目標・成功

読むだけで決断ミスが減る小説

読むだけで決断ミスが減る小説

DaiGo MeNTaLiST

この知識はこんな方におすすめ

  • いつも優柔不断で物事が決めれない
  • 同じ失敗を繰り返してばかり

判断能力が上がる本とは?!

読むだけで判断ミスがなくなるという本が実はあります。
あるジャンルの本を読んでいる人は、そうでない人に比べて思い込みが減り、判断能力が高くなるということが分かっています。

ですから、自分は判断能力がないと思っている人や、すぐに人に騙されてしまうというような人は、今回紹介するジャンルの本を読むようにして頂けると、判断能力が上がるのではないかということになります。

今回のおすすめの本としては、まずは『決定力! 正解を導く4つのプロセス』ですが、自分の判断や決定をミスらないようにするための4つのポイントを分かりやすく説明してくれている本です。
他のおすすめの本としては、文学作品も紹介していますが、それをなぜおすすめしているのかという話をしていきます。

人間の決断というものは実際には人生を左右するようなものはそれほどありません。
ですが、瑣末な決断に時間を取られたり、その決断に間違うと余計な時間を取られたりお金を浪費してしまうということにもつながります。
大事なことに集中するための決断力を高めるにはどうすればいいのでしょうか。
今回のおすすめの動画として、この続きになりますが、決断を自動化して楽に生きるための方法を紹介していきます。

僕は決断を自動化することにより、大事な事を考えたり今までなかったことに集中したり、大事な決断をするための準備に繋がる考える時間を大切にするようにしています。
そんな余計な決断を自動化するための方法を解説しています。

瑣末な決定に悩まされてしまい、いつも大事な決断が後回しになってしまうとか、優柔不断になって細い優先順位が低い決断に悩んでいるうちに、大事な決断に十分な時間をかけることができなくなってしまったというような経験のある方は、そのような方に役に立つ内容を解説していますので続きの動画もチェックしてみてください。

意思決定能力と読書

フィクションと意思決定に関するウェストミンスター大学が行った2020年の研究から紹介していきます。
どんなジャンルの本を読んでいる人が意思決定能力が高くなるのかということですが、意外な特定の文学作品を読んでいる人は、他の人に比べて思い込みに左右されづらくなり、決断力が高くなるということが分かっています。

この研究では、文学作品が脳に与える影響に関する先行研究を集めてレビューしたところ、上等なフィクションや文学作品を読むことによって、効果的な意思決定が可能になるという結論が示されています。

普通に考えると、僕たちが意思決定の質を高めようとか決断力を高めようと思った時には、そんな決断力に関する本を読んだりすると思いますし、経営に関する意思決定の質を高めたいというのであれば経営に関する本を読んだり、成功している経営者の本を読んだりすると思います。

ところが、意思決定の質を高めたいのであれば、上等なフィクションを読むのが一番いいということを示してくれているのが、この2020年の最新の研究です。

では、小説をよく読んでいる人はみんな意思決定がいいのかと言うとそういうことではなく、小説の中でもどんな小説が効果があるのかということもこの研究では示してくれています。

例えば、2013年に行われた調査を見てみると、文学作品は個人の認知的完結欲求を下げるということが分かっています。

文学作品で認知的完結欲求が下がる

この認知的完結欲求とは、答えがないものや賛否両論なものよりも、結論が決まっているものを好む性質のことです。

例えば、必ず白黒はっきりさせたい人や、ドラマはハッピーエンドでないと嫌だとか、謎は全て解決しておかないと気が済まないというような物事を全てはっきりさせたいという欲求で、結論をきっちりと導き出し話を完結させてほしいという欲求を認知的完結欲求と言います。

答えがないものや賛否両論なもの、議論が続けられているものよりも、結論をはっきりとさせたいという欲求のことです。

この認知的完結欲求というものが、文学作品を読んでいる人は低いということです。
つまり、簡単に結論を出したり自分で決めつけてしまったりすることが少ないということです。

例えば、A の結論もあるけれど B の結論もあるだろうとか、A の答えが正しい確率は80%ぐらいはあるけれど、B の答えが正しい確率も15%ぐらいはあるし、万が一 C の答えが正しいという確率も5%ぐらいはあるだろうというように、複雑な決定に対して、決めつけることなく可能性を残しながら複雑性をもって理解することができる能力が、この認知的完結欲求が低い人は高くなります。

上等なフィクションをたくさん読んでいる人は、この認知的完結欲求が低いので、そんな複雑な状況をちゃんと受け入れることができるということです。

多くの人は最初の情報に左右されてしまう

認知的完結欲求が高い人は、僅かな情報や僅かな視点から、物事を判断するようになってしまいます。

例えば、目の前に第一印象としてすごいいい人や頭の良さそうな人が現れたとします。そうすると、その人の事が全てにおいていい人であったり、全てにおいて頭のいい人に見えてきます。

そして、頭のいい人だと思っていた人が突然変な行為をし始めたら、やっぱり天才は違うなとか思います。
天才は考えることが違うし、あれにもきっと何か深い意味があるのだろうと考えるわけです。

一方で、頭が悪そうだと思っている人が同じように変な行為をし始めると、やっぱり頭の悪い人は変な人だと思うわけです。

このように人間というものは一番最初の情報によって物事を決めつけやすくなります。
この性質と非常に近いのが認知的完結欲求です。

最初から決めつけて判断したほうが楽ですし、この認知的完結欲求の高い人は、自分が最初に感じた直感を信じたくなります
自分の直感はいつも冴えていると思い込みたいわけです。

そのために、目の前に掲示された小さな情報やごく一部のことしか見えていないのに、そこから全ての判断をしてしまいます。

そうなると、ちゃんと情報収集をしようともしませんし、複雑な状況を理解しようとすることもなく決めつけてしまうので、エラーの確率が高くなり判断ミスが増えます。

自分は優柔不断でなかなか物事を決められないという人もいますが、中にはいつも直感で物事をスパッと決めていて、結果いつも後悔しているけれど、それでもまた直感で決めてしまうという人もいると思います。

意思決定ができないという意味では、優柔不断でいつまでも決めることができず行動することができないという人も、早い段階で決めつけて情報収集をすることなく、間違った判断にずっとしがみついてしまう人は、どちらも同じようにエラーが出ているわけです。

世の中では、優柔不断はなくすべきだし即断即決ですぐ行動することが大切だとよく言われます。
なぜこの即断即決がもてはやされるのかと言うと、ほとんどの人はこの認知的完結欲求を持っているので、自分が最初に決めつけて行動しようと思ったら満足してしまうからです。
複雑な状況や世の中の移り変わっていくことを見なくて済むからです。

ですから、皆さんはこの認知的完結欲求を下げないと判断ミスが増えてしまいます。
逆に言うと、認知的完結欲求を下げることができれば、細かい情報や複雑な情報に目を向けることができるようになるので、判断ミスが減るということです。

どんな作品が効果的なのか?

さらに、トロント大学でも同じような研究をされている方がいて、エッセイよりも短編小説を読む被験者の方が認知的完結欲求が低いという結果が示されています。

ですから、エッセイやラノベのような短い文章よりも、ある程度の長編小説でストーリーになっていて、頭を使ったり考える必要のある文章を読んでいる人の方が、認知的完結欲求が低いということです。
小説が効果があるのではないかと示されています。

研究チームのコメントとしては、やはり、文学を読むためには、ゆっくりと大量の情報を取り込む必要があるとされています。
例えば、キャラクターの過去について思いを馳せたり、物語の中にある布石について考えてみたり、時間をかけていろいろな情報を取り込み、結論を探していく必要があるので、何度も自分の思考を変えるようになります。

普通の人間関係であれば、急に相手のキャラが変わったり人格が変わったり、進化したり転生することなんてありません。
ですが、小説の中では、ずっとそれまで味方だった人が急に豹変して敵になったり、あり得ないようなことが起きるわけです。

そのため、いろいろな情報は頭の中に入れておきながら、その情報が急に変わってしまうことも受け入れていくことが必要になるので、それが状況の変化に対応するトレーニングになっているということです。

何度も自分の思考を変えないといけないので、変な決めつけを最初からすることもないですし、最後までアンテナを張って情報を集めようとするようになります。

どのような作品が意思決定の質を上げるのかということについては、詳しくはまだわかってはいませんが、基本的には、簡単に結論が出なく問題を二分化しないような作品がいいとされています。

例えば、わかりやすいストーリーとしては、敵のボスキャラと勇者がいて、勇者が仲間を集めて敵を倒したら幸せになりましたというのがよくあります。
このように敵と味方がきれいに分かれているとか、善と悪が分かれているというような作品よりは、どちらが正しいのかが分からなかったり、ハッピーエンドとも言えるしバッドエンドとも言えるとか、確かに主人公たちが幸せを手に入れているかに見えるけれど、逆の視点から見たらこれは本当に良かったのだろうかと考えさせられる作品です。

自分の視点を変えると見方が変わってしまったり、賛否両論になるような作品の方が効果的であろうということです。
考察と解釈の余地が残るような作品の方が、判断能力を上げるための認知的完結欲求を下げる効果があるのではないかと言われています。

具体的に言うと、おすすめされているのが今回のおすすめの本としても紹介していますが、有名なカズオ イシグロさんの『日の名残り』や、ジョウゼフ・コンラッドさんの『コンラッド短編集』がいいのではないかとされています。
この2冊を今回のおすすめの本として紹介しておきますので、そこからたどっていくと近いような作品も出てくると思います。
そんな中から自分が興味を持てそうな作品を探してみるのが良いのではないでしょうか。

さらに意思決定の人は高めていくにはどうすればいいのか、自動的に物事を決断することができるようになるトレーニングについて、この続きの動画で解説していきますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

続きはこちら

今回のおすすめ本
¥1,881 (2020/05/27 15:59:15時点 Amazon調べ-詳細)
¥836 (2020/05/28 03:49:15時点 Amazon調べ-詳細)
¥825 (2020/05/28 03:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

リサーチ協力の鈴木祐さんの論文解説チャンネルもオススメです
Supported by Yu Suzuki  https://ch.nicovideo.jp/paleo

本内容は、上記の参考資料および、動画を元に考察したもので、あくまで一説であり、真偽を確定するものではありません。
参考:Nicole M. Coomber(2015)Fighting Decision Fatigue
Boaz Keysar et al.(2012)The Foreign-Language Effect: Thinking in a Foreign Tongue Reduces Decision Biases
Christine Seifert(2020)The Case for Reading Fiction
Sam J. Maglio et al.(2018)Feeling Certain: Gut Choice, the True Self, and Attitude Certainty
Cassie Kozyrkov(2019)The First Thing Great Decision Makers Do


他の人はこちらも検索しています

知識をさらに検索

この知識はどうでしたか?

-目標・成功
-, ,

Translate »

© 2020 Mentalist DaiGo Official Blog