健康・ダイエット 目標・成功

挑戦する力を作る本当のエナジードリンク【テストステロン1.7倍】

この知識はこんな方におすすめ

  • 仕事を頑張っている
  • 勉強を頑張っている
  • 活力溢れる日々を過ごしたい

テストステロンが1.7倍!!

いわゆる男性ホルモンであるテストステロンをなんと1.7倍にもする方法を紹介させてもらいます。

このテストステロンはとても重要なホルモンであり、不足してしまうとやる気がなくなってしまったり物事に挑戦する意欲がなくなってしまったり、健康や人生の満足度を大きく左右するものです。

新しいことに挑戦したりしんどいことを乗り越えたりするためにも重要ですし、男性の場合であればテストステロンの濃度が高い方が筋肉も付きやすくなりますので、特に男性にとっては必須のホルモンになります。

現代の男性はこのテストステロンの不足に悩んでいる人も結構多いそうです。
ですから、今回はそんなテストステロンを1.7倍にもしてくれるかもしれない方法について解説したいと思います。

実は、みなさんが一度は飲んだことがあるある飲み物を飲めば事足りることですが、これをトレーニングの前に飲むといいということが分かっています。

トレーニング前にカフェインを摂取

結論から言うと、トレーニング前にカフェインを摂取するということをするだけで男性ホルモンが出まくるという研究があります。
この研究では70%も増えたという結果が確認されていますので、1.7倍も男性ホルモンが出るようになったということです。
普段筋トレをされる方や運動をされる方はぜひ知っておくと良いことだと思います。

カフェインは確かにダイエットに効果があったり、疲れを取ってくれたり筋肉痛の痛みを和らげてくれたりというような効果があると言われていますが、難しいのは摂取する量です。
カフェインはその量を摂取しすぎると余計に疲れたりやる気が出なくなったりしてしまいます。

では、カフェインをどれくらいの量を摂取すれば最も男性ホルモンが分泌されるのかということをこの元気では調べてくれています。

念のために言っておきますが、カフェインの耐性が低い人は無理をして使ったりしない方がいいです。

よくいろいろな物質が筋トレにはいいと言われますが、わりと身近な物質であるにも関わらず多くの効果が確認されていて科学的な研究も非常に進んでいるのがカフェインです。
効果がそれほど大きいわけではありませんが代謝を上げて体脂肪を燃えやすくしてくれるという効果も確認されています。
科学的にダイエットの効果が確認されているサプリとしてはこのカフェインと食物繊維ぐらいだと思います。

それ以外にも、集中力をアップする可能性であったり運動のパフォーマンスをアップするというような効果が示唆されているのがカフェインです。

今回の研究では、そのカフェインをトレーニングの前に摂取することによってテストステロンが分泌されやすくなるのではないかということを調べたものです。
当然ですが、このテストステロンは筋肉の発達にも関わりますし、日々の活力のためにも欠かせないものだと言われていますので、カフェインを飲むだけでテストステロンが上がるのであれば仕事を頑張るビジネスマンや勉強を頑張っている方は上手にカフェインを摂る必要があると思います。

そのためにはそのカフェインをどのタイミングでどれぐらいの量を摂ればいいのかということが重要になってきます。
例えば、朝起きてからの90分ではカフェインは摂らない方がいいという研究もあったりしますので、タイミングが結構難しいものです。

今回の研究では、運動をする5分前にカフェインを摂ることによってテストステロンが1.7倍になったということです。

リーズトリニティ大学の行った研究で、14人のラグビー選手を対象に2つのグループに分けて実験を行っています。

運動の5分前に400 mg のカフェインが含まれたガムを噛んだグループ

運動の5分前にカフェインが含まれていない普通のガムを噛んだグループ

運動の5分前にガムを噛んだということでは全く同じですが、それにカフェインが含まれたグループとそうでないグループに分けたわけです。

その上で全員に40メートルの全力疾走のスプリントを行ってもらい、体内のテストステロン量の変化をチェックしたところ、どちらのグループともそのスピードや結果には差はありませんでした。
脳の反応速度である認知機能にも違いはありませんでしたので、カフェインが運動能力を高めるとか頭の回転を早めるということはこの実験では確認されず、それほど違いはありませんでした。

ところが、カフェインを摂取してから40メートルの全力疾走をしたグループは、そうでないグループに比べて、男性ホルモンであるテストステロンが平均で1.7倍にもなっていたということが確認されています。

もちろん、この実験はサンプル数も少ないのでデータとしては弱いということはありますが、1.7倍となるとかなりの差になると思います。
カフェインを摂ってからたった40メートルを走っただけでこの違いが出て、挑戦する意欲が湧いてきたり活力が高まる可能性があるのではないかということがこの研究では示唆されたわけです。

カフェイン400 mgで最大2.5倍?!

1回のカフェインの摂取量としては400 mg が最適だということがこの研究では確認されています。
細かいデータを見てみると、テストステロンの増加には結構個人差が大きく平均では1.7倍の違いになっていましたが、最大で2.5倍になっているという人もいました。
2.5倍となるとかなりの違いで、相当な挑戦する意欲や活力が手に入っているのではないかと考えられます。

そして、全くテストステロンが増えなかった人の数は0でしたので、やはり、カフェインは上手に摂取することによって男性ホルモンの増加に役に立つ可能性があるのが分かるという研究です。

これだけの効果があるとなると、もっとたくさんカフェインを摂ろうとする人もいるかもしれませんが、それはあまりお勧めしません。

2008年にも同じような研究が行われていますが、それによると、カフェインの摂取量が400 mg を超えてしまうとストレスホルモンまで増加してしまうということが確認されています。
ストレスホルモンまで増えてしまうと逆効果になってしまいますので、400 mg を上限にして摂取するのがいいと思います。

ですから、1回の量は400 mg を限度に運動の5分ほど前にカフェインを摂るといいということになります。

ここではもちろん短期間でのテストステロンの変化しか測定していませんので、 長期的にテストステロンの量が増えるのかということについては分かりませんが、これだけの効果が確認されているのであれば試してみる価値はあるとは思います。

僕も運動をする前にはカフェインを300から400 mg ぐらい摂取してからするようにしていますが、カフェインに弱い人以外は試してみる価値は十分にあるとは感じています。
参考にしていただけたらと思います。

飲み物からカフェインを摂るには?

ちなみに、このカフェインはサプリ以外で摂る方法はもちろんありますが、コーヒーや紅茶などにどれくらいのカフェイン量が含まれているか皆さんはご存知ですか?
それを知っていればそれを飲むだけでもいいと思いますが、結構量を飲まないといけなくなります。

例えば、煎茶の場合には100 ml あたりだいたい20 mg ほどのカフェインが含まれていると言われています。
もちろん抽出の仕方や茶葉をどれくらい入れるのかによっても変わってきますが、茶葉10 g を90度のお湯で430 ml で1分間抽出すると100 ml あたり20 mgぐらいになるそうです。

このように考えると、400 mg を摂取しようと思うと1リットルとか2リットルを飲まなくてはいけなくなってしまいますので、煎茶でそれを確保しようと思うと結構難しいわけです。

他にもウーロン茶もほぼ同じで100 ml あたりだいたい20 mg ほどになりますので、これだけでこの実験で出てくるようなテストステロンの増加につながるカフェインの量を確保するというのはなかなか難しいということになります。

そうなるとやはりコーヒーがいいのかと考える人もいると思いますが、コーヒーは煎茶や烏龍茶に比べると多いですが、100 ml あたりだいたい40 mg から60 mg ほどのカフェインが含まれていると言われています。

そうなると、カフェインが多めのコーヒーでも6杯ほどは飲まないといけなくなってしまいますので、現実的には難しいわけです。

カフェインを飲み物から効率よく摂りたいのであれば、おすすめなのは玉露です。
今回のおすすめのアイテムとして玉露も紹介しておきますが玉露は甘くて旨味の強いお茶です。
玉露は100 ml あたりなんと160 mg もカフェインが含まれています
ですから、玉露であれば少し大きめのコップで飲めばカフェインを300 mg以上は摂れるということになりますので現実的に使うことができるレベルだと思います。

