目標・成功 起業・副業

副業vs独立、成功するのはどっち?

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • こんな時期だから副業か独立を考えたい
  • いつかは挑戦したい夢がある

本業として起業vs副業として起業

副業 vs 起業もしくはフリーランスとして、どちらの方が成功するのかということを紹介させてもらいます。

今、会社の今後が心配になってきたとか、解雇されて仕事がなくなってしまったとか、急に仕事がなくなってしまい大変な状況の人も多いと思います。
このような状況の中では、なかなか起業しようと思う人は少ないかもしれませんし、逆に、こんな状況だからこそ自分にできることを始めようと考えて、自宅で起業を始める人もいると思います。

そもそも、独立して起業したりフリーランスで始める場合と、今の仕事を続けながら副業から始める場合では、どちらの方が将来的に成功する可能性が高いのでしょうか。

今回の参考文献の『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』でも紹介されていますが、結論としては、副業から始めた方がいいです。

失敗しない副業の始め方や、自分が会社に行きながら会社を作って副業として起業するという方法もありますので、そんな方法について解説した動画を今回のおすすめ動画として紹介しています。
失敗しない為の副業の方法であったり、成功する起業家の特徴について解説していますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

失敗しない副業の始め方〜給料と同額を副業で稼ぐには
成功する起業家の7つの共通点【起業の科学】
リスクと失敗を減らし成功を引き寄せる不安利用の科学

副業から始めて成功している人たち

成功した起業家たちで、自分たちはリスクを取ることで成功したということを言っている人は結構いますので、どうしても同じように自分もリスクを取らないと成功できないと考えてしまう人が少なくありません。

実は、僕たちがよく知っている会社を作った人たちの中でも、副業から始めて成功している人も少なくありません。

例えば、経営管理学研究者のジョセフ・ラフィー氏らの行なった研究をチェックしてみると、起業する際に、本業を続けながら副業として始めるのと、今の会社を辞めて起業するのとで、どちらの方がいいと思うかというような調査を行っています。

これは1994年から2008年の間に実際に起業した20代から50代の5000人のアメリカ人を対象に、この質問を行い、その上で、彼らの会社の状況について調べています。

お金に余裕がある人とない人

この調査からはいろいろと興味深いことが分かっています。
まず、多くの人は、お金に余裕のある人が今の本業を辞めて起業し、お金に余裕のない人は今の本業を続けながら副業として起業すると考えるかもしれませんが、実際には、本業を辞めて起業しているのか副業として起業しているのかということは、その人の経済状況とは関係がありませんでした。

ですから、お金に余裕がなくても会社を辞めて起業する人もいますし、お金に余裕があっても副業から始める人もいるということです。
本業としていきなり始めるか、それとも、副業として始めるのかということは、自分の持っているお金や経済状況とは関係がないわけです。

皆さんに今お金に余裕があろうとなかろうと、本業として始めるか副業として始めるかということには関係がないということです。
これは個人の好みの問題ということになります。

ただし、本業を辞めて起業した人と副業として起業した人を比べると、本業を辞めて起業した人は自分のビジネスに対してとても自信を持っていました。
いきなり大きな借金を抱えて大きなビジネスを始めたり、自信満々でリスクを取ることができるリスクテイカーでした。

一方で、副業として起業した人たちは、当然ですが、失敗したくないし食べていけなくなるのも困るので、出来うる限りリスクを避けようとして起業している人たちが多かったということです。

副業として始めた方が倒産リスクが33%も低い!

大事なのはこの先で、リスクテイカーで本業を辞めて起業した人と、リスクを避けようとする副業で起業した人とで、どちらの方が先々成功するのかということを調べたところ、副業として起業した起業家は、リスクテイカーの起業家よりも、その事業が失敗する確率がなんと33%の低かったということです。

つまり、副業として起業した方が、ビジネスに失敗してしまう確率が33%も低いということです。
ですから、その点を考えると副業として起業するというのが正解になります。

さらに、お金に余裕がある人もそうでない人も、副業で始めた方が成果が出やすいということも分かっています。
お金に余裕があったとしても、逆にお金に余裕がなかったとしても、自分の本業を続けながら副業として始めた方がうまくいく確率が高いということです。

自信満々な人より不安な人の方がうまくいく!

その人の性格として考えると、リスクを嫌いできるだけリスクを避けて、自分のビジネスの間に対して、本当にそれがうまくいくのだろうかと不安を感じたり疑問を持つことができる人が起業した会社の方が存続する可能性も高かったということも分かっています。

これは、自信満々な人が作った会社には投資してはいけないし、無駄に自信満々な人がしているビジネスはちょっと怪しいのかもしれないということが見えてくるということになります。

今は大きな成功をしているあの企業も?!

アメリカのビジネス誌でファスト・カンパニーというものがあり、最も革新的だとされる企業のランキングが発表されています。
このランキングで上位に挙げられている企業の創業者の大部分は、副業としてその会社を作っているそうです。

実際に革新的なことを行い評価も高く株価も上がっている企業ほど、創業としては副業として始められた企業だったということです。

「ナイキ」

例えば、ナイキという企業がありますが、この創業者はフィル・ナイトという起業家でしたが、この方は、もともと陸上選手兼会計士という独特の経歴を持たれていて、副業として始めた会社がナイキでした。

彼は、会計士をしながらナイキという会社を作り、1964年から自分の車のトランクにランニングシューズをたくさん詰め込み、それを販売するというビジネスを始めました。
その靴は結構売れて売上も良かったそうですが、すぐに会計士の仕事は辞めないで、1969年まで会計士の仕事も続けながら靴を売っていたということです。

ナイキの創業のストーリーは結構面白いので、今回のおすすめの本として『SHOE DOG(シュードッグ)』も紹介しておきますが、あのナイキですら、副業から始まっています。

「アップル」

実は、iPhone を作ったアップルも同じくです。
アップルはもともと皆さんもよく知っているスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックが作った会社ですが、初代のアップルコンピュータを開発したスティーブ・ウォズニアックは、もともとヒューレットパッカードで働いていて、1976年にスティーブ・ジョブズと一緒にアップルを創業しました。

しかし、1977年までヒューレットパッカードのエンジニアを続けていたそうです。
つまり、創業する際には副業としてアップルコンピューターを作り、それが売れるようになるまでは、ヒューレットパッカードのエンジニアを続けていたということです。

本業がありメンタルも安定していたので、その方がクリエイティブなことができるようになったのだろうと想像することができます。

「Google」

他にもあります。
なんとあの Google も同様です。
Google の創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、学生の時に Google のもとになるネット検索のシステムを作っていました。

1996年に彼らはネット検索の効率を飛躍的に向上させる方法を発明し、一躍評価され注目されましたが、1998年までの2年間はスタンフォードの大学院で学生を続けていました

当時の Google の検索システムも当時としてもかなり素晴らしいものでしたが、メンテナンスしたり維持するために結構時間がかかっていて、そのままでは博士号を取れないかもしれないと考え、あの Google のもとになる検索システムをわずか2億円で販売しようとしたこともあるそうです。
しかし、たまたま売却先がそれを断ったおかげで、今の Google があるということです。

「ブライアン・メイ」

起業家だけでなくアーティストも結構います。
例えば、ロックバンドのクイーンでギタリストや作曲をしているブライアン・メイは、本業としては天体物理学者でした。
天体物理学の博士課程在学中の学生の時にたまたま誘われたバンドでギターを弾き始めて、そのバンドがクイーンだったそうです。

クイーンのバンド活動に専念するようになったのは、それから何年も経ってのことで、その専念するようになった直後にあの有名なWe Will Rock You を彼が作詞作曲したそうです。

ですから、やはり副業として始めた方が面白いことができるということです。

「ジョン・レジェンド」

他にも、グラミー賞を受賞したジョン・レジェンドというミュージシャンがいますが、この人は2000年にアルバムをリリースしてそこから注目を浴びるようになりました。
この2000年に1枚目のアルバムをリリースしているわけですが、2002年までは経営コンサルタントとして働いていたそうです。
こんなグラミー賞受賞するようなミュージシャンですが、夜だけ音楽活動をしていたということです。

おそらくそれ一本でも大変であろう経営コンサルタントという仕事を日中はこなしながら、副業として夜に音楽活動をしていたわけです。
このような人の話を聞くと、僕たちは簡単に時間がないなんて言ってはいけないという気がしてきます。

「スティーヴン・キング」

まだまだ他にもあり、小説家のスティーヴン・キングは第一作目から結構有名にねり名作ばかりでどんどん有名になっていきましたが、そのかなり有名な第一作目を執筆しても、その後7年間も学校の先生とガソリンスタンドの店員を日中の仕事として続けていたそうです。
実際にそれらの仕事を辞めて小説家に専念し始めたのは、小説家として注目されてからおよそ7年後だったということです。

「スコット・アダムス」

さらには、『ディルバート』の作者として有名なスコット・アダムスは、『ディルバート』が新聞に毎日掲載され漫画家としてお金が入るようになっても、なんと7年間も IT 企業で働き続けていたそうです。

みなさんも副業から挑戦を!

そういう意味では、芸術的な観点で考えたとしても、会社を作って起業するという場合でも、やはり、副業として始めた方がはるかに成功する可能性も高くなりますし、無駄に失敗するリスクを下げることができるということがわかります。

ですから、皆さんもまずは副業で始めてみるのがおすすめです。
特に、今はテレワークも一般的になり副業を簡単に始められるということもありますので、ぜひ挑戦してみてください。

とはいえ、いざ始めようとしても、どこから何をすればいいのかがわからないという人もいると思いますので、今回のおすすめの動画としてそんな副業や起業に参考になる動画をまとめています。

1つ目の動画は「失敗しない副業の始め方〜給料と同額を副業で稼ぐには」で、これは、今もらっている給料と同額を短時間で副業で稼ぐためにはどのようなことに注目すればいいのかということを解説しています。

2つ目は、「成功する起業家の7つの共通点【起業の科学】 」です。実際に起業して成功している起業家は、起業してからの行動も少し違います。成功する起業家が持っている7つの共通点というものが分かっていますので、それをわかりやすく解説しています。

最後が、「リスクと失敗を減らし成功を引き寄せる不安利用の科学」ですが、なかなか起業するのも副業を始めるのも怖くて踏み出せないという人もいると思います。
ただ単になんとなく不安というだけで、それをリスクと勘違いする人がいますが、不安とリスクは分けることがまず必要です。
何の元手のかからないような副業であれば何のリスクもないわけです。そこにはただ不安があるだけですから、そんな何かを始めたり一歩を踏み出そうとする時の漠然とした不安を自分の力に変えるための方法を紹介しています。
是非チェックしてみてください。

今回のおすすめの本としては、先ほどの『SHOE DOG(シュードッグ)』と他に2冊紹介しておきます。
まずは、『内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える』です。
よく世の中では起業して成功する人は外交的でリスクをどんどん取る人のようなイメージがありますが、実際にはそんなこともなく、内向的な人も起業することができますし成功している人も少なくありません。
内向的な人は起業して成功してもそれをアピールしたり自慢したりしないので、あまり目にしないだけです。

はっきり言って内向的な人の方が今の時代では成功しやすいです。
では、どのように自分の内向的な性格を活かせばいいのかということを学べるのがこの本です。

そして、起業したり副業を始めるという時には当然意思決定をする必要があるわけですが、この意思決定に役に立つ『決定力! 正解を導く4つのプロセス』も紹介しておきます。
皆さんの決断や決定をより正確にして、失敗しないための科学を学ぶことができる本です。
ぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥1,881 (2020/10/20 02:09:16時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,900 (2020/10/20 10:56:17時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,780 (2020/10/20 11:55:35時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Adam Grant(2017)Originals: How Non-Conformists Move the World

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功, 起業・副業
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog