人間関係

人脈をつくる心理学

投稿日:2018年6月25日 更新日:

人脈をつくるには?

恋人をつくるためにも使えるテクニックです。

何が大事かというと類似です。
帰属意識という考え方です。同じグループに入っているという感覚で、親近感が得られます。

これが異性であれば恋愛関係に繋がりますし、歳が近い場合だと友達に繋がったり、上司や部下だとチームに発展したりします。立場によって、形は変われど信頼関係としては全く同じという事です。友達づくりも恋愛も、コミュニケーションの入り口は同じということです。

類似と帰属意識というのは、同じ仲間だという意識を持つことがすごく大事です。

具体的にどのようなところが似ていると効果的なのか?ということを調べた研究があります。ポイントさえ押さえておけば、そんなに社交的じゃなくても大丈夫ですし、そんなに喋らなくても類似で仲良くなれます。

2013年にイリノイ大学がカップル200組を対象に類似と帰属意識の関係を調べられています。帰属意識を6つのパターンに分けて、どのパターンが相手との距離を縮めるのに役に立ったかを調べました。

  1. 社会的地位や職業・人種・家族構成・出身地といった自分の生活背景に関する類似に関する話
  2. 自分はこういう考えを持っているという態度や信念、思想、人生の捉え方、ボランティア精神に関する話
  3. 趣味や休日の過ごし方に関する話
  4. 論理的に話すとか感情的に話すとか、自分の事を話すのが多いか聞く側かといったコミュニケーションスタイルに関する話
  5. 内向的なのか外交的なのか、協調性があるのか無いのかといったような性格についてのパーソナリティーに関する話
  6. 髪型や服装や身体的な特徴に関する話

自分だったらどれに関する話題でコミュニケーションをとることが多いですか?

この中で最も相手との距離を縮めるのに効果的だったものが2つだけありました。恐らく誰もが1番少ないと想像する2つです。

それは

2.人生による態度や思想、信念

4.コミュニケーションスタイル

が1番相手との距離を縮める共通点という結果になりました。

多くの人たちが触れない方がいいと言われている政治の思想とか、人生に対する捉え方、喋り方、感情的なのか論理的なのか、相手をサポートするのか自分が目立ちたいのかとか。この2つが共通していればしているほど相手との距離が効率的に縮まるということです。

6.身体的特徴 のルックスの話をすることはこの中で1番距離を縮めにくい方法でした。もちろん、何も話さないよりは話題にすることはいいのですが、相手との距離を縮める共通点としては必要ないということです。

一般的には多くの人達が、触れないほうが良いと考えている人生に対する態度や話し方に踏み込んで話したほうがいいということです。

ちなみに、3番めに効果的なのが5のパーソナリティー、次が3の趣味、続いて1、6の順です。

距離を縮めるための共通点として参考にしてみてください。

タグ

-人間関係
-

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.