飲み物から今回の実験で確認されたような効果を得るのであれば玉露がいいということになります。
しかも、玉露にはテアニンなども含まれていて、テアニンはカフェインと一緒に摂取すると集中力が11%上がるという効果が確認された研究もありますので、そうなると玉露が最強なのかもしれません。

ちなみに、このカフェインの量は、玉露の茶葉10 g を少し優しめの60度のお湯で入れて430 ml を使って2分半抽出した場合で、100 ml あたりだいたい160 mg のカフェインが摂れるということです。

カフェインを効率よく摂りたいのであればコーヒーよりも玉露の方がいいのではないかということになります。

お茶やコーヒーは抗酸化作用も強いので、激しい運動をする時などにはこの抗酸化作用はうまく働いてくれるとも思います。
ですから、カフェインはサプリで摂るよりは玉露で摂る方がいいと思います。

さらにテストステロンを高めるためのおすすめ

今回はそんなカフェインを上手に使ってテストステロンを上げるための方法について解説させてもらいましたが、テストステロンを上げるためには他にもたくさんの方法がありますので、そんな方法について解説した動画を今回のおすすめの動画として紹介しておきます。

勃ちあがれ!童貞が性戦士になるためのテストステロンの科学

こちらの動画は少しふざけたタイトルにはなっていますが真面目にテストステロンの科学について解説した内容になっています。
ぜひチェックしてみてください。

挑戦できる自分になるためのおすすめ本

今回のおすすめ本としては挑戦していくために役に立つ本を紹介しておきます。

挑戦するためにはテストステロンだけでなく自分に自信を持つ必要がまずはあります。
この自分に自信を持つというのは自分の良いところもダメなところも含めて受け入れることが必要です。
そのためにはこちらの本がとても参考になると思います。

コーヒーやお茶を日常に取り入れるためのおすすめ

こちらはコーヒーやお茶を入れる時にも使うことができるコーヒーメーカーですが僕も使っているものです。
お茶を入れる時にもお湯を沸かす必要がなくすぐに出てくるので便利で使っています。

Natural hills
¥1,200 (2020/10/22 04:09:19時点 Amazon調べ-詳細)

今回紹介したカフェインの効果を飲み物から得たいという場合には玉露がおすすめです。

さらに、今 Amazon では通常3000円ぐらいする僕のオーディオブックがなんと新刊も含めて無料で聴けるというキャンペーンを行っています。
1人1冊ですが完全に無料で、無料の期間が終わっても一度ダウンロードしておけばずっと聞くこともできるそうですので、まだの方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

おすすめ動画をDラボでチェック!
勃ちあがれ!童貞が性戦士になるためのテストステロンの科学

今なら20日間無料!

今回のおすすめ本とアイテム

100mlで160mgのカフェインがとれる↓

Natural hills
¥1,200 (2020/10/22 04:09:19時点 Amazon調べ-詳細)
ProLab
¥1,508 (2020/10/22 04:04:30時点 Amazon調べ-詳細)

カフェインと一緒にとると超集中↓

NOW
¥1,606 (2020/10/21 09:34:07時点 Amazon調べ-詳細)

【通常3000円が今だけ無料】DaiGoの新刊がAmazonで無料で聞けます。詳しくは↓

『究極のマインドフルネス』
『超健康法』
『超客観力』
『超習慣術』
ベストセラーも無料↓

『超読書術』
『超集中力』
『超選択術』
※Audible無料体験にて1冊無料

リサーチ協力者の1人である鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

免責事項:本内容は、心理学の面白さを伝えることを目的として、参考資料や過去の動画を元に大胆な独自の考察したもので、事実を確定するものではなく、あくまで一説です。ここでの結論は、記載された論文とは異なる場合があります。
参考:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29210957/

他のカテゴリーもチェック


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-健康・ダイエット, 目標・成功
-

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog