人間関係

職場の嫌味なヤツをお金に変える方法

職場の嫌味なヤツをお金に変える方法

DaiGo MeNTaLiST

皆さんの周りに嫌味な人はいますか?

やたらと皮肉ばっかり言ったり余計な一言を言う人がいます。このような人たちを上手に使い皆さんの利益にするための方法を紹介します。嫌味ばっかり言ってくる人をお金に変える方法です。

嫌味や皮肉を言ってくる人は、皆さんの脳のある機能を高めてくれるということが研究により分かっています。それは創造力です。新しいことを思いついたりいいアイデアを作るためのクリエイティビティです。嫌味や皮肉を言われることによって、この能力が高まるということです。

ハーバード大学の研究で、300人の参加者を集めて3つのグループに分けて実験を行っています。

ただ普通に会話をしてもらったグループ

嫌味や皮肉が入った会話をしてもらったグループ

ポジティブな会話をしてもらったグループ

これにより、クリエイティブなことを思いついたり新しいアイデアを考える能力がどのように変わるのかということを調べるテストを行いました。

その結果、ただ普通に会話をしたグループとポジティブな会話をしたグループは、クリエイティビティを測るテストの成功率が30%でしたが、皮肉や嫌味を言った側の人は67%もクリエイティビティが高かったということです。下手な会話をするぐらいであれば皮肉や嫌味を言った方がいいアイデアが67%も思いつきやすくなるので、自分にとっては得だということです。
そして、皮肉や嫌味を言われた側の人は、なんと75%もクリエイティビティが高かったということです。

嫌味や皮肉を言われると創造性がUP

普通に会話・ポジティブな会話:創造性30%

嫌味や皮肉を言った側の人:創造性67%

嫌味や皮肉を言われた側の人:創造性75%

つまり、皆さんが皮肉を言われたり嫌味を言われた時には、その人は皆さんの創造性をわざわざ高めてくれているということです。
なぜこのようなことが起きるかというと、皮肉を言う側も言われる側も頭の良さが必要なわけです。普通の会話をするよりも脳を使い、いわゆる脳トレになっているということです。
嫌味を言う側は、わざわざ直接的な表現ではなく頭を使ってそれを表現していて、言われた側は、相手の意図を理解するためにそれを言う側よりも脳を使っています。ですから、それが脳トレになりクリエイティブなことを思いつきやすくなったということです。

皆さんに対して嫌味な事や皮肉を言ってくる人がいるかもしれませんが、その人たちは考え方によっては、皆さんがいいアイデアを生み出すための糧になってくれる人です。
その嫌味に対してただイライラしているだけではもったいないので、そんな嫌な人達も自分の糧にすることを意識していただけたらと思います。

ネガティブな部分さえも創造性に変えるためのおすすめ動画
人生変わる闇の力【ネガティブ発想術】
▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/1563121803

今回のおすすめ本

リサーチ協力:Yu Suzuki https://ch.nicovideo.jp/paleo

参照:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S074959781500076X


他の人はこちらも検索しています

-人間関係
-,

Copyright© Mentalist DaiGo Official Blog , 2019 All Rights Reserved.