人間関係 読む・操る

ナメられない話し方の秘密が明らかに

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 頭がいい印象を与えたい
  • 自信満々な印象を与えたい
  • あらゆる場面で魅力的な人に思われたい
この知識を動画で見るならこちら

相手に与えたい印象で変える

自信があるように見える話し方と頭が良く見える話し方を使いこなすための方法について紹介させてもらいます。
喋り方によって自分の印象を上手にコントロールして、相手からのメリットを引き出したり、対人関係や交渉をよくするための方法です。

フランチェスカ・ジーノ博士という方がいて、日本語での本も『イヤなやつほど仕事がデキる なぜルールに従わない人が成功するのか』という本を出されています。これは結構面白いので今回のおすすめの本として紹介しておきますが、この方は、例えば、喋り方や印象の意外なメリットやデメリットについて調べてくれています。
この方の研究で、意見を絶対に変えない頑固な人もいれば、逆にあっさりと意見を変える人もいますが、どちらの方が得をするのかということを調べてくれています。
意見を柔軟に変えまくる人と意見を変えないで頑固に貫き通す人とではどちらの方が仕事で有利になるのかという興味深い研究です。

結論としては、相手にどんな印象を与えたいのかということによって、意見を変えたり変えなかったりするのがいいということが分かっています。
具体的には、意見を変えないということは自信があるように思われます。一方で意見を柔軟に変えるところを相手に見せると頭が良さそうに見えます。
ですから、場面や状況によって使い分けた方がいいということがわかった内容です。

意見を変える人と頑なな人

この研究自体は、実験の参加者を投資家と起業家の役に割り振り実験を行っています。
起業家の役になったグループの人たちには、自分のビジネスアイデアがうまくいかなくなってしまうかもしれない情報を見せました。
起業家の役の人たちが自分のビジネスアイデアを語るわけですが、そのビジネスアイデアは儲からないからとか、大手が既にしているからダメだ、これから市場が縮小していくということが分かっているという情報を出して、自分の信じていたアイデアが揺るがされるような情報を提示されました。
その後に、起業家の役の人達を2つに分けて、片方のグループにはその情報を受けて自分の意見を変えたとしてもらい、もう一方のグループにはそんな情報があったとしても自分の意見は頑なに変えないとしてもらいました。
それぞれの姿を投資家のグループに見せて、どんな印象を起業家役の人たちに感じたのかということを調べました。
要するに、起業家役の人たちが自分のビジネスアイデアをプレゼンするわけですが、その際にそのビジネスアイデアを揺るがすような情報を突きつけられ、その起業家が意見を変えた場合と意見を変えない場合で、どちらの方が投資家役の人たちから見た印象が良くなったのかということを調べたものです。

つまり、僕たちは第三者から見た時の印象として、自分の意見を変えた時と変えない場合でどちらの方が僕達は得をするのかということです。
結論としてはどちらにもメリットはあったわけですが、ただし、使い分けをしたほうがいいということです。

意見を変える人の印象

意見は柔軟に変えた人たちに対して多くの投資家役の人達は、その人は自信はあまりないけれど、頭は良く知性があるだろうと考えました。
つまり、僕たちは何かの証拠や新しい情報があった時に、それを目の前にして自分の意見を変える人に対しては、頭がいいという印象を持つということです。ただ、自分に自信はないのだろうと判断します。

意見を変えないで貫いた人の印象

一方で、意見を変えることなく貫いた人に対しては多くの投資家役の人達は、その人は知性はいまいちで頭がいいタイプではないけれど、自信に満ち溢れていると考えました

意見を変えた場合には頭がよく見えて、意見を変えなかった場合には自信があるように見えるわけですから、自分がどのような印象を相手に与えたいのかということによって使い分けるべきだということです。
つまり、自分の目の前にいる人たちが頭がいい人を求めているのか、それとも、自信がある人を求めているのかということを考えて、自分の意見を変えるかどうかということを考えるべきだということです。

職業や状況によって使い分けを

例えば、目の前にいる人がスポ根タイプの上司で気合と根性でやり抜く人が好きだという人なのであれば、皆さんはできるだけ意見を変えないで一貫した意見を貫いた方が、自信があって見込みがあると思われやすいということで、目の前にいる人がビジネスには頭を使ってデータを使うべきだというタイプの人に対しては、新しい証拠が出てきた場合には柔軟に意見を変える姿勢でいた方が頭がいいという印象を持たれるわけです。

