恋愛・結婚

浮気をやめれない【性的ナルシスト】の見分け方

この知識はこんな方におすすめ

  • 浮気がやめられないやばい相手を見抜きたい
  • 浮気や不倫で人生踏み外したくない

絶対に付き合ってはいけないやばい相手

今回は性的ナルシストについてです。
あまり聞いたことはないかもしれませんが、付き合ってはいけないタイプの人の特徴です。
自分の性的な魅力や身体的な魅力などに対して変に自信を持っている人がいますが、このような人がどれだけヤバイかという話になります。

どんな世界でも少し成功すると変に自信を持ってナルシスト感が強くなる人がいると思います。
最近では、芸能人や有名人の不倫報道などがよくあり謝罪会見とかもよく目にしますが、このような性的ナルシストの人たちはそもそも開き直るので謝罪もしません。
例えば、 自分が不倫をして奥さんが泣いているのに別に気にすることもありません。
芸能人などであれば、週刊誌などによりばれることもありますが、一般の場合はばれることもそうないので開き直ってしまうということが結構多いと思います。

性的ナルシシズムとも言いますが、いわゆる自己愛性パーソナリティ障害と非常に近いもので、自己愛が非常に強いパーソナリティーです。
はっきり言って、この特性を持っている人とは付き合わない方が賢明です。

性的ナルシストではなく普通のナルシストであればまだマシです。
普通のナルシストであれば、自分が魅力的で能力が高いということを現実のこととしておきたいので、一生懸命頑張って努力するという側面もありますし、ナルシストが全て悪いというわけではありません。

ただ、恋愛関係において性的ナルシストというジャンルのナルシストは非常にやばいです。
こんな人に関わりつらい思いをしてもらいたくないので参考にしていただけたらと思います。

性的ナルシストと浮気の関係

この性的ナルシストと浮気に関する研究をまずは紹介して、性的ナルシストがいかにやばいのかということを解説させてもらい、その性的ナルシストの見分け方と合わせて、性的ナルシストでない場合も浮気しやすい相手を見抜く方法まで紹介させてもらいます。

他にもいろいろな浮気を見抜く方法はありますし、そこから浮気をさせない方法も解説している動画もありますので、詳しく知りたいという方は今回のおすすめ動画として紹介していますので、そちらもぜひチェックしてみてください。

実は、性的な点で自信過剰だと浮気が起きるという研究が出ています。
浮気が起きる原因はいろいろとありますし、夫婦関係や恋愛関係の問題から生じることもあるとは思いますが、性的な関係においてはお互いに満足している状態にあったとしても浮気は起こります。

2014年にフロリダ州立大学などの研究チームが行った研究で、結婚初期における性的ナルシストと浮気の関係の調査を行っています。

結婚したばかりの夫婦ですから、当然、浮気しづらい状況のはずです。
結婚して何十年も経ちお互いに冷え切っている状況で浮気が起きるというのであれば、まだ分かる部分もありますが、結婚したばかりの新婚夫婦で夫婦関係もいい状況で幸せの絶頂にあるにもかかわらず浮気してしまう人はどんな人なのかということを調べた研究です。

研究チームは、123組の新婚夫婦を集めて、それぞれに自己愛のレベルを調べるテストを行い、浮気の経験の有無と夫婦間の満足度、お互いに対する性的な満足度をチェックして、半分のグループは4年間追跡し一般的な自己愛のみを測定して、残りのグループは1年間の追跡で性的ナルシズムをチェックするということを行っています。

ここでいう性的ナルシシズムとは性の自己愛が深いパーソナリティのことです。
いわゆるナルシストは一般的な自己愛が深いので、自分の見た目や仕事に対する能力、将来性などさまざまなものに対して自己愛が深くなるわけですが、性に対する自己愛だけが深いパーソナリティが性的ナルシシズムです。

この人たちは、配偶者や自分のパートナーを性的に喜ばせる方法を自分はとてもよく知っているといった記述に同意する可能性が高い人たちです。
自分の性的な能力を過大に評価していて、自分はそのような点でたくさんの人に求められるので、自分のパートナーは自分が望む通りのことをするべきだと思い込んでいます
自分はエキスパートでみんなから求められているので、逆に、自分と関係を持つことができることに感謝するべきだというぐらいに考えています。

自分には望んだ行為をする権利があると考えていて、自分のパートナーが何を望んでいるのかということを全く考えていません。
普通であれば、恋愛関係でも人間関係でも、相手が大事な人であればその相手を喜ばせるためにはどうすればいいのかということを考えるはずです。

ところが、この人たちは相手は自分のために尽くすべきだとしか考えていないので、相手のことを全く分かっていませんし分かろうともしていません。
パートナーが何を望んでいるのかという理解度が非常に低く、性的搾取を行う特徴があると言われています。

新婚夫婦の5%が不倫を経験?!

このデータを分析したところ興味深い傾向が確認されていて、なんと新婚夫婦の5%が不倫を経験しています。
そして、その約半数は奥さんが原因でした。

ですから、一般的にはよく男性が浮気をする問題が目に付きますが、新婚夫婦に関してだけを見ると、不倫や浮気による問題の半分は男性で半分は女性が原因だということです。
別に男性を擁護するつもりはありませんが、男性も女性も確率としてはあまり変わらないわけです。

これがまずひとつめのポイントで、約5%が新婚の状態でも不倫を経験しているということです。

性的ナルシストほど不倫をする!

そして、性的ナルシシズムが強い人ほど不倫の可能性が高かったということです。
性的な能力や魅力に対して過剰に自信を持っている人たちは、一般的な自己愛のレベルや結婚への満足度、夜の生活に対する満足度などを調整した場合でも、不倫の可能性が高くなるという傾向が確認されています。

つまり、一般的な自己愛とは関係なく、性的ナルシシズムの特性を持っている人は新婚の時点でも不倫をする可能性が高いということです。

結婚に対する満足度が高くても、性的ナルシシズムの傾向が高かったら意味がないということです。
結婚に対する満足度が高くても低くても、性的ナルシシズム強い人ほど不倫をしやすかったわけです。

夫婦の間でお互いに日常生活に満足していて幸せだと感じていて、夜の生活もとても満足しているという場合であっても、性的なナルシストはそんなこととは関係がなく不倫をしてしまうということです。

ですから、不倫や浮気がバレた家庭の話を聞くと、多くの人は夫婦関係がうまくいっていなかったのだろうと考えると思いますが、それでは全く関係がない別の話のケースもあるということです。

相手がこの性的ナルシストの場合には、皆さんがどんなに相手に尽くしたりお互いに幸せになるために家庭の事を考えたり努力しても関係がないわけです。
夫婦の満足度とは関係がなく、相手が性的ナルシストの特性を持っているが故に浮気をしてしまうということです。

だから、このような人たちは開き直り、もはや止められないわけです。
このような人だけは絶対に選んではいけません。

性的能力の過大評価が最も危険!

さらに、性的ナルシシズムの構成要素の中でも、不倫と最も相関が高かったのは性的能力の過大評価でした。
これは性的な魅力ではないというところに注意してください。
見た目の魅力などではなく実際の能力がどうかということも関係なく、自分の能力を過大に評価しているということです。
そのような特性を持っている人ほど最も不倫との相関が高かったということです。

どのようなことに対しても同じだとは思いますが、自分は選ばれた人間だというような感覚を持ってしまうと、平気でそのようなことをしてしまうようになるわけです。

性的ナルシストのパートナーを持つと・・・

さらに、別の問題があります。
性的ナルシスト本人が浮気をするという話を紹介したわけですが、もし皆さんが性的ナルシストのパートナーを持ったとしたら、恐ろしいことに、皆さん自身の浮気率も高くなってしまうということも分かっています。

自分には望んだ行為をする権利があるとか性的な能力が高いと信じている性的ナルシストを配偶者に持つ人は、本人と同様に浮気をする確率が高かったということです。

性的ナルシストはデフォルトで不倫や浮気をしやすいです。
ですが、彼らが実際には浮気をしていなかったとしても、そんな人と付き合ってしまうと自分自身が浮気をしてしまう可能性が上がってしまいます。
ですから、夫婦揃って過ちを犯してしまうということも起きるわけです。

結婚の満足度から不倫を予測することはできない?!

さらに、恐ろしいことですが、全体的な傾向として結婚の満足度から不倫を予測することができなかったということがこの研究では言われています。

つまり、結婚生活がどれだけ幸せなのかということを調べることは、不倫や浮気の予言因子にはならなかったということです。
新婚の状態の夫婦の満足度と浮気するかどうかという確率は関係がありません。

ですから、2人の関係がいいから安心だということも言えませんし、2人の関係が良くないから不倫や浮気が起きてしまうということも言えないわけです。
可能性としては、相手が性的にナルシストかどうかということだけを見た方が、浮気や不倫の問題が起きるかどうかということを予言する精度が高くなるということです。

最初はいい人で魅力的に見えるものです

男性でも女性でも、モテる人は自分が性的ナルシストであったとしても猫をかぶっています。
付き合ってみたらとんでもない男だったとかとんでもない女だったという話はあると思いますが、大抵の場合、そんなとんでもない相手ほど付き合う前にはとてもいい人に見えたり優しい人に見えたりするはずです。
彼らはモテるためであれば自分を偽ることができる人たちです。
自分を魅力的に見せることが上手いので、大抵の人が引っかかってしまうわけです。

そんな人に誰でも引っかかりたくないはずです。
性的ナルシストを普段の行動から見分けるための8つのポイントというものがわかっています。
知りたい方はぜひ今回のおすすめの動画をチェックしてみてください。

恋愛や男女の心理について学べるおすすめ本

今回のおすすめの本としては、恋愛や男女の心理について学べる本をいくつか紹介しておきます。

僕の書いた本ですが、夜の生活について学びたい方はこちらも参考にしてみてください。

¥1,430 (2020/07/04 00:39:20時点 Amazon調べ-詳細)

苦しい恋愛から抜け出すことができない人、もしくは、つらい恋愛にはまりたくないという人は、こちらの本をぜひ読んでみてください。

男性と女性の心理の違いで悩む人もいると思いますが、なぜ男があのように考えているのかとか、女性はなぜいつもああなのかというようなことが理解できる本です。

¥940 (2020/07/04 07:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

性淘汰や人間の性行動、男性と女性の違いがなぜこんなにも現れるのかという進化心理学を理解するための本としては、こちらの2冊の本がおすすめです。
男女の心理の違いを理解するために役立てていただけたらと思います。

今回のおすすめ動画

今回のおすすめ本
¥1,430 (2020/07/04 00:39:20時点 Amazon調べ-詳細)
¥940 (2020/07/04 07:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:McNulty, J. K., & Widman, L. (2014). Sexual narcissism and infidelity in early marriage.

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-恋愛・結婚
-,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog