人間関係

なぜあなたは上司に目の敵にされるのか?

なぜあなたは上司に目の敵にされるのか

DaiGo MeNTaLiST

この記事はこんな方におすすめ

  • ちゃんと仕事をしているのに上司に嫌われる人
  • 会社で正しく評価されていないと感じる人
  • 勝手な印象を持たれて自分を正しく理解されていないと感じる人
  • 職場の人間関係に悩んでいる全ての人に

仕事を頑張っているのになぜか目の敵に・・・

上司に目の敵にされてしまう人の特徴について紹介させてもらいます。
ちゃんと仕事もしているのに、なぜか上司から目の敵にされてしまったり、やることをやっているにもかかわらず、冷たい扱いを受けてしまう人と、そんなにやることやっているわけではないのに、なぜか上司から可愛がられる人がいると思いますが、この違いは何なのでしょうか。

上司や立場が上の人は、もちろん仕事ができない人は嫌いますが、実はもっと嫌いなタイプの人がいます。
これに陥ってしまうと、いくら仕事頑張っても認められないし、いくら仕事をしても上司から不当な扱いを受けてしまいます。どんなに頑張っても損しかありません。働かなくても働いても損しかなくなってしまいます。
それを防ぐための方法を解説させてもらいます。

皆さんは上司に不当な扱いを受けたり目の敵にされたりしたことはありますか?
もちろん上司にも皆さんのことを嫌ってくる人もいれば好きになってくれる上司もいますが、この違いは何なのでしょうか。
ほとんどの人がこれは上司個人の性格によるものだと考えがちですが、実際はそうではなく、その上司と対峙している時に皆さんがどのような印象を与えているかということがかなり影響するものです。

まず上司はどのような人間を嫌うのかということを理解し、その嫌われるタイプに自分がならないために少しだけアピールの方法を変えます。
上司のためにわざわざ性格を変えるのは面倒だと思う人もいると思いますが、基本的に性格というものはそう簡単には変わりません。性格を変えるというよりも見え方を変えるだけで印象は変わります。

上司に目の敵にされやすいタイプ

上司が嫌うタイプとは、能力が高くて、かつ、冷たいタイプです。
つまり、あまり愛想がないけれど能力が高い人は、上司から見るとムカついてしまうわけです。
ですから、そのような人よりは、あまり仕事ができなくても愛想がいい人の方を好むようになります。もちろん、能力も高く相性がいい人は一番好みます。

皆さんが有能だったり、ちゃんと評価されようと思い仕事を頑張るのであれば、冷たい人間だと思われてしまうと上司から目の敵にされてしまう可能性が増えてしまいます。

人としての温かみを印象づける必要がある

ではどうすればいいのかと言うと、多くの人は上司に認めてもらおうと思うと、自分の実力を示そうと思います。能力があることを一生懸命示そうとします。
例えば、気さくで人懐っこくとっつきやすい人というような人間臭さのある印象を持たれることなく、それより先に有能さを示してしまうと、能力は高いけれど冷たい人間だと思われてしまいます。
そうなると、皆さんがいくら頑張っても評価されず目の敵にされてしまいます。

上司にゴマをすりたいわけではなくても、誰でも当然働いた分は評価されたいはずです。
であれば、有能さよりも先に人間としての温かみを見せる必要があるということが研究により判明しています。

ステレオタイプの矛盾が起きる

ところが、単純に温かみのある人間だということを印象づけてから有能さを示せばいいと考えると、それはなかなかうまくいきません。

補償効果(Compensation effect)という現象があり、これはステレオタイプの矛盾です。
実は、温かみのある人と有能な人というのは印象として両立しないということが分かっています。
例えば、温かみのある女性=仕事はできない、有能な女性=温かみに欠ける、というような謎のステレオタイプがあるわけです。温かみのあるいい子だなという印象と仕事がバリバリできるという印象が両立しないわけです。
つまり、これにより温かみを印象づけると、勝手に仕事ができないという印象を持たれてしまうわけです。

このような相反するステレオタイプは色々とあり、これを理解しておかないとかなり損をしてしまいます。
日本でも海外でも女性は社会進出をしていますが、それでもやはりなかなか評価されないという人が多いと思います。日本では特にそういう傾向がまだ多いのではないでしょうか。
これは、元々人間にあるこの補償効果というバイアスによるものです。

例えば、子供がいる女性はそうでない女性よりも有能さに欠けるという判断をされやすいです。実際にはそんなことは関係ありませんが、人間はなぜかそう思ってしまうわけです。
ところが、子供がいる男性は温かみのある男性だと思われても、なぜか有能さに欠けるとは思われません。
つまり、子供がいる女性に対しては温かみを感じるけれど、仕事はできなさそうな印象を人は持ちやすく、子供がいる男性に対しては温かみを感じる上に有能だという印象を持ちやすくなるわけです。

非常に不平等な話ですが、このようなステレオタイプは色々と確認されています。
例えば、お金を持っている人の方が悪い人に思われるという傾向もあります。
このように人間というものは色々なバイアスに左右されているわけです。

では一体何をアピールすれば良いのか?

ですから、温かみのある人間だということを印象付けると仕事ができないと思われてしまうし、仕事ができるということをアピールすると冷たいやつだと思われる可能性が出てきます。
では一体どうしたらいいのでしょうか?

人間は温かみと有能さは両立しないわけですが、仕事における有能さは当然として、温かみはなぜ必要なのでしょうか。
考えていただきたいのは、無能で冷たい人よりも有能で冷たい人には怖いと感じませんか。敵として考えると、頭の悪い敵であれば何とも思いませんが、頭のいい敵は恐ろしいわけです。

つまり、有能な人は、その人が人として信用できるというアピールをちゃんとしないと、有能であればあるほど怖い敵になってしまうわけです。
要するに、温かみというのは相手に安心感を与えるために必要なわけです。
ですから、有能さと合わせて相手に安心感を与えることが大切になります。

相手に安心感を与えるには

ではどのようにすればいいのかということを心理学者のポール・ロジン氏が研究を行ってくれています。
確かに有能さと温かみというものは両立しないけれど、この温かみの代わりに相手に安心感を与えられる要素は何なのかということを調べています。
それは道徳的な行動です。

つまり、その人は他人に害をなしたり悪いことをするような人ではなく、道徳的に正しいことをする人だということを思わせるべきということです。
そうすると、この印象は有能さと両立します。

例えば、政治家を想像しても同じように感じると思います。
ただ単に優しいだけの政治家だとリーダーシップに欠けるような印象を持たれますが、正義のために燃えたり道徳的に正しい行動をちゃんと取っている人は、その人が有能であればあるほど支持したいと思われるはずです。
ですから、温かみのある人というよりは、道徳的な行動をしていることを印象づけるようにして、相手から見て正しい人間だと思われるようにしてください。この印象は有能さと相反することはありません。

例えば、ボランティア活動や寄付をしたり、理由があって世の中や人のために活動しているということを自然と周りにも伝わるようにするのもいいと思いますし、同僚と一緒にいる時に席を譲るとか、仕事で外出した時に道に困っている外国人の方がおられたら話しかけるなど、道徳的な行動を上司の前で心がけるようにしてください。
これは別に上司に対してごまをするということではなく、上司の前で道徳的な行動をとればいいということです。
それにより人として信用できるという印象を持たれ、その上で有能さも一緒に理解されれば上司からちゃんとした評価を得られるようになります。

親切の効果

この他人に親切にするというようなことはとても重要なことです。
仕事に忙しい人ほど、他人に親切にしたほうが実際には仕事が捗るということが分かっています。

誰でも時間がないという焦りを感じてしまうと、仕事は進まなくなってしまいます。この時間がないという焦りのせいで、実際には時間があったはずなのにあっという間に時間がなくなってしまったという経験もあると思います。結局、人間は焦りを感じると作業効率が落ちてしまいます。そうなると終わるはずだった仕事も終わらなくなってしまうということになります。

この時間に対する焦りを消すためには、他人への親切というものが大事になります。
人間の脳は不思議なもので、自分のことをこなす時間がないとパニックになっているような時に、あえて他人に親切にすると、脳は冷静になり意外と時間はあるのではないかと考えられるようになります。
他人に親切にすることにより時間に対する焦りがなくなり、この焦りがなくなることによって仕事が捗ります。その結果、実際の時間が余るということも起こります。

つまり、職場で道徳的だと思われるような親切な行動を心がけるということは、上司から正しく評価されるためにもなりますし、仕事の効率を高めて自分の時間を確保するためにもなるわけです。
是非親切な行動を心がけてください。

相手の話し方で求めているものを見抜く

ちなみに、人間は相手が温かみやいい人だということをアピールしようとしてきているのか、それとも、有能さをアピールしようとしてきているのかということを喋り方だけで見抜けます。
これを理解しておくと、相手を褒めたりする時やどのような付き合い方をすればいいのかということを考える時に役に立ちます。

例えば、人間的で温かい人だということをアピールしたいと思っている人、そんな感情的な部分を褒めて欲しいと思っている人は、他人を褒めることで相手に話をさせようとします。
自分は温かい人だと思って欲しいので、人を褒めたり相手から話を引き出そうとするわけです。
ですから、このような人を褒める時には、その人のストーリーや過去の行動を評価したり、その人の周りの人に対してその人のいいところを褒めるようにすると、とても満足するわけです。

つまり、人間は他人を褒めたり相手の話を聞いている時には、温かい人だと思ってもらいたい時です。

一方で、有能な人間なんだと思われたい場合には、他人の話を聞くよりも自分の話をしようとします
自分が話すことで、自分が成し遂げたことや自分の能力や知識の深さを示そうとして、一生懸命話したり他人の意見に異議を唱えたりするようになります。
これが有能だと思われたい人の考え方です。

こちらの話を聞くというよりは、自分の話をしたい、かつ、他人の意見に異議を唱えたいとしている人は、その人が実際に有能かどうかは別ですが、有能だと思われたいわけです。
であれば、そのような人に対しては、その着眼点を直接褒めたり有能さを褒めると とても満足するわけです。
一応言っておきますが、本当に有能な人はこのような行動は取りません。
有能な人は、前述したような温かみや信頼感を印象付けた方が自分にとってプラスになるということを理解していますので、相手を褒めたり相手の話を聞き出そうとするものです。

このようなことを理解した上で上司に対してもうまく接してみると良いのではないでしょうか。きっとうまく上司をコントロールできるようになると思います。
是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

上司に悩まされている方のための動画
働きやすくなる上司を操る7つの話し方【ノースウェスタン大学】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1557678603

今回のおすすめ動画

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0065260107000020
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022103112001813
No One Understands You and What to Do About It


他の人はこちらも検索しています

-人間関係
-, , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.