メンタル強化 目標・成功

最も人生が変わるマインドセットがこちら

最も人生が変わるマインドセットがこちら

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 目の前の困難を乗り越えたい
  • 今こそ人生を変えたい

自粛中のストレスを力に変える

皆さん自粛中でストレスを抱えがちだと思いますが、この自粛中のストレスを力に変えるための方法を今回は紹介したいと思います。

ポジティブストレス・マインドセットという理論があります。
人は当然ストレスを避けたいと思うものです。面倒なことは嫌ですしストレスになるようなことはできるだけ避けたいものです。

もちろん無駄なストレスを抱える必要はありませんが、普段から、そのように自分はストレスを避けたいと考えてしまうと逆にストレスが増してしまいます。
ストレスを避けたいと思えば思うほど、僕たちのストレスは増してしまうということです。

ですから、無駄なストレスを抱える必要はないけれど、自分はストレスに立ち向かうことができて、ストレスをバネにして成長することができるというように、ストレスを自分の力に変えることができるという考えを持っている人は、実際にストレスがかかった時に、むしろ能力が高まるということが示されている研究があります。

今回は、そんなストレスを味方につける方法について紹介させてもらいます。

ストレスに対する考え方の違いが与える影響

ストレスはそれを避けることを考えるよりも、そこに意味を見出した方がストレスを味方につけることができるということについては、心理学では常識になりつつあることです。

例えば、ドイツのマンハイム大学の実験を見てみると、171人のオフィスワーカーを対象に、ストレスに対してどのように考えているのかということをチェックしました。

ストレスに対する考え方としては基本的に2つに分かれます。
ポジティブストレス・マインドセットネガティブストレス・マインドセットの2つがあります。

ポジティブストレス・マインドセット

ポジティブストレス・マインドセットを持っている人は、ストレスが集中力ややる気を高めてくれることもあるというように、ストレスを別に歓迎するわけではないけれど、ストレスによって僕たちの能力を高めることもあるぐらいに、ストレスには良い面もあると認識している人たちです。

例えば、仕事であれば締め切りの直前に仕上げるために頑張ることができたり、夜にデートの約束がある時など、時間が決まっているとそこまでになんとか仕事を終わらせようと考えて、その日の仕事を頑張ることができたりすると思います。
時間が限られていたり、ストレスを乗り越えようとすることでやる気が出る場合もあると考えている人です。

ネガティブストレス・マインドセット

逆に、ネガティブストレス・マインドセットを持っている人は、ストレスは嫌な気分になるし逃げたいもので、ストレスがかかるようなことはしたくないし出来るだけ避けたいとだけ思っている人です。

このポジティブストレス・マインドセットとネガティブストレス・マインドセットの2つがあるわけです。

ポジティブストレス・マインドセットは、ストレスを受け入れるというよりは、人はストレスを乗り越えようとする時にはやる気が出るものですから、ストレスにはもちろんネガティブな面もあるけれど良い面もあるということを理解しているという考えで、ネガティブストレス・マインドセットは、ストレスとは全て嫌なもので、できるならばゼロにしたいという考えです。
基本的には、人間のストレスに対する考え方はこのどちらかになります。

オフィスワーカーの人たちに対して、このようなストレスに対する考え方をチェックした上で、1日に3回ずつ作業日記のようなものをつけてもらいました。
仕事がどれくらい進んだのかというような日記をつけてもらい、全員が仕事に対してどのように取り組んでいるのかということと、仕事に対するモチベーションいや実際の仕事量について調べました。

ポジティブストレス・マインドセット:朝からモチベーションが高く生産性も高い

その結果わかったこととして、ポジティブストレス・マインドセットを持っている人の方が、仕事が楽になっている上にはかどっていました

ストレスというものは自分の力になることもあると考えている人たちは、まず、その日の朝のモチベーションが高い傾向がありました。

朝起きてから、仕事に行くのが面倒だとかだるいと思う人もいると思いますが、ポジティブストレス・マインドセットを持っている人は、そうでない人に比べて、朝のモチベーションが高いので朝から仕事を精力的に行うことができていました

そして、仕事に対して正確で明確なスケジュールを立てることができるので、仕事で計画だおれしてしまうことも少ないし、当然ですが、その結果として1日の生産性も高かったということも分かっています。

ですから、ポジティブストレス・マインドセットを持っている人は、朝から気持ちよく仕事をすることができていたということです。

これはストレスを感じてから考え方により生産性の違いが出るということではなく、朝からモチベーションが高かったということです。

自分はストレスを受けたとしてもそれを乗り越えることができるし、ストレスを力に変えることもできると考えることができれば、無駄にストレスを恐れることもなくなるので、朝からモチベーションが高くなるわけです。

ネガティブストレス・マインドセット:ミスが増えて仕事が雑になる

普通であれば、仕事量が増えれば増えるほど頑張る必要があるし、仕事が残ってしまうのも嫌なので、頑張って早めに仕事を終わらせたいと思うはずですが、ネガティブストレス・マインドセットを持っている人は、仕事が増えれば増えるほどミスが増えてしまい仕事が雑になっていました

つまり、ストレスを避けたいと考えているので、仕事自体を避けようとしてしまい、仕事に対してそれをちゃんと見なくなってしまいます。
そのせいでミスが増えて仕事が雑になってしまうということです。
その結果、無駄な仕事が余計に増えてしまうということになります。

実際にミスが増えてしまうのでそれをリカバリーする必要が出てきますし、早めに仕事終わらせて楽しめばいいのに、早く終わらせることができないのでだらだらと仕事を引きずってしまい、結果的に働いている時間が長くなってしまうわけです。

実際に、1日の疲れとしてもかなり大きくなってしまうということも分かっています。
ネガティブストレス・マインドセットを持っている人たちは、1日の疲れがピークまで高まってから仕事が終わる傾向が確認されています。

そうなるとストレスを嫌いになるのも避けたいと思うのも理解できます。
ですが、ポイントとしては、ストレスに対してネガティブな考えを持っているからストレスの影響が重くなっていて、逆にストレスに対してポジティブな考え方を持っている人は、朝からモチベーションが実際に高いので、面倒な状況になることもなく生産性が高い状態で仕事をすることができて、疲れる前に仕事終わらせることができているという点です。

ストレスの良い面を意識する

ですから、皆さんもストレスの良い面を意識するようにしてみてください。
そのストレスが自分のモチベーションはどのように高めてくれるのか、そのストレスを乗り越えた先に自分にどんな成長があるのかということを考えてみてください

人間関係で悩んでいる人もいると思いますし、会社を経営している方もフリーランスの方も今大変な状況で悩んでいる人もいると思います。
でも、今ここで自分がしている仕事以外のことにも挑戦しないといけないし、仕事のスタイルを変えたり集中力を高める必要があるので、これは試練であり訓練なんだと考えることができれば、ポジティブストレス・マインドセットに移行することができて、ストレスを力に変えて前に進むことができるわけです。

とはいえ、これは別に全てのストレスを受け入れろということではありません。
良いストレスと悪いストレスを見分けることが大切です。

悪いストレスは長期的なストレスで、良いストレスは短期的なストレスです。
一時的で乗り越えることができるストレスであれば良いストレスで、長く続いてしまうストレスは悪いストレスです。

例えば、人間関係でずっと嫌がらせをされ続けている人がいるというような長く続くストレスは悪いストレスです。
もちろんそれも乗り越えようとすればポジティブストレス・マインドセットを使うこともできるわけですが、慢性的に長い間続いてしまうストレスというものは、体にも良くありませんので早めに解消した方がいいストレスです。

逆に、短期的で一時的なストレスであれば、それを乗り越えるためにメンタルも強くなるので、この短期的なストレスを積極的に乗り越えていくということがポイントになります。

長期的なストレスも乗り越えられないというわけではありませんが、それに対しては、長期的な計画を立てたり根本的な対策をする必要があります。

ですから、避けるべきで防止するべきストレスは長期的なストレスで、短期的なストレスはむしろ積極的に乗り越えていくことを意識した方が僕たちは成長することができるということです。

短期的なストレスとは、例えば、新しいことをする時のモチベーションになったり、締め切り直前のモチベーションになったり、頑張らないといけないとか行動を駆り立ててくれるものです。

ストレスは行動につなげる場合には力になる

フリーランスで仕事がなくなってしまってもう終わりだと嘆いているだけでなく、今自分の収入は下がっているけれど、今頑張らなくてはいけないというモチベーションがあるわけなので、それを活かして今こそ別の仕事で収益を上げることができるようになり、もうひとつの仕事の柱を持つことができれば、コロナが収束した先にはもっと安定した状況を作ることができるとポジティブに考え行動を駆り立てるようにすることが大切です。

つまり、ストレスというものは行動につなげた場合にはメリットが大きくなるということです。
皆さんは、自分のストレスを行動に変えるということを意識してもらえると、そのストレスを力に変えるということを実践することができると思います。
ぜひ試してみてください。

ちなみに、このようにして自分のストレスに意味を見出した人たちの体内では、そうでない人たちの体内に比べて、実際に分泌されているストレスホルモンも変わります。

ポジティブストレス・マインドセットを持っているストレスに意味を見出している人たちと、ネガティブストレス・マインドセットを持っているストレスに意味を見出すことができていない人たちを比べると、ネガティブストレス・マインドセットの人たちには、長期で分泌されてしまうと体内の炎症に繋がり血管を傷つけてしまうストレスホルモンであるコルチゾールが多く分泌されていました。

ネガティブストレス・マインドセットを持っている人は、自分の体の内部から自分を傷つけてしまっているということです。

一方で、ポジティブストレス・マインドセットを持っている人の体内では、コルチゾールよりもデヒドロエピアンドロステロンがたくさん分泌されていました。
これは、脳は成長させてくれたり免疫力を高めてくれたり、新しい経験から学ぶ能力を高めてくれるホルモンです。

しかもアンチエイジングにも効果があるとされていますので、やはり、ストレスに意味を見出すということは、免疫力を高めるという意味でも自分自身を成長させていく為にも効果が高いことです。
ぜひ皆さんは、ポジティブストレス・マインドセットを身につけるようにしてみてください。
意味を見出すだけで実際に大きな変化が実感できるはずです。

例えば、自粛中でただただストレスが増えると考えるのではなく、本を読む時間が増えるとか、新しいことを学ぶモチベーションが高まるとか、目の前の危機を乗り越えることによって自分がどう成長することができるのかということを考えると、そのストレスを力に変えることができます。

逆境を乗り越えるためのおすすめ動画

今回のおすすめの動画としては、今逆境に苛まれているという人も多いと思いますが、それを乗り越えるための方法について解説した動画を3つ紹介しておきます。

1つ目は、「逆境力の高い人の10の特徴」です。
逆境を経験しない人はいません。人間は誰しも逆境を経験することはありますが、逆境に陥った時に、ずっとそこに止まってしまう人とそれをすぐに乗り越えることができる人がいます。

そして、この逆境を乗り越えるということに慣れてくると、逆境に陥ることも怖くなくなります。それにより逆境に陥っても行動力が落ちなくなります。
このような人たちを調べたところ、その人たちの行動には10の特徴がありました。

ですから、その10の特徴を身につけることができれば、逆境に強くなることができて、無駄に恐れたり不安になることもなくなります。
逆境に陥っているという人は、今逆境に対するモチベーションが高いと思いますので、ぜひこの動画を見て乗り越えていただけたらと思います。

そして、あまりにも悲劇的な逆境でこの先お先真っ暗だと考えているような人には、「悲劇的逆境から立ち直るための7つの習慣」を見ていただきたいと思います。

大事な人を失ってしまったとか、トラウマレベルの逆境から未だに抜け出すことができていないという人もいると思います。
このようなトラウマというものは PTSD:心的外傷後障害で心に大きな傷を残してしまう場合もありますが、そのトラウマを乗り越えた後には、人間は心理的にも大きな成長をすることができるということも分かっています。

そのトラウマを乗り越えた先に起きる人間の圧倒的な成長のことを PTSG:心的外傷後ストレス成長と呼びます。
トラウマを乗り越えたことによって人生観が変わったり、自分の考え方が大きく変わったことで、より強いメンタルと人生に対する考え方を身につける人たちがいます。

そんな大変な状況でも乗り越えることによって自分の力に変えていくことができるということを解説している「トラウマの先の圧倒的成長PTSGの心理学」をそんな辛い体験をずっと引きずっているという人には、ぜひ見ていただけたらと思います。

ストレスに強くなるためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、ストレスに関する本を2冊紹介しておきます。
まず1冊目は、『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』です。

この本はストレスを解消する方法を100種類も紹介していて、このストレス解消法はたくさん持っていれば持っているほど実際にストレスに強くなるということが分かっています。
ストレス解消法を実践するのも大切ですが、実践しなくても、自分はストレス解消法をたくさん持っていると思うことが、実際にストレスに強いメンタルを作ってくれるということです。

2冊目は僕も大好きな本ですが、『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』です。
これは、今回紹介したようなストレスとは単なる悪者ではなく、力に変える方法があるということを解説してくれている本になります。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

 

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Kelly McGonigal(2015)The Upside of Stress: Why Stress Is Good for You, and How to Get Good at It


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 目標・成功
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog