人間関係

最高の謝罪〜効果的な謝罪の科学

投稿日:

DaiGo MeNTaLiST

本当に悪いと思い何度も誤っているのに許してもらえない、いつまでもネチネチと言ってくる・・・そういったことは誰しも経験したことがあると思います。これらは謝罪自体には問題がないケースもありますが、できるだけ許して欲しいはずです。
そういった際に、相手が許してくれやすくなる効果的な謝罪の方法をご紹介します。

謝罪のパターン

2016年にオハイオ州立大学が755人の男女を集めて実験を行っています。架空の会社の社員がミスを犯したというストーリーを用意します。被験者たちにはそのミスを犯した社員の上司役として謝られる側を演じてもらいます。その結果、どのような謝られ方だと許してもらえたのか、許してもらいやすかったのかということを調べました。様々な誤り方を聞いてもらって調べた結果、その効果の大小はありますが誤り方は以下の6つのパターンのいずれかに当てはまるという事がわかりました。

謝罪方法6パターン

  1. 自分の責任を認める
  2. 問題の解決策を提示する
  3. 後悔を表明する
  4. 何が悪かったのかを説明する
  5. もう二度としないと謝る
  6. ひたすら許しを求める

この6つの効果を調べています。この中で最も効果的だったのは・・・

1.自分の責任を認める

でした。その次が・・・

2.問題の解決策を提示する

でした。

つまり、「自分の責任を認めた」上で、「問題の解決策を提示する」というのが最もいい誤り方だといえます。

3.後悔を表明する ~ 5.もう二度としないと謝る の誤り方は、どれも効果はほぼ横並びであまり効果も無いということがわかっています。
最も効果が低いのは、6.ひたすら許しを求める でした。これをするならば謝らないほうがまだマシというぐらいです。

最も効果的な謝罪とは

研究チームのコメントとしては、まずは自分の責任を認めるのが必要なことで、潔く自分のミスを認めるという潔さが重要だとしています。
とはいえ、自分の非を認めて誤っていても、安っぽく伝わってしまいなかなか気持ちが伝わらないケースもあると思いますがこれはなぜなのか?これは、自分が悪かったということを認める時間が少ないからです。
例えば、「これはたしかに自分のミスだ、今後◯◯するから許して欲しい」と誤ったとしても、文脈の後半が重くなってしまいます。「・・・、でも、・・・」「・・・、しかし、・・・」このような場合、人間の文脈的に後半のほうが強調されてしまい、ついつい後半のほうがボリュームも増えてしまいがちです。更には、人間は何故かその最後に「許して欲しい」という言葉を入れてしまうから逆効果になってしまうわけです。

ですから、安っぽい謝罪にとられないためには、最初の自分の責任を認める部分を幅広くとった上で、自分の非を認めて相手の話もしっかりとこれ以上出てこないというぐらいに聞いてから、最終的には相手の言葉も上手に使いながら、今後同様の失敗をしないためにどのような対策をするのか?間違いをどのように修正するのか?ということを伝えて気持ちを示すということが最も良い誤り方といえます。

責任を認めて今後繰り返さないようにコミットメントしていることを示すことが大事であって、「許して欲しい」という気持ちばかりが前に出ていると全く意味がないということです。

より詳しく謝罪の科学や仲直りのタイミングを知りたい方はこちら↓

タグ

-人間関係
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2018 All Rights Reserved.