この研究では、他にも色々と興味深い結果も確認されていて、例えば、頭の良さが重要視されるような専門職(この研究では応用化学などの研究職)に関しては、意見を変える場合の方が研究者としては素晴らしくその人の意見は参考になると判断されるケースが多かったそうです。
ですから、弁護士や研究者といった専門職の人たちは、新しい情報に対して柔軟に意見を変える余裕を見せてあげた方が頭が良く見えます。
頭がいい方が成功するしそう思われていた方が周りから頼られる仕事をしている場合には、意見を柔軟に変えた方が良かったということです。
皆さんが、いわゆる知識を使う職業をしていたり、頭がいいと周りから思われた方が皆さんが得をする状況にいる場合には、意見は柔軟に変えた方がいいということになります。これは決して意見をコロコロ変えればいいということではなく、柔軟に変えることができる余裕を持つべきだということで、それを周りに見せても構わないということです。

一方で、一部のスタートアップの起業家や人前で話すことが仕事の人、頭の良さよりは情熱を感じさせることを重要視されるような職業の場合には、意見を変えない人の方が重要な人物として扱われ評価されるということです。

自分がどのような職業に就いているのか、そして、知性と自信のどちらを今要求されているのかということを考えると、相手に対する印象が良くなり自分が得をする可能性が高くなるわけです。
意見を変えるのがいいのか悪いのかということは、相手の状況によってもかなり変わるので、今回のこの特徴を理解しておくのがいいのではないでしょうか。

「知性の高さを印象づけたい:意見を柔軟に変えた方がいい」

「自信の高さをアピールしたい:自分の意見を簡単に変えない方がいい」

仕事で打ち合わせをしているような場合でも、自分の価値観のように基本的に自分の意見を変えないでもいいようなものを振りかざしていく人は自信があるように見えます。
例えば、お客様の笑顔と満足度が何より大事だということを主張している人達は、仮に自分たちのしていることが今一つお客様に響いていなくて満足度が下がったとしても、それでもお客様一人一人の笑顔を守っているはずだと貫くので自信満々に見られます。
一方で、知性の高さが必要だったり企業のコンサルタントをしている人であれば、今までしてきたことを覆すデータが出てきたらすぐに柔軟に意見も変える人の方が適しているように思われます。

皆さんの日常にこの知識をどう活かすか?

では、今回のこの知識をどのように具体的に使っていけばいいのかということを考察していきたいと思います。
このような心理学などの知識というものは、自分で実際に使ってみることが大切です。実際に使えるものもあれば使えないものもありますし、科学的には信憑性が薄いような知識であっても使ってみると自分に合う場合もありますので、とにかく試してみることが大切です。
あるいは、自分の頭の中でどのような状況で使えるかとか、どのように試すことができるのかということを自分の頭で考える癖をつけることで、身につきやすくもなりますし忘れなくもなりますので、自分の頭で考えることを忘れないようにしてください。

人間関係で活かす

例えば、人間関係において今回の知識を使うとすると、好みの問題に関しては自分の意見を変えることなく一貫性を持たせた方がいいです。
アウトドアで海が好きなのか山が好きなのかというように、好みの問題として決められることに対してはできるだけ一貫性を保った方が、自信満々に見られるわけです。
ただし、これは相手の好みに対して競争する必要はありません。自分と意見が違う人を全て否定するというのはよろしくありません。
自分の好みを他人に押し付けるのは駄目ですが、自分に自信がある人を攻撃することはとても難しいことです。
あくまで好みの問題でありそれが大きな利益や損得に繋がらない場合や科学的な根拠がない場合には、自分の意見は変えない方が周りにも足元を見られることもなくなるでしょうし、変な絡み方や嫌がらせも受けることが少なくなる上に、信用されたり自信満々でモテることにも繋がると思います。
ですから、人間関係において好みの問題に関しては自分の意見を変える必要はありませんし、他の人の意見に合わせる必要もありません。ただし、意見の違う相手がいたとしてもそれを否定する必要もありませんし、好かれようとして相手に同調して意見を変える必要もありません。
そのようなことで簡単に意見を変える人に対しては、自信がない人に思われますので、足元を見られたり、それがパワハラに発展することもあり得ます。

「好みの問題:変えずに貫く」

恋愛で活かす

では、恋愛の場合はどうでしょう。
自信満々な人の方がモテるような気がするので、恋愛でも意見を変えない方が良いのではないかと思う人が少なくないと思いますが、実際には、恋愛においては自信満々な人よりも頭がいい人の方がモテるということが分かっています。頭がいい人の方が生存能力としては高いので、自信をアピールするよりは頭がいいことを印象付けたほうがいいと思います。
ですから、ちゃんと証拠が出ている場合や相手の方が間違いなく詳しいであろうと思った場合には、柔軟に勉強させてもらうという形で相手の意見を受け入れていくというスタンスを取った方が恋愛はやはりうまくいきます
自分の意見を簡単に変えるというよりは、他の人の意見を取り込むことができる心が広い人だと思わせることがとても大事です。そうすると、周りの意見も参考にしながら自分の意見も変えているので、頭がいいという印象を持たれるわけです。
このような姿勢で普段はいながら、一方で、自分の大切な価値観や生き方というものについては絶対に変えない姿勢を貫いてください。
自分の歩みたい人生や自分が大切だと考えている生き方については、自分のパートナーとの間でお互いに話しておいて、それは絶対に変えることがなく自信を持っている印象を伝えましょう。
それ以外の細かい方法や進め方やテクニックのような、新しい考え方やエビデンス、時代に合わせた変化が現れやすいものに対しては柔軟に変えていくところを見せるというようにすると、新しい意見をちゃんと取り入れることができる心の広さがあり知性の高さもアピールすることができますし、一方では、芯の部分は変わらない強さもアピールすることができます。
基本的には男性は、芯の部分は硬く外側の部分は柔軟で柔らかいタイプが好かれます。

「自分の価値観や生き方:変えることなく貫く」

「それ以外の部分:柔軟に変えて意見を取り入れ学ぶ姿勢」

恋愛の場合には、これに加えてユーモアも取り入れるとさらに良いと思います。
面白い返しができたりユーモアのセンスが高い人は頭が良く見えます。生物として頭がいいということは生存能力が高いということにつながりますので、女性からもモテるようになるわけです。

出会いの場で考えると、大人数のパーティーなどの場では内向的な人よりも外交的で自信満々な人の方が有利になりますが、逆に、少人数の晴れは内向的な人の方が有利になるという研究もありますので、そういう意味では、大人数の場で出会いを求めるのであれば、自分の意見を決して変えない人になった方がいいでしょうし、少人数や一対一の場で相手の心を掴みたいのであれば、柔軟性を示して相手の考えていることに興味を持ったり、相手の意見に対して自分の意見も上手に絡めてその意見を取り込んでいく心の広さを見せてあげると、いい男だと思われると思います。

「大人数の出会いの場:自分の意見を変えず自信をアピールする」

「少人数の出会いの場:柔軟性を示して相手の考えていることに興味を持つ」

仕事に活かす

では、最後に仕事に活かす場合にはどうすればいいのでしょうか。
仕事に関しては不透明性で考えればいいと思います。
新しいプロジェクトや相手が詳しくないジャンルなど新しいことに挑戦していく、あるいは、そのような新しいことに挑戦していく中で他人を上手に巻き込む必要がある場合には、人は自信がある人についていきたいものですから、自分の意見を変えることなく自信をアピールした方がいいと思います。
ですが、職業や求められる要素として専門性をアピールする必要がある場合には、相手が言われたことに対して自分の意見を変えても構いませんが、そうすると、自分がない人だと思われたり専門家として大丈夫なのかと思われてしまうこともありますので、そこにはポイントがあります。
自分の意見を変える人の方が頭が良く思われるわけですから、相手の意見で考えを変えるのではなく、最新の情報や最新のエビデンスやデータを見た上で、自分で自分の意見を変えるようにしてください。
相手の目の前で新しいものを取り入れて意見を変えるところを見せることで、専門性もいいしながら頭がいい印象を与えることができます。

「専門性を維持しつつ頭が良く思われたい:最新情報で自分で自分の知識を更新する」

このようにちょっと言い方を変えたり話し方を変えるだけ、あるいは、考え方を変えるだけで、相手から見た皆さんの印象というものはかなりのレベルでコントロールすることができるということが最新の科学では色々と分かってきています。
自分をよく見せるということに対して抵抗がある人も少なくないでしょうし、今回は相手に対して気づかれることなく自分の印象を良くするための方法を解説した動画をおすすめ動画として紹介しておきます。
是非チェックしてみてください。

嫌味にならず、かつ気づかれずに自分の印象良くする方法 ▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1549166466

やる気も回復し、言いづらいこともはっきりと!

損をしないための「伝え方」

今回のおすすめ本
日本経済新聞出版社
¥1,980 (2020/07/13 18:38:11時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力
Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料から考察した科学の面白さを伝えるエンタメです。あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0749597818300098
https://www.nicovideo.jp/watch/1549166466

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係, 読む・操る
-, , , , , , , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog