心理分析してみた!

Mentalist DaiGo Official Blog

読む・操る

タダ者ではない人に見える【一目置かれる話し方の特徴】

投稿日:

タダ者ではない人に見える一目置かれる話し方の特徴

DaiGo MeNTaLiST

カリスマ的に思われるために必要なのは

天才に見える話し方を紹介させてもらいます。この人は他の人とは違うと思われたり、人から一目置かれるような人間になるための話し方です。

カリスマ的に頭が良さそうな人やカリスマに見える人がいますが、そのような存在感を持つためにはどうすればいいのかということですが、そのために一番簡単なテクニックは・・・

「即答」です。

人間は相手の頭の良さを正しく理解することはできていません。実際の頭の良さよりも、質問された時に即答がどれくらいできるかということだけで、相手の頭の良さやカリスマ性を判断しているということが、クイーンズランド大学の研究で分かっています。

カリスマ性の高い人の特徴とは

この研究では、417名の学生を対象に、他人から一目置かれるようなカリスマ性の高い人は何が違うのかということを調べています。
全員に IQ テストや性格テストを行い、メンタルスピード(物事に返答する速さ)を計測しました。メンタルスピードテストとは、例えば、野菜の名前をたくさんあげてくださいとか、宝石の名前をたくさんあげてくださいというような一般常識のクイズであったり、パズルを解いてもらい、回答スピードを測定するものです。
さらに、参加者の友人達を集めて全員の客観的なカリスマ度を調べました。
これらにより、どのような要素のスコアが高い人がカリスマに見えるのかということを調べようとしたものです。

その結果、とにかく質問や問題に対して即答している人ほど、周りからカリスマ性が高いと評価されていたということが分かっています。
面白いことに、IQ の高さとカリスマ性の高さには関連性がありませんでした。さらには、性格の特性とカリスマ性にも関連性がありませんでした。
つまり、僕達は性格や頭の良さで人を評価しているように考えていますが、実際には、頭の良さも性格も関係がなかったということです。
周りからされる質問や問題に対してできるだけ素早く答えることがポイントだったわけです。
メンタルスピードが速い人はカリスマ性が高く頭がいい人に見えるということです。

即答の技術を鍛える

皆さんも即答の技術を鍛えると頭が良くカリスマ性が高い人に見えますので、是非試してみてください。
この即答の技術を鍛える方法としては色々とありますが、僕のお勧めとしては、オーディオブックを聞く方法です。オーディオブックで文章を頭に入れて即答できるようにしたり、できるだけ自分の勉強したことや覚えた知識を他人に話すようにして、アウトプットする能力を意識して鍛えることがいいと思います。
即答する力を鍛えると周りからの印象や扱いもかなり変わります。
そして、アウトプットをすることによって実際に頭も良くなっていきます。

第一印象を高めるためのおすすめ動画
初対面力を高める!カリスマ研究に学ぶ第一印象の鍛え方
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1539268803

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参照:https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797615616255?journalCode=pssa

タグ

-読む・操る
-, , , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.