恋愛・結婚

恋愛偏差値を上げる【ベストカップルの5ルール】

この知識はこんな方におすすめ

  • 恋愛がいつも続かない・・・
  • いい関係を続けたいカップル
  • 永く一緒にいたい夫婦

いい人と出会いたいなら・・・

今回は、ダメなカップルをいいカップルに変えるための方法について紹介させてもらいます。

やはり、クリスマスの時期になると恋人が欲しいなと考える人も多いと思います。
まず、なかなか出会いがないという人に関してはマーチングサービスを使ってもいいと思います。
オンラインのマッチングサービスに関しては、オンラインの方がオフラインよりもいい人と出会える確率が高いということが分かっています。

これは、女性の目線から見るとすると、真面目に仕事をしている男性は出会いの場にそもそも行く時間がありません。
忙しく仕事をしながらも結婚したいとか真面目な関係が欲しいと思うのであれば、そのようなオンラインのサービスを使うしかありません。

ですから、マッチングサービスの中でどのようにしたら誠実性が高く良い人と出会うことができるのかということを考えた方がいいと思います。

そんな理想の出会いを手に入れるための方法についてはDラボの方でも過去に詳しく解説させてもらっています。
いい出会いが欲しいという人はこちらもぜひ参考にしてみてください。

【恋愛心理学】理想的な恋人との科学的に正しい出会い方

良いカップルになるための5つのポイント

ダメなカップルいいカップルのデータとしては色々とありますが、ダメなカップルの特徴というものはほとんどのカップルに当てはまります。
そのためか、やはり最近の離婚率は高いですし長く良い関係を継続できているカップルは少ないわけです。

もちろん、結婚であれば家族になったり役割が変わったり、お互い年齢を重ねるにつれて変わっていく部分はあると思います。
だからといってマンネリや感情が覚めることを当たり前のこととして正当化してはいけないと思います。
それははっきり言って努力不足です。

ダメなカップルからいいカップルに変わるための5つのルールについて今回は紹介したいと思います。

ポイント1 :夢ではなく方法を語りましょう

だめだカップルやすぐに別れてしまうカップルほどしてしまいがちな会話があります。

「ずっと一緒にいようね」

という会話です。
「ずっと一緒にいようね」「ずっと一緒にいたいね」ではだめです。

「ずっと一緒にいるためにはどうすればいいか一緒に考えよう」という会話をするべきです。

特に恋愛の初期に夢や希望を持ちすぎてただただイチャイチャするようなカップルがいますが、そんなカップルの末路は結構悲惨なものです。

例えば、テキサス大学の研究を見てみると、結婚したばかりの186組のカップルを対象に13年間にわたり追跡した観察研究になっていますが、2人の関係がどのようになっていくのかということを調べることで、離婚してしまいやすい夫婦と長く続く夫婦の違いは何なのかということを解き明かそうとしたものです。

その結果、恋愛の初期や新婚の時期にただただイチャイチャしていたカップルは、わずか7年で離婚してしまう確率が高かったということが分かっています。
逆に、そんな初期の頃から落ち着いていたカップルは、7年以上経っても関係が続いている確率が高く、それだけでなく幸福度も高かったということです。

ですから、付き合いたての頃や信仰の頃にやたらとイチャイチャしているようなカップルほど別れたり離婚してしまいやすいということです。

これはそんな恋愛の初期に理想ばかりを考えて対策を考えていないからです。
最初の感情や関係がずっと続くと思い込んでしまいます。
当然ですが、関係が続くとお互いの細かいところや嫌なところも見えてきますので、そのようなタイミングで相手に対して幻滅してしまいやすくなるということです。

スポンサーリンク

良い関係を続けたいのであれば、ずっと一緒にいようねではなく、ずっと一緒にいるためにはどうすればいいのかということを話しようにしてください。

自分のライフスタイルの中でパートナーとの関係に求めることをお互いにただ要求し合うだけではなく、どれくらいしっかり話し合うことができるかということが重要です。
このような2人の関係の為の話を最初のうちにしておかないと、これは最初のうちは許すことはできても後になると大きなひずみになってしまう可能性が高くなります。
夢や理想をカタチにするための具体的な方法について話し合うようにしてください。

