人間関係

オンライン飲み会の断り方【印象悪くならない】

オンライン飲み会の断り方【印象悪くならない】

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • オンライン飲み会をうまく断りたい
  • いつもNOと言えないタイプ

人は何かと言い訳を考えて断るけれど…

オンライン飲み会が流行っているそうですが、正直面倒だという誘いもあるのではないでしょうか。
断りづらいけれど、自粛中だから用事があるからとも言いづらいというように、なかなかオンライン飲み会を断りづらいという人が結構いるのだろうと思います。

今回は、相手に対する印象が一番悪くならない断り方について科学的に紹介したいと思います。

普通の飲み会であったり会う約束などであれば、当然ですが、他に予定があるとか何かしらの言い訳をつけて断ろうとすると思います。
それは面倒な仕事の場合でも面倒な人間関係でも同じですし、別に嫌ではないけれどなんとなく面倒だという時にも、僕たちは何かしらの言い訳を作り相手からの誘いを断るということをしやすいと思います。

ですが、その言い訳はない方がいいのではないかということを今回参照している研究は示しています。

印象の悪くならない断り方とは?!

オハイオ州立大学などが行った研究で、いくつかの実験から他人からの誘いをちゃんと断ることができて、かつ、印象が悪くならない断り方を調べるということを行ってくれています。

この実験では、飲み会よりももっと断れにくいお誘いをベースにしているので、とても参考になると思います。
それは飲み会ではなく結婚式です。

つまり、結婚式の招待状を出したのに来ない人もいると思いますが、その来なかった人を対象に、その人たちがどんな印象を持たれているのかということを調べたわけです。

結婚を控えた327組のカップルを対象に、全員に結婚式の招待に応じてくれなかった人はいましたかという質問を行いました。
そして、その来なかった人の断る理由は、時間がないことや予定が合わないことを理由に断った人と、今お金がないということを理由に断った人の2パターンに大きく分けることができました。

この2つのパターンで断る人たちをそれぞれ調べて、どちらのパターンの方が印象が悪くなってしまうのかということを調べました。

要するに、皆さんが結婚式を行うということになり何人か友人を招待したとします。その中には来れなかった人がいて、お金がなくて来れないという人と、時間がないから来れないという人がいて、どちらの方が皆さんからの印象が悪くなるのかということです。

その結果、時間を理由に断られた場合、相手の好感度がかなり下がるということが分かっています。
要するに、人間は忙しいとか時間がないという言い訳に対してはあまり信用しないということです。

ところが、お金がないと言われると、それに対して無理をしてでもお金を出してとは言えないので、仕方がないと納得しやすくなります

「時間がない…」:信用しない

「お金がない…」:納得しやすい

ですから、僕たちが誘いを断るのであれば、そういう理由であれば仕方がないと相手が思ってくれるような理由をちゃんと出さないで、時間がないとか予定があってというようなありきたりな断り方をすると基本的には信じてもらえないということです。

つまり、これは僕たちが相手からの誘いを断って印象が悪くなってしまうのは、それを断った時ではなく、その理由が嘘っぽいとか信じられないという時だということです。

時間がないという理由で断るとなぜ印象が悪くなるのかという点について掘り下げて調べるために、この研究チームはさらに300人の男女を研究室に呼んで、ディナーのお誘いを友人に断られたところを想像してもらいました。

その際に2つのグループに分けています。
忙しくて時間がないと断られた場合と今お金がないからと断られた場合で分けてみたところ、同じような傾向が確認されました。

その断ってきた友人に対する好感度や信頼度を採点してみたところ、時間を理由に断られると、やはり好感度は低下していました。
そして、相手がお金がないことを理由に断ってきた場合には、であれば仕方がないとそれを疑うこともなく信じるけれど、時間がないと言われても相手のその言葉を信じないという傾向が確認されたということです。

結局、時間がないとか予定があるというような何かしらの理由をつけた場合は、相手にその内容を信じてもらえないために、その誘いを断ったことで印象が下がってしまうということです。

僕たちは、相手の権利を侵害してまで無理やり何かをさせようとか、少なくともオンライン飲み会に誘うとはしないはずです。
例えば、体調が悪いと言われたら、体調の悪い人に無理やりお酒に付き合わせようとはしないと思います。

ですから、基本的には予定があるとか時間がないというような理由で断るのではなく、相手が、それであれば仕方がないし無理やり誘うのは申し訳がないと思うような理由で断るのがいいということになります。

コントロールできないことを理由に断る

研究者のコメントとしては、基本的に人間というものは時間はコントロールしやすいものだと考えるものです。
ですから、他に予定があったとしてもずらすことができるだろうし、頑張れば時間は作れるだろうと思いやすいわけです。

それにより、時間を理由に断ってきた相手に対しては、自分と予定を合わせる気はないし、自分よりも優先する予定があるのだろうと思ってしまいます。
それにより結果的に好感度が低下してしまうということです。

人は自分が思っている以上に、時間というものはコントロールできるものだと考えています。
ですから、時間よりも、お金がないというような経済的な理由や、体調が悪いというような身体的な理由により断った方が、相手からの好感度や信頼度が下がりにくいということです。

