メンタル強化 目標・成功

いざと言う時の逃げ癖【抑制傾向】の治し方

この知識はこんな方におすすめ

  • 内向的で内気な性格で悩んでいる
  • それでもやはり成功したい

なかなか踏み出す事ができない抑制傾向

知らないものや怖いものから逃げたり、新しいことに対してチャレンジすることができなくなってしまったり、用心深くなりすぎてしまいなかなか踏み出すことができなくなってしまうという人もいると思います。

これを心理学では抑制傾向と言って、この抑制傾向というものがいつから決まるのかという話を紹介させてもらいます。

なかなかチャレンジすることができないそういう人や、子供の頃にイジメられてそれがきっかけで内向的になってしまったとか、大学の頃は明るかったのにブラック企業に勤めたせいで内向的になってしまったという人もいると思いますが、そのようなことは本当なのかという内容になります。

抑制傾向はいつ決まるのか?

このような人間の内気な性格や物事に挑戦するのが苦手だという性格がいつ決まっているのかということです。
今回はその対策法まで紹介させてもらいます。

メリーランド大学などが行った研究で、参加者165人の人たちの人生を20年以上にもわたり追跡して、この抑制傾向について調べたという研究があります。
生まれてから14ヶ月の時点、15歳の時点と26歳の時点の3つのタイミングで、参加者全員の抑制傾向を調べています。
それによりどのタイミングに抑制傾向が決まっているのか、それとも変化するものなのかということを調べようとしたものです。

ここで言われている抑制傾向とは、よく知らないことに対して用心深くになりすぎてしまったり、現実逃避や逃げたりしてしまうという行動をとりやすい性格のことです。
ですから、いわゆる好奇心とは真逆の性格だと思っていただけたらいいと思います。

過去の研究を見てみると、このような物事に挑戦するのが怖いとか、ついつい逃げ出してしまうとか、そのような行動を示す子供は、大人になってから不安障害や対人不安になってしまうケースが結構多いということが分かっています。

人と向き合って話すのが怖いとか人と喋るのが怖いという人もいると思いますが、そのような人は、もしかすると子供の頃にこの 抑制的な行動を取りやすい子供だった可能性もあります。

研究の結果わかったこととしては、この抑制傾向という性格は生後14ヶ月の時点で既に決まっているという切ない結果が確認されています。

ですから、子供の頃にいじめられたことが原因でとか、ブラック企業で働かされたことが原因で内向的になってしまったと悩んでいる人もいるとは思いますが、実際には抑制傾向というものは生まれた時点で決まっていたことなのかもしれません。

生後14ヶ月の時点で抑制傾向を示していた人は、大人になっても内向的で控えめな性格に成長しやすいということが分かっています。

もちろん、変わる場合もありますが、基本的には14ヶ月の時点で内向的な子供は大人になってからも内向的で、この抑制傾向というものが出やすいということでした。

この赤ちゃんの頃に抑制傾向を示した人は、恋愛相手が少なくなってしまい、友人や家族との間でさえも薄い付き合いをするようになるということも言われています。
ですから、あまり自分の内側を明かしたりすることもなく、深い関係を作らない傾向があったということです。

そうなると、恋愛もできないし人間関係も乏しくて、リア充にもなれないし最悪だとなるかもしれませんが、ただ、この抑制的な性格だからといって、例えば、学歴などの教育レベルが低くなるとか仕事の成功率が低くなるというわけではありませんでした

教育レベルや仕事の成功は関係がない!

つまり、赤ちゃんの頃からこの抑制的な性格だった人は、恋愛の経験数は少なくなるし友人や家族とも一定の距離をおいた付き合いをするわけですが、その分物事に集中する時間や内向的な人が持っている独特な能力である自分の頭で考える力が高まることによって、おそらく、普通は人間関係から得ることができるメリットである仕事に対するモチベーションや成功率などを自分の内面を見る内向的な力だけで手に入れているのだと思います。
その結果として、人間関係が充実している人と同じぐらいのレベルになっているということでした。

犯罪行為などに関わりにくくなる!

この研究では、別の調査も行われていて、参加者等のエラー関連ネガティブ度というものをチェックしています。
このエラー関連ネガティブ度というものは、自分のミスをどれぐらいにするのかということです。
自分がミスをしたり失敗をした時に、どれぐらい自分を責めたり気にしてしまうのかのような傾向を確認しています。

このエラー関連ネガティブ度が高い人は、不安に関連した問題や悩みを抱えやすいということが分かっています。
ただし、逆にいいこともあり、犯罪に関わったり薬物に手を出してしまったり、衝動的な行動で他人を傷つけたりといった問題を起こしにくいということも分かっています。

つまり、考え込みすぎてしまうことにより不安に関連した問題が心配が起きやすくなるわけですが、犯罪行為などに手を染めてしまう確率は少なくなるわけです。

お子さんのいる方で、自分の子供は抑制的な行動が多く内向的な大人になってしまうのではないかと心配する人もいると思いますが、もちろん、不安や自分の内面的な悩みなどに対応する能力や考える力を身につけていなければ、やはり、不安を抱えやすい人に育ってはしまいますが、その分危険なことに対して手を出しにくい大人になるわけですから、そのような意味では一長一短だということです。

受け入れた上で自分の特性を活かす戦略を

もしかすると、生まれた後に若干の猶予はあるのかもしれませんが、先行研究を見てみても、人間の性格というものはほとんど遺伝子で決まっていて、その後から変えるのは結構大変なものだと言われています。

ですから、自分は内向的であまり人と話すのが得意ではないという人も結構いると思いますが、それは赤ちゃんの頃から決まっていることですから、それは上手に受け入れていくのがいいのではないかと思われます。

内向的で恋愛経験も少なく、友達や家族との薄い付き合いしかできないので、人生が楽しくないような気がするという人もいると思いますが、先ほど紹介したとおり教育レベルや仕事の成功度においては、内向的であっても外交的であっても関係がありません。

つまり、内向的で抑制的な性格の人は、人間関係において外交的な面を使い成功しようとすることをせず、自分の内面に集中したり自分の頭で考えるという自分の強みを活かす方向で戦えば、外交的な人に決して負けることはないということです。
教育レベルでも仕事の成功でも負けることはありません。

トラウマを抱えてしまったり大人になってからの大きな問題があったことが原因でメンタル的な病気を抱えてしまったという場合でなければ、自分はもともと内向的な性格だから、むしろ、その内向的な性格を活かす戦略を考えた方がいいという事が今回の研究が示してくれている答えです。

内向的な人が成功をつかむためのおすすめ

今回のおすすめの動画としては、そんな皆さんが成功を掴むためにきっと役に立つ動画を3つ紹介しておきます。

ネガティブで成功するために

ネガティブな予測が人生を変える

ネガティブな考え方というものは決して悪いものではありません。
ネガティブな人が悪いのではなく、ネガティブな人が無理やりポジティブに考えようとすると自爆してしまいます。

ポジティブな人は勝手にポジティブに考えればいいわけですが、ネガティブな人は、そのポジティブな方向に行ってしまうとポジティブな人たちに勝つことはできません。
そのために、一般社会や会社の中では自分は内気で内向的なタイプだから成功することができないとか考えてしまう人が出てきます。

これは例えるならばプラスドライバーでマイナスのネジを回そうとしているようなもので、そのためにうまくいかないだけです。
ネガティブで落ち込みやすくても構いません。その性格を活かして成功する方法を知っておけばいいわけです。

実は、ネガティブな予測をすることにより人生が良い方向に進むという研究があります。
ポジティブに考えることができる人はリスクを取ることができるので、それにより成功することができるわけですが、それ以上にリスクを取って大きな失敗をしている人はたくさんいます。

この大きな失敗をしている人の声や情報は世の中には届かないので、外交的な社長やリスクを取っている経営者が成功しているようにみんな思っているだけです。
実際には、このネガティブな予測をちゃんとすることができる人の方がビジネスにおいては成功しやすくなります
そんなネガティブな予測を正しくするための方法を解説した動画になっています。

内向的な人がチャンスをつかむために

若くても成功するための【好奇心の鍛え方】

抑制的な傾向というものはたしかにチャンスを逃してしまうわけですが、中には抑制的な傾向があるにも関わらず、好奇心という力を身につけることによって大きなチャンスをつかんでいる人もいます。

自分はどんなものにでも興味をもつわけでもないし人間関係も別に好きではない、でも、これだと決めたものに対してはとことん集中して、そこで大きな成果を出す人もいます。
僕ももともと決して外交的なタイプでもありませんし、どちらかというとこのタイプではありますが、このような人は外交的な人よりも大きく成功する可能性もあります。

興味を持つ対象が少ないけれど、興味を持ったら全力でそこに向き合いとことん追求しますので、他人を圧倒的に出し抜いて、みんなが人間関係のために使っている時間も全てそこに投入することができます
このようなものを見つけることができれば成功できるということです。

ですから、内向的な皆さんに最も相性がいいのは好奇心です。
そして、この好奇心というものは鍛えることができるものです。
そんな好奇心を鍛えるための方法について解説したら動画になっていますので、こちらもぜひチェックしていただけたらと思います。
好奇心さえ手に入れることができれば内向的な人は無敵になれます。

不安を乗り越えて前に進むために

リスクと失敗を減らし成功を引き寄せる【不安利用の科学 】

とはいえ、人は時にリスクを取る必要があります。
僕も大学生の頃に皆が就活をし始めて就職について考えている時に、会社を作ったりメンタリストをしたりいろいろなことをしていました。
そんなリスクを取ったおかげで今があるわけです。

そのリスクを取る時には不安や失敗というものが頭をよぎるわけです。
外交的な人や自信満々な人はそれがなくあっさりリスクを取ったりすることができますが、その結果たまたま成功する人もいれば心配する人はそれ以上にいます。
僕たちのように内向的な人は、そのリスクを取る時の不安を乗り越えるハードルが高くなってしまいます。

成功するかどうかということよりも、不安を乗り越えることができるかどうかということで僕たちは迷うわけです。
一度その不安を乗り越えてしまえば、その後は、その内向的な性格を使って緻密な計画を立てたり分析したりすることによって成功をつかむことができますが、最初のその不安の壁を越えることができなくて、ほとんどの人が才能を無駄にしてしまいます。

こちらの動画はそんな不安を超えるための方法を解説した内容になっています。
ここでは僕の個人的な体験ももとにさせてもらっていますので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

内向的な人が才能を活かすためのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、そんな内向的な人たちが自分の才能を活かすための本を2冊紹介しておきます。

こちらは内向的な人が自分の才能をいかすためにはどうすればいいのかということを解説してくれている名著です。ぜひ読んでみてください。

最近多いようですが、HPS(Highly Sensitive Person)といったちょっとした音や刺激に過剰に反応してしまったり気になってしまう人がいると思います。
こちらの本も参考になると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本

【通常3000円が今だけ無料】僕のオーディオブックがAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

超習慣術
知識を操る超読書術
自分を操る超集中力
人を操る禁断の文章術
後悔しない超選択術
ポジティブチェンジ
ポジティブ・ワード
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.pnas.org/content/117/18/9800

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-メンタル強化, 目標・成功
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog