恋愛・結婚

【不安】他人の目が気になる…を恋愛で治す方法

他人の目が気になるを恋愛で治す方法

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 他人の目が気になる
  • 自信がなくなかなか行動できない
  • 恋愛が続かない

「他人の目が気になる」は可能性を潰してしまう

他人の目が気になってしょうがないという人がいると思いますが、そんな他人の目が気になってしまうことを恋愛で治すという方法を紹介させてもらいます。
なんと特定の条件を満たす恋愛をすると、他人の目を気にしてしまう症状を緩和することができるということが分かっています。
ですから、いい恋愛をしながら、かつ、他人の目を気にしすぎてしまうということを克服することができるわけです。
例えば、恋愛はしたことによって女性が自分に自信を持てるようになったり、男性もいい恋愛をすることによって仕事もうまくいったりすることがよくあると思います。
これは、必要以上に他人の目を気にしてしまったり、自分に自信がなく言いたいことが言えないとか、本当はやりたいことがあるのに行動に移すことができないというように、人は他人の目を気にすることによって様々な可能性を封印してしまいます。
この状況を特定の条件を満たす恋愛をすることによって解決してくれるということです。

恋愛で症状を緩和?!

恋愛では特定の相手とどれぐらいの期間付き合っているかということで、恋愛がもたらしてくれるメリットも変わるということが様々な研究により分かっています。
今回の研究でもその時間の部分が重要になってくるということです。
2010年のポツダム大学の研究で、702人の男女を集めて全員に対して他人の目がどれぐらい気になるのかということをチェックし、その1年後にフォローアップの調査を行なっています。

その結果、ある条件を満たす恋愛をしている人は、他人の目を気にする症状が10%程度改善されているということが確認されています。
10%と言うとたいしたことがないと思う人もいるかもしれませんが、これはかなりの改善効果で、認知行動療法などを使ってもなかなか他人の目を気にする症状を緩和することは難しいものです。
そんな症状が特に何かに取り組んだわけでもなくただ恋愛をしていただけで改善されたということです。

1年後のフォローアップにおいて他人の目を気にする症状の改善が確認された人達の共通点としては、特定のパートナーと1年以上付き合い続けているということでした。
特定のパートナーと一年以上付き合い続けている人は、他人の目を気にする症状が10%程度改善されたわけです。

つまり、特定のパートナーと長い恋愛関係を持てば持つほど、人間が他人の目を気にする感覚は改善されていくということです。

ですから、頻繁にパートナーを変えたり、別れては別の人とまた付き合うというのを繰り返している人たちは、やたらと自分の見た目を気にしてしまい、ブランドで着飾ったり無駄に自分の付き合っている相手をアピールしたりしてしまいます。
やはり、男性でも女性でも、いつも取っ替え引っ替えパートナーを支えている人よりも、長い間1人の人との関係を大切にしている人の方が信用に足ると思います。

ネガティブバイアスが軽減される

なぜ特定の人と1年以上関係を維持した人が、他人の目を気にする症状が10%も改善したのでしょうか。
そもそも他人の目を気にするという症状がなぜ起きるのかというと、ネガティブに物事を捉えてしまうバイアスが長い間特定の人と付き合うと改善されるからではないかとされています。

他人の目を気にしてしまい、自分がこんなことを言ったら変に思われるのではないかとか、自分がこんな服を着たら調子に乗っていると思われるのではないかというように、ほんの些細なことでもやたらと気にしてしまう人がいると思います。
このような人たちは他人の反応をネガティブに捉えてしまいます。
例えば、少しおしゃれな服を着ていると調子に乗っていると思われるのではないかとネガティブに捉えます。おしゃれだねとか似合っていると言われたり、そうでなくてもネタになるからいいかというようにポジティブに捉える人もいるのに、他人から見られた時にどのように思われるかを気にする人達は、自分の言動や見た目や持ち物などがネガティブに捉えられるのではないかと、ネガティブな思い込みをしてしまいます
他人の目から見た時の自分の評価をネガティブに捉えてしまうネガティブバイアスが、他人の目を気にしすぎてしまう大きな原因になるわけです。
ですから、このネガティブバイアスが減少すればいいということになります。

必要以上に他人の目を気にしすぎてしまうネガティブバイアスが、特定のパートナーと恋愛関係におけるコミュニケーションを続けることによって、他人の行動というものは自分が考えるほどネガティブな意図が反映されたものではないということに気づけるようになります
例えば、どんなに親しくて仲のいい人であっても、誰でも機嫌の悪い時はあるものです。
意外と他人は自分のことを見ていないということを長期的な恋愛をすることで理解できるようになるわけです。
他人の行動というものは、自分が思っている程そこまでネガティブに捉えられる行動ではないということに気づくことができるようになります。
これにより、自分が思っているほど周りの人は自分のことを気にしていないし、自分がネガティブに捉えられるかもしれないと思っても、意外と周りに良い評価をされることもあるという感覚が増えていくわけです。
例えば、前髪を切りすぎたと悔やんで気にしている女性が、彼氏に似合っているしその髪型が好きだと言われたら、ずっとその髪型をしているというようなこともあると思います。

長期的な恋愛が授けてくれるもの

自分がネガティブに捉えてしまっていることが、それほどネガティブではないということを教えてくれるのは身近な人たちです。
恋人の場合は変に気を使ってしまうこともなくなると思います。その恋人も短期的な恋愛では、やはり相手によく思われたいと無駄に気取ったりかっこつけたりしてしまいます。付き合って間もない頃には、彼氏の服がダサいと思っても言えなかったり、彼女の化粧が濃すぎると思っても言わないと思います。
ですから、そんな短期間の恋愛ばかりして、お互いに猫をかぶり自分にとって残念な部分がほんの少し見えただけですぐに別れてしまう人達は、その先のお互いを受け入れる経験をしていない、あるいは、意外と素の自分を出しても相手は受け入れてくれるという経験をする前に恋愛が終わってしまうので、いつになってもその猫をかぶり続けないと失敗するのではないかと思ってしまい、他人の目が怖くなり恋愛も強くなってしまうということになってしまいます。

自分の感情を相手を傷つけることなく伝える

長く続く恋愛をすることによって、他人の目を気にしすぎてしまうという症状が緩和されるということです。
この効果は最低でも半年以上は特定のパートナーと付き合いを重ねて、自分の本音で会話することができるようになることが必要です。
相手の感情を傷つけたり相手を批判することなく、自分の感情を伝えることが大切です。
例えば、相手の服が微妙だとか化粧が濃すぎるなと思った時に、そのことをセンスがないというように言うのではなく、それも似合っているけれど自分は男な感じが好きだなというように、批判するのではなく自分の感情を伝えるようにしてください。
自分の感情を相手を傷つけないように伝えることです。
このような会話を半年以上重ねることによって、今回のような効果が生まれるということです。

皆さんも自分の感情を伝えるようにしてください。
判断や批判、批評をするのではなく、自分の感情を相手を傷つけないように優しく伝えるということを意識して関係を半年以上続けると、その恋愛がその先続いても終わったとしても、皆さんが他人の目を無駄に気にすることなく大胆にリスクを取ったり行動することができるようになることにつながりますので、それは恋愛経験を自分の生きる力に変えることになります。
そうすると、仮にその恋愛が終わったとしても、次の恋愛はうまくいく可能性が高くなるでしょうし、恋愛以外の仕事などでも成果が出やすくなるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

恋愛初期と長期的な恋愛ではそれぞれ大切になるポイントが違います


長く続く恋人を見分けたいなら


良い恋愛をするためのおすすめ動画
長続きしない人必見!別れやすい恋人の見抜き方
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1556382486
コミュ力を高める対人不安克服法
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1546704423

リサーチ協力:Yu Suzuki http://www.nicovideo.jp/paleo

参照:Lehnart, J., Neyer, et al.(2010). Long‐term effects of social investment: The case of partnering in young adulthood.


他の人はこちらも検索しています

-恋愛・結婚
-, , , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.