集中力

科学的に効果がある脳トレとは

投稿日:

昔流行った脳トレは、認知症などになった方々の進行を食い止めたりするリハビリとしての目的で開発されたものが多く、健康な人が行っても頭が良くなることは無いのではないかと言われています。

IQは生まれ持ったものが大きいので、トレーニングによりきたえることができるような、集中力や自分の思ったとおりに物事をこなす能力、自分の感情をコントロールする能力、つまり向社会的な能力を高める方法とは何なのか。
このような世の中で生きていくために役に立つ能力を実行機能といって、やるべき事を適切にこなすための機能です。
このような力をトレーニングする方法を紹介します。

10分で脳の力を上げる方法がいくつかわかっています。

答えをいうと「会話」です。

皆さんが普段行っている日常会話によって、脳の力は高まるということがわかっています

ただし、会話の方法が大切です。
人との会話は基本的に脳にとって良いものですが、どのような会話をするかということが大事です。

「2分間だけ会話の準備をして8分間だけ会話する」という実験が行われています。その結果、特に下心とか持たずに相手と仲良くなれたらいいなぐらいで会話した人たちは、たった10分で脳の実行機能が1.8倍にも高まりました
つまり、仲良くなろうと思って会話することで、頭の良さや集中力を司っている実行機能が高まるということです。

これは、ミシガン大学の研究で79人の男女を5つのグループに分けて実験を行っています。
以下の会話の方法の各グループに分かれて、2分間で会話の内容を考えてもらってから8分間で会話をしてもらいました。

  • 競争的会話
  • 協力的会話
  • 親和的会話
  • 脳トレ(比較対象として)
  • 何もしない

「競争的会話」というのは、「もし私が裏切ったらあなたはどうしますか?」「もし友人に裏切られたらどうしますか?」というような敵対心を抱くような内容の会話です。誰かと競争的な会話をした場合を想定したグループです。
「協力的会話」というのは、「2人で協力してどうやってこのゲームをクリアしようか?」とか「2人で協力してどうやって稼ごうか?」というような、協力して何かを成し遂げようとする会話です。つまり、目的を持って相手と会話をしたグループです。
「親和的会話」というのは、特に競争とか目的とかを考えるわけではなく、趣味を尋ねたり、ただなんとなく仲良くなれたら良いなぐらいの会話です。
それから、比較対象としてクロスワードパズルやルービックキューブのような頭を使うパズルなどを行ったグループと、何もしなかったグループです。

それぞれのグループで会話が終わった後に、脳の機能を測るテストを行いました。
その結果、「親和的会話」、つまり、目的も下心もなく、ただただ仲良くなれたら良いなぐらいのぼんやりした感覚で会話をしたグループは、何も会話をしなかったグループに比べて脳の実行機能が80%も向上しました。
続いて、協力的会話、脳トレの順番でした。

更に、会話としては、仲良くなれたら良いなぐらいの感覚で会話をするのがもっとも知的にも魅力的にも見えます。

自分が尊敬する人とか好きな人と仕事をしましょうとか、仕事のパートナーを大切にしましょうといわれますが、その答えがここにあります。

自分が好きでもないタイプの人が多い業界などで働くよりも、このような「仲良くなれたら良いな」ぐらいの感覚で会話ができる人と普段から会ったり付き合ったり出来るような、例えば「この人とは仕事がうまく行かなくても仲良くなれたら良いな」というような出会いが増えるコミュニティや職場にいる人は実行機能が1.8倍になって、集中力も自制心も高くなり長期的かつ計画的な行動がとれるようになり成功につながるわけです。
だから、友達は大事なわけです。

一番の脳トレは、仲良くなれたら良いなと下心も目的も持たずにお付き合いが出来る人とたくさん出会ったり、そのような人がいるコミュニティに行くことです。

それ以外にも、効果のある脳トレとしては、運動・食事法などもありますが、僕と弟がつくった脳トレアプリもおすすめです。これは短期記憶を鍛えることのよりワーキングメモリを上げて、集中力や頭の回転、ネガティブな感情を処理する能力を高めるという手法をとっています。

DNB-15分IQアップ脳トレゲーム

更に、集中しても疲れない脳の作り方を知りたい方は↓にまとめております。
良ければ参考にしてみて下さい。

タグ

-集中力
-, ,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.