学習法・記憶法

SNSで記憶力を高める方法

投稿日:2018年7月11日 更新日:

SNSに限りませんが投稿して人に見せることが出来るものであれば使える記憶力を高める方法です。

2016年コーネル大学が66人の学生を集めて1週間の内にどのような体験をしたかということを記録してもらいます。記録する時にそれぞれの記録について、どの体験をSNSに投稿したのか?を尋ねました。

つまり、1週間の体験を記録してもらいそのうちSNSに投稿したのはどれかをという記憶力テストを行いました。

その結果、自分の体験をSNSに投稿した人ほど後で思い出せる確率が12%も高くなりました。

エピソード記憶をより明確に保ちたいのであればその内容をSNSに投稿することが効果的だということがわかっています。

これは日記なども近い気がしますが、エピソード記憶というのはストーリーの中で自分がどういう体験をしたのかという流れを記憶するということが大事です。

例えば、いきなり昨日の夜何を食べました?と尋ねられると、え~ととなかなか出てこなかったりしますが、具体的に◯◯さんと食事に行ったそうですね、何を食べたんですか?と尋ねられると、食べたものはもちろんその時に話した内容までどんどん出てくるものです。

自分が覚えておきたい内容がどのような文脈・エピソードの中にあるのかということを思い出すようにすると記憶というのは残りやすくなります。

多くの人はSNSの投稿というのは食事の投稿をするならば食事して帰ってから思い出しながら投稿すると思います。

文脈・ストーリー・感情を思い出しながら投稿するから記憶に残りやすくなるわけです。

是非参考にしてみてください。

タグ

-学習法・記憶法

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.