時間がないという言葉は、あなたのことを大事に思っていませんとか、自分にとってあなたは優先度が低いというメッセージになってしまいます

「いつもお金がないとか体調が悪いではちょっと…」

ということは、お金がないとか体調が悪いと断ればいいということになりますが、それでも明らかにお金を持っていたり、体調が悪いはずはないと思われるのではないかという人もいると思います。

このような時にどうすればいいのかということも今回の研究は教えてくれます。
例えば、最近気分が乗らなくてとか、最近活力がなくてとか、最近夜になるとなんだか眠くなってしまい・・・というような断り方でもいいそうです。

人間は時間を一番コントロール可能なものだと思っていて、一方で、気力や活力も含めて体調の方がコントロールできないものだと思っているということです。

つまり、人間が何かの誘いを断った時に印象が悪くなるというのは、その断った理由がどれぐらいコントロール可能だと思われるものかによって決まります。

ですから、本人がコントロールできなさそうな理由で断るようにすれば、印象が悪くなることもなく綺麗に断ることができるということになります。

時間がないとか予定が入っているなど言うのではなく、気が乗らないのであれば、正直に最近活力がないから夜更かししたくないとか、朝から体がだるくてといった断り方でも十分だということです。
変に理由を付けるよりは、体調ややる気の問題で断る方がいいと思います。
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

NOと言えない方へのおすすめ動画

今回はオンライン飲み会の誘いの断り方について紹介させてもらいました。
それでもなかなか断る勇気が出ないとか、断ると嫌われてしまうのではないかと心配してしまう人もいると思います。

それは断り方の技術の問題ではなく、自分のメンタルの問題です。
普通に考えて、オンライン飲み会を断られたぐらいで相手を嫌いにならないでしょうし、それぐらいで嫌われてしまうような関係であれば最初からない方がいいと思います。

ですから、まずはノーと言える人になるためのトレーニングをしてみてください。
今回のおすすめの動画として、「【ノーと言える人になる】ための3週間トレーニング」を紹介しておきます。

これはわずか3週間で、皆さんがちゃんと自信を持って断ることができて、かつ、相手からの印象も悪くならない断り方ができるようになるためのトレーニングです。

そして、オンライン飲み会の誘いを受けた時に、誘いに応じたいけれど、オンライン飲み会でみんなが喋っている時に何を話していいのかわからず、会話に入ることができないという人もいると思います。
気軽な段取りできないという人もいると思いますが、雑談というものは最初が難しいだけです。
そんな方に、科学的に最強の雑談のテーマ集として使える「科学的に最強な雑談のはじめ方【会話スターター】とは」をお勧めしておきます。

科学的に盛り上がりやすく沈黙も突破することができる雑談についてまとめた内容になっていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

NOと言えない方へのおすすめ本

今回のおすすめの本としては、断ることができるようになるための本を3冊紹介しておきます。
まず1冊目は、『サイコパスに学ぶ成功法則』です。
サイコパスの人たちは他人に共感しないので断る事に抵抗がありません。
感情に揺り動かされることがないので、断ると申し訳ないといった感情をサイコパスはもともと持っていません。
サイコパスは断るということは権利であり、断るということは自分の権利を主張することだと考えています。

こんなサイコパスの考え方の部分だけ身につけることができれば、皆さんは別にサイコパスにならなくても行動だけはいいところを学ぶことができます。
サイコパスに関する分析から、僕たちに役に立つテクニックを教えてくれる本です。

2冊目が、『悪いヤツほど出世する』です
ビジネスではいい人になろうとして損をしている人がたくさんいます。
これはぜひ皆さんに読んでもらいたい本で、スタンフォード大学の先生でジェフリー・フェファーさんという方がいて、権力に関する研究などで有名な方が書かれた本です。

この方が実際に組織について調べたところ、組織の中では悪い人の方が出世するのではないかということをチェックしたところ、どうやら実際にそうらしいということがわかり、だからといって、ただ悪い人になることが必要なのではなく、上手に悪くなる必要があります。

断ることも同じで、いい人になって全てに対してイエスと言えば人からの印象は良くなるかもしれませんが、全てにイエスと答えるとどんな状況になるのかということは容易に想像できると思います。
であれば、何を断って何を引き受ければいいのかということが学べる本です。

サイコパスに学ぶのも、悪い人に学ぶのも抵抗があるという方には、『影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか』で、相手の心を上手に動かすための説得の技術を学んでみてください。

これは人間の心がどのように動かされるのかということを6つの特徴にまとめて解説してくれています。
これは僕がメンタリストになるきっかけになった本でもあります。
僕は大学生の頃に当時第一版だったこの本を読んで、人の心を動かしたり説得することが面白くなり僕の人生が大きく変わりました。
ぜひチェックしてみてください。

今回のおすすめ動画
今回のおすすめ本
¥1,760 (2020/05/27 21:14:16時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,980 (2020/05/27 22:16:46時点 Amazon調べ-詳細)
誠信書房
¥2,970 (2020/05/27 16:16:52時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.hbs.edu/faculty/Pages/item.aspx?num=55512


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-人間関係
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog