学習法・記憶法 目標・成功

人生のトラブルを1/3にする方法

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • 問題解決能力を高めたい
  • 余計なトラブルを避けたい
  • 自分の可能性を広げたい

問題解決能力の高い人の特徴とは?!

トラブルに巻き込まれやすかったり、つまらないことで揉めてしまったり、色々な問題を抱えて人生嫌になってしまうというような人もいるかもしれませんが、そんな人生で抱える問題を激減させる上に、お金も時間もほとんどかからない心理テクニックがあります。
今回は、人生のトラブルを激減させてくれて、皆さんが今抱えている問題を解決するスピードを3倍に上げてくれる面白いテクニックを紹介させてもらいます。

実は、問題解決能力の高い人の子供時代の特徴と大人になってからしていることに結構共通点があります。
それは何かというと、「独り言」です。

独り言で問題解決能力が高まる

ぶつぶつと何か独り言を言いながら調べ物をしたり、独り言を言っている人にはなんとなく頭がいいイメージもあるかもしれません。
このような独り言には、なんと問題解決能力を高めてくれるかもしれないというデータがあります。
この研究はイマジナリーフレンドというものを調べたものですが、イマジナリーフレンドとは頭の中にいる空想の友達のことです。
子供の頃には誰でも少なからずあったかもしれませんが、自分に対して語りかける癖のようなもので、第三者のように自分に語りかけるものです。

5歳の子供148人を集めて、全員におもちゃを与えて部屋で自由に遊んでもらいました。その遊んでいる状況を研究者たちが観察して、子供達にイマジナリーフレンドがいるかということを質問しました。
その結果、その5歳の子供たちの46%がイマジナリーフレンドを持っていました
さらに、このイマジナリーフレンドを持っている子供は、そうでない子供に比べて自分に向けて語りかける発話が2倍程度多かったということが分かっています。

そして、このような自分に語りかける発話が多い人は、問題解決能力が高いということが分かっています。問題を客観的に観察して、問題を解決していく能力が高いということが先行研究でも確認されています。

言語化することで解決の可能性が高まる

人間が何か問題に対して考える時に、頭の中でそれを考えようとするとモヤモヤしてしまいがちになります。
ですから、言語化することが大事になり、ノートに書き出してみる方が、誰かに相談したり頭の中でひたすら考えるよりも問題を解決する可能性が高くなったり、感情をコントロールする力も高まるといった話は今までも紹介したことがあると思います。
これと同じように、イマジナリーフレンドを作って、自分に語りかけている子供や大人は問題解決能力が高くなるということが言われています。

この研究だけでは、本当にそんな効果があるのかという疑問を持ったり、逆に、頭のいい子供がイマジナリーフレンドを持っているということなのではないかと考える人もいると思います。
ですが、大人を対象にした実験でもこれに近いような結果が確認されている研究もありますので、皆さんも、難しい作業をする時には自分に語りかけながら行なってみるのもいいと思いますし、やらないといけないけどなかなかできないと思っていることにチャレンジする時には、自分に向かって語りかけることによって、問題に向き合いやすくなりそれを解決する可能性が高くなるということが言えます。

問題解決能力を3倍に高めるテクニック

他の研究としては、例えば、1986年の研究で問題解決能力が3倍に上がるという心理テクニックが紹介されています。
レーン大学の実験で、有名な4枚カード課題という謎解きのような論理ゲームを参加者に行なってもらいました。
この課題を解く時に2つのグループに参加者を分けています。片方のグループは何もせずに普通にその論理ゲームを解いてもらい、もう一方のグループは、自分の考えていることや修理している内容を声に出しながら論理ゲームを解いてもらいました。
この2つのグループを比べたところ、声に出しながらゲームを磨いたグループの圧勝だったということです。
頭の中だけで黙々とゲームを解くグループに比べて、声に出しながら取り組んだグループは、正解率がなんと3倍にも跳ね上がったという結果が確認されています。

難しい問題は声に出しながら取り組む

簡単な作業や問題であれば頭の中だけで行なってもいいと思いますが、難しい作業や大事な判断をする時には、声に出しながら取り組んだ方が問題解決能力は高くなるということです。
人生においては色々な問題が起きるとは思いますが、当然、その問題がまだ小さい時に対処したり、初期の段階で正しい選択をした方が、後々大きな問題になりづらいものです。
とはいえ、それがなかなか難しいということもあると思いますので、とりあえず声に出しながら問題に取り組むということをしてもらえると、それだけでも3倍も失敗する可能性が減りますので、そういう意味では人生の問題自体を1/3にしてくれるテクニックだとも言えるのではないでしょうか。

メタ認知で自分を一歩引いて見ることができる

では、なぜ独り言をいうだけで難しい問題を解く能力が3倍にも高くなるのかというと、これはメタ認知というものがはたらくからです。
メタ認知は何かというと、自分が考えていることを客観的に見ることです。つまり、考えている自分を一歩引いて見る能力です。ある意味、客観的に自分を見る能力のことになります。
自分の考えていることを口に出したり、自分の考えていることを紙に書き出してみたりすることによって、自分の考えていることや自分が今からしようとしていることに対して、一歩引いてそれを見ることができるようになるわけです。

このように自分を一歩引いて見ることが行われることによって、推論がスムーズに進んだり、自己コントロール能力を発揮することができるようになります。
問題に巻き込まれてしまうとパニックのようになり何も手につかなくなる人もいると思いますが、メタ認知が効いていると、トラブルに巻き込まれそうになっているとしても、その問題の危険性や、どう進めばそのトラブルに巻き込まれて、回避したり解決するにはどうすればいいのかといったことを、一歩引いてみたところから自分に指示を出すことができるといった感覚になるわけです。

「声に出す」
「紙に書き出す」

人生で大きな問題を抱えづらい人は、このメタ認知がとても得意です。
このメタ認知のためには色々な方法がありますが、一番簡単なのは今回紹介したように言葉にすることです。声に出したり紙に書き出してみることです。
是非皆さんも、声に出せる時には声に出すようにして、声に出すことができない時には、せめて文字に書いてみるということをして頂けるといいのではないかと思います。

例えば、読書をしたり勉強したりする時に、このメタ認知を使うと捗ったり記憶に定着しやすくなるということが、先行研究でも確認されています。
さらに、声に出してそれを行うことでより効果が高くなる可能性も示唆されていますので、是非試してみてください。

客観的に自分を見て問題を抱えないために

今回は、メタ認知を起動して自分を客観的に見ることで、問題解決をすることが大切だという話を紹介させてもらいましたが、人間というものは、どうしても自分を客観的に見れなくなることがあるものです。
今回のおすすめの本として、そんな自分を客観的に見るための本を紹介させてもらいます。
1冊目は、『予想どおりに不合理: 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』という本で、これは人間がどのようにして非合理的な罠にはまって失敗してしまうのかということを理解できる本です。人間がどのような思い込みに左右されてしまいやすいのかということを解説してくれています。
これを読んでおくと、あらかじめ自分がどのような失敗をしやすいのかということが見えてきます。それが見えていると、メタ認知を起動して自分を見ることができるようになります。
人間が陥りやすい失敗を理解しておけば、当然ですが、失敗する判断をしにくくなります。

2冊目は、最近、僕も客観的に見るためにはどうすればいいのかということを色々と調べてみて、新刊で『ムダに悩まない理想の自分になれる 超客観力』という本を出させてもらいました。
自分を客観的に見ることができなくなってしまい、感情に振り回されたり目先の欲望に囚われたり失敗することもあると思いますが、これを改善するための客観的に自分を見る力を鍛えて、人生における様々な問題を避けるための方法を解説しています。
ぜひこちらもチェックしてみてください。

そして、今回のおすすめの動画としては、 客観的に自分を見ることができず、問題に巻き込まれてしまい、大した問題でもなかったはずなのに大きな損害を被ってしまう人もいると思いますので、そんな方にどうすればそれを避けることができるのかということを解説した動画を紹介しておきます。
まず1つ目は、「デューク大学&ペンシルベニア大学「バイアス」を避けるためのガイドラインとは」 です。
これは、自分の人生に対してネガティブな影響を及ぼしてしまう思い込みを軽減するにはどうすればいいのかということを解説しています。
なかなか一歩を踏み出すことができないという人や、後々冷静になって考えると、なんであんな失敗をしてしまったのかというような失敗をしやすいという人に是非見ていただきたい内容になります。

そしてもう1つは、例えが、すぐに他人と比較してしまったり、自ら不幸になってしまうようなことをする人がいますが、そんな自分から不幸になってしまう間違った思い込みというものもありますので、そんな内容を解説した「自分から不幸になる人の12の特徴と地獄からの脱出」も紹介しておきます。
そんな思い込みにハマってしまっている人が、苦しい人生から抜け出すためにはどうすればいいのかということを解説しています。

そして、最後が、メタ認知や自分を客観的に見る力をもっと高めたい人にぜひ見ていただきたい内容になりますが、「最強の停滞突破法ソクラテス式自問自答法【クリティカルシンカー】 です。
自分を客観的に見る力を高めて、問題や相手や状況をもっと色々な角度から検討して、いいアイデアを出したり、もっと大きな成功したいという人におすすめの内容になっています。
物事を色々な角度から見ることによって、新しいチャンスを手に入れたり、問題の効率的な解決策を見出したりすることができるようになります。
他の人とは違う視点を身に出すことで、成功したいという人には是非見て頂きたい動画です。是非チェックしてみてください。

今回のおすすめ動画

職場の問題をまとめて解決するには?!

あらゆるトラブルの回避能力を高めるには?!

今回のおすすめ本
repicbook
¥1,540 (2020/08/03 04:15:20時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,540 (2020/08/03 05:14:06時点 Amazon調べ-詳細)

References
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、参考資料およびチャンネルの過去動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022096513001331
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/14640748308402115

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-学習法・記憶法, 目標・成功
-, , , ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog