合うということをします。

これは人間というものは自分が辛い状況にあったり悲しいことがあった時ほど、あるいは、過去にそのような悲しい経験をしたことがある人ほど、他人の苦しみや悲しみを理解することができるようになるからです。

ですから、過去に辛い経験をしたり今まさに辛い状況にある人は、他人の悲しい気持ちを理解する能力が高くなっているわけです。

悲しい時こそ他人を助けるようにした方が余計なお世話になることもありませんし、本当に親身になって相手のことを考えてあげることができますので、そこからかけがえのない人間関係に発展する可能性が非常に高いということです。

自分がしんどくて何も考えることができないような逆境の中にある時こそ他人を助ける能力が高まりますし、さらに、そのような状況で他人を助けると相手が本当に困っている部分に手が届く助けができるようになります。

人間というものは一人一人の力というものは本当に弱いものです。基本的には助け合うことによって生き残ってきた生き物です。
そのためか助け合う本能が人間の脳には埋め込まれているようで、特に自分が辛い時こそ他人を助けることによって脳は余裕を作り出します
その余裕が作り出されることによって、自然と自分自身の問題に対する解決策を見出すことができるということもあります。

人は普通なら自分が辛い時やしんどい時にはわざわざ他人を助けようとはしません。とんでもないトラブルや問題を抱えてしまい自分の脳は混乱している状況です。
そのような状況の時に自分よりももっと大変な状況にあっている人を助けると脳は錯覚します。
他の人を助けているということは自分にはまだ余裕があるのではないかと錯覚して、思っているほど状況は悪くはないのではないかと考えることができる余地が生まれます。

人間にとって一番危険なのは焦りです。
焦りや不安を抱えてしまうせいで、本来であれば皆さんが持っている問題解決能力やパフォーマンスが低下してしまいます
この問題解決能力やパフォーマンスが落ちてしまうことによって、目の前の問題がどんどん大きくなってしまいます。

ですから、自分が困難に遭遇してしんどい状況になった初期の段階で他人を助ける行為をすると、自分の心に余裕を生み出すことができて、結果として自分で自分のことを助けることができるわけです。

そんなメンタリティを作ることにつながりますので、自分が辛い時こそ無理にならない範囲でほんの些細なことでも構いませんので、他人のために時間を割いたり他人を助けるということをするようにしてください。
これによって僕たちは逆境を乗り越えることができるようになるわけです。

スポンサーリンク

とはいえ、これはなかなか容易ではないわけです。
自分自身がしんどい時や辛い時に他人を助けるというのは非常に難しいことです。
これをするためにどうすればいいのかということについて3つのポイントを解説しておきます。

ポイント1:「他人を助けることを習慣化しておく」

一日一善という言葉もあるように、他人を助けるハードルを高く設定しすぎている人が結構います
本当に毎日続けることができるような小さなことでも構いません。

毎朝今日は何かひとつだけでも誰かに親切にしようと考えるようにしたり、1日の終わりにはどんな良いことをすることができただろうか振り返るようにしてみてください。
例えば、電車でお年寄りに席を譲るというぐらいのことでもいいでしょうし、道に困っていそうな外国の方がいたらこちらから声をかけるとか、どんなことでも構いません。

職場で周りに気を配り手伝えるようなことがあればこちらから声をかけるようにするということでもいいと思います。
コンビニで募金箱を見かけたら小銭を入れるとか、それほど気負うことなくてもできるようなことで構いません。

他の人を助ける何かをすると考えた時に、大層なことをしないと助けたことにはならないと考えてしまう人が多いです。
そうではなく毎日できるレベルのことで構わないと認識させるためにも、本当に小さなことで他人を助けるということを毎日の習慣にしてみてください。

ポイント2:「他人を助けることのハードルを下げておく」

例えば、1時間とか2時間自分の時間を使って他人を助けるということをすると、皆さん自身の仕事などに対して問題が生じてしまいます。

それを避けるためにもおすすめなのがアダムグラントさんの5分ルールです。
これは他人を助けることのハードルを下げておくために使えるルールで、2つのことを満たした時にだけ相手を助けるというものです。

アダムグラントさんの5分ルール

ルール1:目の前に困っている人がいる

これはわざわざ困っている人を探すのではなく、目の前に困っている人がいるという時には助けるようにするということです。

ルール2:その助けることが5分で出来ること

5分ぴったりで終わるようなことでなくても構いませんが、その助けることがおよそ5分以内で出来ると感じた小さなことだった場合には助けるようにするということです。

これを守っておくだけでもかなり他人を助けることができるようになりますし、これをね小さな人を助けるという行為は人間関係をより良いものにすることに役に立つということも分かっています。
この5分ルールは覚えておいてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

ポイント3:「自分の価値を認める」

自分なんて誰も助けることはできないとか、誰も自分の助けなんて求めていないと考えてしまう人もいます。
これはその人に助ける能力がないということではなく、単なる自己否定に過ぎません

この自己否定から逃れるためにはこちらの本がおすすめです。

星和書店
¥2,420 (2021/08/01 04:05:30時点 Amazon調べ-詳細)

これらからセルフコンパッションを学んでもらい、自分で自分のことを否定する癖をなくすことを考えてもらいたいと思います。

自分は無価値なんだと思うような考え方をなくしてもらい、例えば、自分には世の中を変えるほどの力はないけれど、誰かの苦労を少しだけ減らしてあげるぐらいの親切をすることはできると考えられるようになってもらいたいと思います。

セルフコンパッションを学んでいただけると自分を認めるためのトレーニングになり、そこから人生が開けてくるということもあると思います。

3. 誰かを助けることによってコミュニティができる

最後に、他人を助けるというのはとても重要なことで、それによってコミュニティができます。

要するに、自分のことを助けてくれる人なんて誰もいないと考えている人は自分が所属しているコミュニティがないということです。

助けてくれる人が誰もいないから自分は誰も助けないと考えるのではなく、誰かを助けることによって初めてコミュニティの中に入ることができるということを理解してください。

もちろん、必要な力が無く助けることができないということもあるかもしれませんが、誰かを助けてあげようとする姿勢がない人をわざわざ迎え入れてくれるコミュニティなんて存在するはずがありません。

コミュニティというものはお互いに協力して生き残るために生まれてきたものですから、そこに誰も助ける気はないのに自分は一番助けを求めているから助けて欲しいと考えている人が現れたら皆さんだったらどう考えるでしょうか。
当然ですがそのコミュニティに入れるはずはありません。

自分のことを誰も助けてくれないというようなこと言う人に限って誰のことも見ていないし誰も助けていないものです。

自分にとってどんな小さなことでも助けになるように、皆さんが行う小さなことというのは誰かの助けになるものです。
ほんの小さなことで構いませんので他人を助けることによって自分自身も生きることが楽になるということを忘れないでください。

見返りを求めないということが重要ですが、これは見返りを求めたくなるような労力がかかることで他人を助けてはいけないということでもあります

もちろん、助けても構いませんが、見返りを求めてしまいたくなるようなレベルで他人を助けていると、それに対しての見返りはあるのかもしれませんが、それは自分にとってのコストが重すぎることになってしまいます。

何か見返りがないと重すぎるぐらいのコストになることは続けることができませんのでやめておいた方がいいです。
見返りやリターンがあるかないかではなく、それがなくても構わないと感じられるぐらいの小さなレベルで他人を助ける習慣を身につけてほしいと思います。
ここが一番重要な部分だと思いますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

まとめ

1. 普段から定期的に助けを求める癖をつける

ポイント1:「タイミングを共有しておく」

ポイント2:「弱点を共有しておく」

ポイント3:「悩みの共有習慣をつける」

2. つらい時こそ他人を助ける

ポイント1:「他人を助けることを習慣化しておく」

ポイント2:「他人を助けることのハードルを下げておく」

<実践>アダムグラントさんの5分ルール
ルール1:目の前に困っている人がいる
ルール2:その助けることが5分で出来ること

ポイント3:「自分の価値を認める」

3. 誰かを助けることによってコミュニティができる

・・・

以上のことをぜひ覚えておいていただければと思います。

親切によって協力関係をつくるためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、先ほど紹介したセルフコンパッションにまつわる本と、今回紹介したような人を助けるということについて学べる素晴らしい本を紹介しておきます。
人を助けるという親切によって協力関係をつくるための方法を学ぶことができる本です。

逆境から抜け出すためのおすすめ動画

今回のおすすめの動画としては、自分が逆境の中にいる時に他人を助けることも大事ですがそれと同時に自分もその逆境から抜け出すことを考えていないと、ずっとそのまま逆境の中にいるわけにはいかないはずですので、 そこから抜け出すための逆境力を鍛えるための方法について解説した動画を紹介しておきます。

こちらは僕が知識の Netflix を目指して作った動画配信サービスである D ラボの方で配信しています。
今なら20日間無料で使うこともできますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
「逆境力の鍛え方」

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本
星和書店
¥2,420 (2021/08/01 04:05:30時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

スポンサーリンク

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係
-, , ,

Translate »