人間関係

誰でも5分で【言いたいことが言えるようになる】方法

誰でも5分で言いたいことが言えるようになる方法

DaiGo MeNTaLiST

自分の言いたいことが言えない・・・

言いたいことが言えない人も多いのではないでしょうか。
仕事の関係の人や会社の上司、取引先の人やクライアント、なかなか言いたいことが言えないということもあると思います。

自分がこんなことを言ったら相手が気分を害してしまうのではないかと考えてしまうような対人関係におけるプレッシャーに弱い人は、このようなことを感じやすいと思います。
交渉の場面などでは、ほとんどの人たちがこのようなことを感じるとも思います。

このようなプレッシャーを感じて、人に言いたいことが言えないという状況をたった5分で打破するためのテクニックを今回紹介させてもらいます。
奥さんや旦那さんに言いたいことが言えない、彼氏が彼女に言いたいことが言えない、友達に対して言いたいことが言えない、このような場合にも使える方法ですのでぜひ参考にしてみてください。

5分で言いたいことが言えるように!

トロント大学の研究で、134人の参加者(内6割が女性)を集めて、対人関係のプレッシャーに対処する方法を調べています。
その結論としては、自分の持っているもの(例えば、知っている知識や過去の経験、自分の性格など)で、交渉の中において使えるのではないかと思われるものを5分間書き出すということをしてもらっただけで、言いたいことが言えるようになり、少なくとも自分の言いたいことを言えるようになったという意味では交渉力もアップしたということが分かっています。

自分が既に持っているものの中で、相手とのコミュニケーションにおいて役に立ちそうなものを5分間だけ紙に書き出してリストアップします。これをするだけで僕たちは対人関係におけるプレッシャーに強くなるということです。
これであれば誰でもできそうに思うのではないでしょうか。

実際の実験としては、134人の参加者に就職活動における面接を想定し、面接を受ける側の人達には、これはあなたの交渉スキルを判断するためのテストですと伝え、どれぐらい交渉能力があるのかということを判断するためのものなので真面目に取り組んで下さいとプレッシャーを高めておきました。
その上で賃金や休日に関する交渉をしてもらうわけですが、プレッシャーが高まると、ロールプレイであるにもかかわらず言いたいことが言えなくなったり交渉スキルが落ちるということが分かっています。

別の実験で、自分が持っているものの中で交渉に使えそうなものを5分間書き出すというテクニックを事前に行なってもらったところ、自分の言いたいことが言えるようになり、説得力のある最もなことを言えるようになったということです。

対人関係のプレッシャーを感じた時にはまず5分間

ですから、交渉したり自分が言いたいこと言うべき場面では、事前に5分間だけ時間を取り、自分が持っているスキルや知識や経験の中から使えそうなものをリストアップしてみてください。これを行うだけで大きな効果を得ることができます。
言いたいことが言えなさそうな状況になった場合にはこのことをぜひ思い出してください。

実際に僕もプレッシャーを感じた時には使っているテクニックです。
人によっては、自分は交渉に役立ちそうなものなんて何も持っていないと思う人もいるかもしれませんが、そう感じる方は少しでもいいので勉強してみてください。
今回は交渉したり相手に何かを伝えるために使えそうな知識をおすすめの動画と本として紹介しておきますので、参考にしてみてください。

説得のテクニックをより深く学ぶためのおすすめ動画
ロンドン大学の脳神経科学的説得術
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1549080364

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo/

参照:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25888684


他の人はこちらも検索しています

-人間関係
-, , ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.