理想の恋愛やまだ見ぬ相手の理想ばかりを語っている人が結構いますが、それをただの理想や夢では無く実現するための方法を考えることが重要です。
その方法を自分で考えて努力することができるかどうかです。
これは恋愛に限らず、いくら知識を学んだり取り入れたとしても、それを使わなければ意味がないということと同じです。

2人の関係が良い状態であることを信じるということではなく、どうすればそれを実現することができるのかということを考えるべきです。

ポイント2 :してほしいことよりもしてあげられることを考える

自分がして欲しいことよりも自分が相手に何をしてあげられるのかということを考えるようにしてください。

これは様々な研究により示されていることでもありますが、相手が自分を幸せにしてくれると考える人は離婚しやすくなります
これはそれにより相手に対する要求が増えるということもありますが、そもそも人間の幸福度というものはすぐにベースラインに戻るものだからです。

同じことを目の前にした時にそこからどれぐらい幸福を感じることができるかという感度の半分は遺伝子により生まれた瞬間に決まっています。
ですから、自分がしてもらいたいことがたくさんありそれを相手が叶えてくれたとしても、そこから幸福を感じられるかどうかということの半分は自分の遺伝子により決まってしまうということです。

そうなると、相手が自分の望みに応えてくれたとしてもそれほど幸福を感じなかったという時に相手に責任を押し付けてしまいます。
そうなるとその関係はどんどん破綻する方向に進んでしまいます。

スポンサーリンク

さらに、人間はどんな幸福なことでも次第にそれに慣れてしまうものです。
これは宝くじに当たった人がほとんど不幸になってしまう原因でもあります。
もちろん金銭感覚が狂ってしまったり、大金を手に入れたことにより日常の小さな幸せを幸せだと感じられなくなるということもありますが、どんな大金を手に入れてその瞬間幸福の絶頂のような気持ちになったとしても、そんな幸福度も1年経つと元のベースラインに戻ります。
大金を手に入れてそこから先の人生は薔薇色のような思いになるかもしれませんが、幸福度としてはその瞬間著しく高くなりますが、1年経つとまた元の位置に戻るわけです。

本来、人はお金を稼ぐ過程で人間関係ややりがいや知識など得て、それが僕たちの幸せを作ってくれるものであり、結果として手に入れることができるお金が幸せをもたらしてくれるわけではありません
一瞬は幸せをもたらしてはくれますが、それは1年も続かないものだということです。

これは恋愛でも全く同じです。
相手がしてくれることやもたらしてくれることの幸せは1年経ったら忘れてしまいます。

ですから、自分が相手のためにしてあげたいことを考えて、自分がそれをしてあげたことで相手が喜んでいる姿を見ると自分は幸せでいることができるという感覚が大切です。
その感覚があれば相手のためにできることをたくさんしてあげようと自然と思うようになりますし、自分が相手のためにしてあげたことによる幸福度というものは誰かに何かをしてもらった時の幸福度よりもずっと長く続くものです。

相手からしてもらうことよりも自分が相手のためにしてあげられることを考えるようにしてください。

ポイント3 :恋愛の初期にはイチャつくのではなく気まずい話をする

恋愛の初期にどれぐらい気まずい話や最悪の状況を想定した話をすることができるかということがとても重要です。

恋愛の初期の燃え上がるような感情というものがありますが、これはフェニルエチルアミンをはじめとする様々な物質により作り出されているもので、この恋愛の初期の燃え上がる感情を作り出している様々な物質は3年までの間に尽きてしまいますので、それまでの間にお互いが持ちつ持たれつの成熟した依存関係になれていなければ基本的には恋愛は終わるわけです。

スポンサーリンク

人によっては3年も続かない人もいますが、その初期の相手のことをちゃんと受け入れることができる時期に自分にとって言いづらいことや気まずいこと、どうしても許せないことや逆にどうしても許してほしいこと、恥ずかしい話やかっこ悪い話をお互いにちゃんと相手とできているかどうかということが長期的な恋愛のためにはとても重要になります。

このような気まず話などは自分からそれを話すと強い人に見えますが、後からそれがバレてしまうと当然魅力は減ってしまうということもありますので、初期の段階で気まずい話も共有しておくことが重要です。

ポイント4 :同棲はせずに近くに住む

これは結構重要なポイントですが、結婚をする前に同棲をするのはお勧めしません。

同棲でカップルは幸せになるのか否か

結婚する前に同棲をすると男女はうまくいくのか?同棲は男女の恋愛にとって良いことなのか?スタンフォード大学の研究で同棲するカップルが幸せになるのかということを調べています。

続きを見る

結婚前に同棲をしたカップルはそうでないカップルに比べて5年以内に破局する確率が高くなるということが分かっています。

経験則としてなんとなく理解できる人もいるでしょうが、やはり同棲するとうまくいきません。
同棲するとどうでもいいお互いの日常を共有することになります。
洗濯や掃除などお互いを必要としない日常の時間が長くなればなるほど、カップルや夫婦の満足というものは下がります。

家族と過ごす時間は大事だとよく言われますが、これは家族と過ごす特別な時間が大事なのであり家族と過ごすどうでもいい日常の時間が大事というわけではないはずです。

様々な研究を見てみても、同棲はせずに近くに住むのが良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

ポイント5 :趣味の共有よりも刺激の共有をする

もちろんお互いの趣味が同じだと楽しく過ごすことができるでしょうが、基本的には安心感を感じるような趣味の共有よりも刺激を共有することが重要です。

実は、安心感を享受するカップルは破局しやすいということが分かっています。
重要なのは2人が安心できる場所にいるという感覚ではなく、2人で一緒に刺激や危険や怖いものも乗り越えていけるという感覚です。
あるいは、それらを2人で一緒に乗り越えたという経験が重要です。

共通の敵がいると仲良くなるという話がよくありますが、これと同じでカップルや夫婦でも嫌いなものや強いものが一致している場合の方が良い関係が続きやすいということも分かっています。

人間はネガティブな情報を記憶の中に溜め込んで、それが二度と起きないように判断材料にします。
ですから、嫌いなものや強いものが一致するカップルは都度の判断が合います。
これがいわゆる気が合うという状態です。

ですから、好きなものや趣味が一致するというよりも嫌なものや怖いものが一致して、そのような経験を共有できた方が関係のためにははるかに大切になるわけです。

趣味を共有するよりも、今までにしたことがないことや刺激が少し不安を感じるようなことに一緒に挑戦してみるというのが良いのではないでしょうか。

良い関係を続けるためのおすすめ

今回はカップルや夫婦が良い関係を続けるために大切にしてもらいたいポイントについて解説させてもらいました。
今回のおすすめの動画としては、相手をより理解するために役に立つであろう動画を紹介しておきます。
カップルや夫婦でお互いに良い関係を続けるために参考にしていただけたらと思います。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

Dラボでおすすめ動画をチェック
【恋愛心理学】理想的な恋人との科学的に正しい出会い方
相手を理解するための性格心理学〜性格次第でここまで違う!幸せな恋愛から買い物まで

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本
¥1,540 (2021/08/01 04:53:48時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊も含めAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓
『メンタリストDaiGoのAudible』※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力:パレオチャンネル

免責事項:本内容は科学の面白さを伝えることを目的としたエンタメです。なるべく多くの方に、科学的思考に興味を持ってもらうために、参考資料や過去の動画を元に、大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。動画の結論は実際の研究とは異なる場合があります。
僕は文献を読むのが好きなタダの理系であり、専門家ではありません。また、多くの科学者とも同じように人間ですから、間違うことも多々あります。実際に知識を利用する際にはご自分で調査するか、専門家に相談してください。

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-恋愛・結婚
-, ,

Translate »