健康・ダイエット

寝ても寝ても昼に眠くなる意外な理由

投稿日:2018年12月29日 更新日:

DaiGo MeNTaLiST

日中に眠くなってしまう人は結構いるのではないでしょうか。

特に日本人は昼間に眠気を感じる人が多い人種だそうです。日中に強烈な眠気に襲われる日本人は全体人口のおよそ7割もいるそうです。そう考えるとむしろ昼間に眠気を感じるのも普通のことといえます。

よくある睡眠に関する書籍を読むと、睡眠の質が良くないから・・・睡眠時間が足りていないから・・・昼間に眠気を感じない程度までしっかり眠りましょうというものがありますが、ここで疑問が出てきます。
しっかり夜寝ていたら昼間眠くならないのかというと、人によりますがやっぱり眠いわけです。僕も時折ありますので、これはなぜなのかということを調べてみました。
もちろん睡眠の質や夜更かしをし過ぎているというのもありますが、昼間に眠気を感じやすい遺伝子型を持っている場合もあります。遺伝子レベルの話になるとどうしようもないかも知れませんが、自分が知らず知らずにやってしまっていることが原因であればそれは損をしているようなものですから改善したいですよね。つまり、本来はもっと集中力が出て勉強や仕事にパフォーマンスを発揮できるのに余計なことをしているために眠くなっているというのであればなんとかしたいはずです。

昼間に眠くなる意外な理由

朝の起き方や睡眠の質に気を配るのももちろん大事ですが、それ以外にも多くの理由があります。その中で人が気をつけて何とかなる意外な理由を紹介します。

アデレード大学の研究ですが、脂っこいものを食べすぎていると昼間に眠くなるそうです。

つまり、高脂肪食を多く食べている人は昼間に眠くなる確率が高くなるということです。この研究では1,815名のオーストラリア人を対象に1年間にわたって全員の食生活を記録し、睡眠をモニタリングする機器を使い睡眠の状態を調査しました。
この結果、脂肪分の摂取量が多い人はそうでない人に比べてなんと78%も昼間に眠くなる確率が高かったということがわかっています。これだけの差が出てしまうとオーストラリア人に限ったことではとか看過できないと思います。

高タンパク質の食品や高炭水化物の食品は日中眠くなることとは関係がなく、高脂質な食事をしている人だけが昼間に眠くなるということです。
僕は、よく昼間にカレーを食べる人を雇うなと言っていました。これは、昼間にカレーを食べると体温が一気に上がって徐々に下がっていくので睡眠に適した状況になりパフォーマンスが低下するからです。
もうひとつ見つかりましたね。昼間にラーメンとか高脂肪食を食べる人は雇わないほうが良いかもです 笑。

高脂肪食の人は往々にして太っていて、太っている人は無呼吸症候群になりやすいので睡眠の質が下がっているからではとも考えられますが、この研究ではBMIの数値とは関係がなさそうだという結果も出ています。つまり、痩せている人でも高脂肪食を摂ると昼間に眠くなってしまうということです。

人の体は高脂肪な食品に対応できない

これは、一度食べたらアウトということではなく普段からの食事の傾向が影響を与えるということです。
この原因として、研究者の見解としてはホルモンバランスが乱れることによるのではとされています。食欲を抑えるホルモンのレプチンと食欲を促進させるホルモンのグレリンのせめぎあいで僕たちの食欲は決まってくるわけですが、高脂肪の食事を続けると食欲を抑えるレプチンが多く分泌され食欲を促進するグレリンが減ります。これによりこのふたつのホルモンバランスが崩れて、睡眠をコントロールしている脳内に分泌されるオレキシンにも悪影響が出てしまうというものです。そのため本来眠くならないはずの時間帯に眠くなってしまうのではとされています。

高脂肪な食品はもともと自然界にはありませんでした。ですから、身体はそれに対して対処する方法を持ち得ていないわけです。ですから高脂肪なものを食べているとホルモンバランスが崩れてしまいます。

さらに、ホルモンバランスが崩れてしまうとうまくエネルギーを出せなくなってしまいます。その結果、日中眠くなり身体がエネルギーを出すべきところで出せなくなってしまいます。

眠くなると高脂肪・高炭水化物を求める

なぜか眠いときに高脂肪なものや高炭水化物なものを食べたくなりませんか?例えば、忘年会に行って二次会三次会で眠くなって帰ろうとしていたのにシメのラーメンに誘われてついついついて行って眠い目をこすりながらラーメンを食べている人とか想像できますよね。
眠い時は高脂質なもの高炭水化物なものを求めるようになるということがわかっています。

つまり・・・

高脂肪な無限ループ

脂っぽいものを食べる

レプチンの量が増えてグレリンの量が減る

オレキシンに影響を与える

眠くなる

高脂肪・高炭水化物なものを求める

また脂っぽいものを食べる

・・・

さあ、恐ろしい無限ループに陥ります。

ですから、もし皆さんの中でダイエットがうまくいかないし昼間眠くなるという人がいたら食生活を見直してみるのも必要かもしれません。

もちろん、クロノタイプ的に健康的な食事をしていても昼間に眠くなる人もいますが、昼間に眠くなる人で高脂質な食事が多いなと思う人は気をつけてください。

かといって、脂肪の量を極端に減らしてしまうとホルモンがつくれなくなってしまうのでよくありません。結局バランスが大事だということです。いずれにしても極端なことはよくないものです。自分の身体に何が足りていて何が足りていないのかを知ることが大事です。

起床方法についてはこちらも参考にしてください↓

アラームなしでも起きれる最高の起床法

朝スッキリ起きる方法についての質問が多いのでご紹介します。 朝スッキリ起きるための方法はたくさんありますが、意外な方法が ...

続きを見る

タグ

-健康・ダイエット
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.