人間関係

スマホを使いすぎると起きる悲劇

投稿日:

スマホを使いすぎると起きる悲劇

DaiGo MeNTaLiST

スマホを使う時間が長くなりすぎると起こる悲劇があります。

スマホを使いすぎるとよくないということはよく言われています。例えば、認知能力が下がるとか、集中力が落ちるとか、色々なデメリットがあるのではないかとされています。

共感能力の低下

実は、スマホやパソコン、ゲームなどのデジタル機器などを使いすぎると、共感能力も低下します。つまり、他人の気持ちを理解する能力が低下してしまうわけです。
これにより何が起きるかというと、人間関係で無駄なトラブルを抱えてしまったり、相手から嫌われているわけでもないのに、嫌われていると思い込んでしまう被害妄想的な状況になってしまったり、人間関係でイライラしやすくなってしまったり・・・、というような弊害が起こります。
コミュ力が低下してしまう原因は、デジタル機器の使いすぎかもしれません。

UCLAの研究で、12歳の子供達51人を対象にロサンゼルス郊外のキャンプ場に連れて行き、5日間だけデジタル断食をしてもらう実験を行っています。5日間キャンプ場で過ごしてもらいスマホやパソコン、ゲームやテレビなどデジタル機器のない生活をしてもらいました。
最初は子供たちは抵抗したそうですが、 ほとんどの子供たちは何ら支障なく生活できたそうです。
キャンプが終わってから、デジタル断食を行った子供達といつも通り生活していた子供達とに分けて、たくさんの写真や動画を見せて写っている人たちがどのような感情を持っていて、どのようなことを考えているのかということを推測してもらいました。
その結果、デジタル断食を5日間行った子供達は、普通に生活していた子供達に比べて、表情から感情を読み取る能力が高くなっていました。

デジタル断食を行った子供たち:エラー率9.4%

デジタル断食を行わなかった子供達:エラー率14.2%

5%近くエラーが減ったわけです。

デジタルのない時間の確保を

そういう意味では、営業など人の気持ちを理解したり共感することが必要な職業の人達は、デジタル断食をした方がいいかもしれません。
5日間デジタル断食するとかではなくても、1日の中で使う時間を制限したり、デジタル機器に触れない時間を1日の中で一定時間は確保するようにしたほうがいいと思います。

他人の感情を読み取ることができなくなったり、周りの人が考えていることがわからなくて不安になる人は、どうしてもコミュニケーションが怖くなってしまいます。そうなると、どうしてもデジタルの方に気が向いてしまいます。わざわざ周りの人とコミュニケーションをとるよりも、スマホで SNS を見てみたりゲームをしていればいいと考えてしまいます。それにより、余計に共感能力は低下しコミュ力も落ちてしまいます。
コミュ力をあげたいのであれば、アナログな時間を確保することをお勧めします。

休みの日に、たまにはスマホを家に置いてお出かけしてみたり、散歩やちょっとしたスポーツをしてみるのもいいのではないでしょうか。
スマホがないとできないことが増えてきましたが、可能であればデジタル断食もしてみるといいと思います。最初は不便なだけかもしれませんが、3日ぐらいを過ぎると意外とスッキリしてきて、自分が色々なことを考えられるしできる人間なんだと分かると思います。
ぜひ試してみてください。

コミュ力を高めるおすすめ動画
コミュ障でも5分で人脈をつくれる方法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/15257049
コミュ力を高める対人不安克服法
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1546704423
他人の気持ちがわかりやすくなる共感力を鍛えるトレーニング
▶️https://www.nicovideo.jp/watch/1546191723

Reference:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0747563214003227

タグ

-人間関係
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.