ダイエット・最高の体調

ダイエットや欲求を抑えるために使えるSNSの使い方

投稿日:2018年7月10日 更新日:

スマホやSNSというと中毒とかネガティブなことが目立つこともありますが、使い方次第です。
SNSも良い方向に使えば、集中力を高めたり目標達成のツールになったりメンタルを強化することに役立ちます

その中で、ダイエットや欲求を抑えるために使えるSNSの使い方を紹介します。

2013年に232人の被験者にInstagramの料理投稿を大量に見せた後でお菓子を食べるように指示したという実験があります。
これはInstagramを使っていますが他のSNSでも検索したサイトでも結構です。
実験の結果、例えばポテトチップスの写真を見た人は実際にポテトチップスを食べた時の楽しみが減りました。つまり、ポテトチップスの画像を見ていない被験者に対してポテトチップスの画像を見ている被験者はポテトチップスに対する満足度が下がりました。
これはチョコレートや他の食べ物でも同様でした。

これは、心理学で感覚退屈といわれる現象です。

普通、美味しそうな写真を見るとお腹が減って食べたくなるということもあると思いますが、中途半端に見るとそうなります。ところが大量に見ると、感覚退屈という人間の視覚がその食べ物に対して慣れてしまい、その食べ物を食べる前に味が予測できるようになり、その予測した味にさえも慣れてしまうようになります。その結果、実際に食べたときの満足度も下がり食べる量も減るということが起きます。

ですから、我慢したいものはInstagramなどをうまく使って大量に見ておくことで感覚退屈を起こして欲求をコントロールすることが出来るようになります。
ただし、中途半端に見ると余計に欲求に負けやすくなります。感覚退屈を起こすためには実験では最低でも数百枚は見ないと行けないということがわかっています。
是非参考にしてみてください。

タグ

-ダイエット・最高の体調
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.